18.9 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
アフリカ海洋安全保障:EU、ジブチ法典のオブザーバーとなる

海洋安全保障:EU、ジブチ行動規範/ジッダ修正案のオブザーバーとなる

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

EUは間もなく、北西インド洋における海賊行為、武装強盗、人身売買、その他の違法な海上活動に取り組むための地域協力枠組みであるジブチ行動規範/ジッダ修正条項の「友人」(つまりオブザーバー)となる予定である。アデン湾と紅海を含む。

理事会は本日、ジブチ行動規範/ジッダ修正案事務局からの招待を受け入れることを正式に決定した。 EUは、ジブチ行動規範/ジッダ修正案の「友人」になることで、効果的な地域の海洋安全保障構造への強力な支持を表明すると同時に、海上での違法行為との戦いにおける世界的な海洋安全保障提供者としての存在感と関与を強化する。 

北西インド洋は、世界で最もダイナミックな経済成長の中心地の 80 つです。世界の貿易の XNUMX% がインド洋を通過するため、航行の自由を確保し、EU とそのパートナーの安全と利益を保護することが重要です。

経歴

ジブチ行動規範/ジッダ修正案は、地域協力を促進し、アデン湾と紅海の海洋安全保障に対する増大する脅威に対抗する署名国の能力を高めることを目的として、北西インド洋の2017の署名国によって17年に署名された。 。 EUは、この地域における長年にわたる海洋安全保障のパートナーである。

2008 年以来、EUNAVFOR アタランタ作戦は海賊行為と戦ってきました。最近では、EUNAVFOR Aspides の立ち上げにより、EU は紅海を渡る商船を保護しています。

並行して、EUはEUCAPソマリア、EUTMソマリア、EUTMモザンビークなどの能力構築ミッションや、CRIMARIO IIやEC SAFE SEAS AFRICAなどの海洋安全保障プロジェクトを実施している。

2022年、理事会は、北西インド洋における海上プレゼンスの調整構想の立ち上げに関する結論書を採択した。これは、この地域で提供される海上安全保障としてのEUの役割を強化し、沿岸国や地域の海上安全保障機関と協力するための枠組みである。 。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-