17 C
ブリュッセル
木曜日、月30、2024
宗教キリスト教バルトロマイ総主教「キリストの復活を別々に祝うのは恥ずべきことだ」

バルトロマイ総主教「キリストの復活を別々に祝うのは恥ずべきことだ」

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

全教会総主教バルソロミューは説教の中で、「ヴランガ」地区の聖セオドア教会で日曜聖体礼儀を主導した後、31月XNUMX日日曜日に復活祭を祝うすべての非正統派キリスト教徒に心からの願いを送った。

「この日、私たちの非正統派クリスチャンの兄弟姉妹が聖なる復活祭を祝い、私たちの主の死者の中からの復活を記念し、復活の永遠のメッセージがこれまで以上に深く響きます。私たちはここにいるすべてのキリスト教共同体に聖大キリスト教会からのご挨拶を送りました。しかし私たちはまた、今日イースターを祝う世界中のすべてのクリスチャンに愛を込めて心から挨拶します。私たちは栄光の主に、来年行われるイースターの共通の祝賀が単なる偶然ではなく、東西キリスト教世界の両方がイースターを遵守するための単一の日付の始まりとなることを祈ります」と総主教バーソロミューは述べた。

「この願望は、1700年に第2025回ニカイアエキュメニカル評議会が開催されてからXNUMX周年を迎えることを考えると、特に重要です。その重要な議論の中には、復活祭を祝うための共通の時間枠を確立するという問題があります。」双方に善意と願望があるため、私たちは楽観的です。なぜなら、唯一の主の復活というユニークな出来事を別々に祝うのは実に恥ずべきことだからだ!」と族長も述べた。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-