12.5 C
ブリュッセル
Friday, May 24, 2024
人権航空会社、英国とルワンダの亡命移動を促進しないよう要請

航空会社、英国とルワンダの亡命移動を促進しないよう要請

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

2年前、ロンドンは現在「移住・経済開発パートナーシップ(MEDP)」と呼ばれる協定を発表した。 英国とルワンダの亡命パートナーシップ、英国の亡命希望者は審問される前にルワンダに送られると述べた。

その後、ルワンダの国家庇護制度は彼らの国際的保護の必要性を検討することになる。 

2023年XNUMX月、英国最高裁判所は、ルワンダにおける安全上の懸念からこの政策は違法であると述べた。これに応じて、英国とルワンダは、ルワンダを安全な国であると宣言するなどの規定を盛り込んだ新しい法案を作成した。

ルフールマンの危険性 

海外メディアの報道によると、英国のリシ・スナック首相は法案可決に向けて取り組んでおり、最近、難民申請者を輸送する最初の飛行機が10~12週間後のXNUMX月頃に出発する予定だと述べた。

しかし、国連特別報告者は、 と警告した 難民申請者をルワンダやその他の場所に移送すると、航空会社や航空当局が危険にさらされる可能性がある ルフールマン – 難民または亡命希望者を、迫害、拷問、またはその他の深刻な危害を受ける可能性がある国へ強制送還すること – 「これは、拷問またはその他の残虐、非人道的、または品位を傷つける扱いから自由になる権利を侵害することになる。」 

専門家らは、「たとえ英国・ルワンダ協定とルワンダ安全法案が承認されたとしても、航空会社や航空規制当局はルワンダへの強制送還を促進することで、国際的に保護されている人権や裁判所命令への違反に加担する可能性がある」と述べた。 

さらに、航空会社が英国からの亡命希望者の移送を支援する場合には責任を負うべきだと付け加えた。

国連の専門家は、英国政府および国内外の航空規制当局と連絡を取り、国連の下での責任を含む責任を再認識させています。 ビジネスと人権に関する指導原則

国連 人権理事会 世界情勢や問題を監視し報告する特別報告者を任命する。彼らは個人の立場で奉仕しており、国連職員ではなく、いかなる政府や組織からも独立しており、その仕事に対して報酬は支払われません。 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-