16.6 C
ブリュッセル
Friday, May 17, 2024
ニューススペースXとノースロップ・グラマンが米国の新しい偵察衛星システムを開発中

スペースXとノースロップ・グラマンが米国の新しい偵察衛星システムを開発中

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

航空宇宙・防衛企業ノースロップ・グラマン 協力しています 億万長者の起業家が率いる宇宙企業SpaceXとの提携 イーロン·マスク、プログラムに詳しい情報筋によると、現在地球の高解像度画像を撮影している極秘の偵察衛星計画に関するものである。

このプロジェクトは、通常はドローンや偵察機によって取得される詳細な画像を提供し、地球低軌道から軍事および諜報目標を監視する米国政府の能力を強化することを目的としています。

これまで非公開だったノースロップ・グラマン社の関与は、機密情報プログラムへの請負業者の関与を多様化し、一人の個人が管理する単一組織への依存を最小限に抑える政府の取り組みを反映している。

内部関係者によると、ノースロップ・グラマンは特定のスペースX衛星にセンサーを提供しており、配備前にノースロップ・グラマンの施設でテストを受ける予定だという。今後数年のうちに、約50基のSpaceX衛星がノースロップ・グラマンの施設で試験やセンサーの設置などの手続きを受ける予定だ。

情報筋によると、スペースXはこれまでに約12機の試作機を打ち上げ、すでに米国の偵察衛星開発を担当する情報機関であるNROにテスト画像を提供しているという。

ネットワークの画像処理能力は、既存の米国政府監視システムの解像度を大幅に上回るように設計されています。さらに、このネットワークは、外国の空域で画像を収集する際にドローンや偵察機に大きく依存しているという差し迫った懸念に対処することを目的としているが、これは特に紛争地域においては固有のリスクをもたらしている。米国当局は画像収集を地球周回軌道に移すことで、こうしたリスクを軽減しようとしている。

再利用可能なロケットや商用衛星ベンチャーの迅速な打ち上げで知られるスペースXにとって、このプロジェクトは、伝統的に政府機関と既存の航空宇宙請負業者が独占していた領域である諜報監視サービスへの初の試みとなる。

著者 アリウス・ノレイカ

スターリンク衛星を搭載したロケットの打ち上げ。画像クレジット: SpaceX経由 Flickrの、CC BY-NC 2.0 ライセンス

- 広告 ​​-
[td_block_15 category_id = "_ more_author" limit = "3" m16_el = "0" m16_tl = "15" custom_title="作成者からの詳細"block_template_id= "td_block_template_17" Speech_bubble_text_size = "9" subject_text_size = "12" header_color = "#c6c6c6 "header_text_color ="#000000 "]
-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-