20.6 C
ブリュッセル
日曜日、月19、2024
編集者の選択多国間開発銀行が連携を深め、システムとして提供

多国間開発銀行が連携を深め、システムとして提供

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

10の多国間開発銀行(MDB)のリーダーは本日、緊急の開発課題に取り組むため、システムとしてより効果的に機能し、業務の影響力と規模を拡大するための共同措置を発表した。

で 視点メモ、首脳らはマラケシュ以来の進展を踏まえ、2024年以降の共同・協調行動に向けた主要な成果物の概要を説明した。 ステートメント 2023 年には、各機関が目標に向けた進歩を加速するために取り組んでいます。 持続可能な開発目標 (SDGs)を推進し、地域的および世界的な課題に対処するクライアントをより適切にサポートします。

MDBヘッズ・グループの輪番議長を務める米州開発銀行(IDB)が主催するリトリートの終了時に発表されたこの行動は、MDB間の協力強化を表している。このメモは、MDB を「より良く、より大きく、より効果的な」システムに進化させるための今後の G20 ロードマップや他のフォーラムへの貴重な貢献としても機能します。

MDB 責任者は、5 つの重要な分野で具体的で実行可能な成果物に取り組むことを約束しました。:  

1.     MDBの融資能力を拡大する。 MDB は、株主やパートナーの支援により、今後 300 年間で 400 億~XNUMX 億ドル程度の追加融資余力を生み出すことが見込まれています。アクションには次のものが含まれます。 

  • 株主、開発パートナー、資本市場にハイブリッドキャピタルやリスク移転商品を含む多様な革新的な金融商品を提供し、MDBを通じたIMFの特別引出権(SDR)の流通を促進する。  
  • 請求可能な資本についてより明確にすることで、格付け会社が請求可能な資本の価値をより適切に評価できるようになります。  
  • G20 自己資本比率フレームワーク (CAF) レビューの推奨事項と関連改革の実施と報告を継続します。  

2.     気候変動に対する共同行動を促進する。 MDB は気候に関する共通の関与を強化しています。アクションには次のものが含まれます。  

3.     国レベルの協力と協調融資の強化。 MDB は、各国が銀行と連携しやすくするために、国所有および国主導のプラットフォームについての議論とサポートに取り組んでいます。アクションには次のものが含まれます。   

  • 共通理解と次のステップに向けて、国主導および国所有のプラットフォームに関する提案を評価し、一部の MDB がプラットフォームを導入することを含む。
  • 相互の調達ポリシーに依存して取引コストを削減し、効率性と持続可能性を高めるなど、調達慣行の調和を継続します。   
  • 新たに開始された制度を通じて公共部門プロジェクトへの協調融資を加速 共同融資ポータル

4.     民間部門の動員を促進する。 MDB は、革新的なアプローチや金融手段の追求などにより、開発目標に向けた民間部門の資金調達を拡大することに取り組んでいます。アクションには次のものが含まれます。  

  • 民間投資を促進するために、現地通貨による融資と外国為替ヘッジソリューションを拡大します。 MDB は、スケーラブルなアプローチを特定するために取り組んでいます。 
  • MDB および開発金融機関 (DFI) が公表する統計の種類と細分化の拡大 世界の新興市場リスクデータベース (GEMs) コンソーシアム。投資家が投資のリスクと機会をより適切に評価できるように支援します。 

5.     開発の有効性とインパクトを高める。 MDB は、自らの取り組みの影響をさらに重視することに同意した。アクションには次のものが含まれます。  

  • 影響を監視および評価するためのアプローチを共有し、有用な場合には調和の取り組みを追求するなど、共同影響評価に関する協力を強化します。  
  • 現在使用されている自然と生物多様性に関する重要業績評価指標 (KPI) を棚卸しし、30 年の COP2025 に先立っていくつかの指標の整合性の実現可能性を探ります。

詳細については、 視点メモ.  

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-