14.6 C
ブリュッセル
Friday, May 24, 2024
編集者の選択聖なる命令の裁判、フランスの法制度対バチカン

聖なる命令の裁判、フランスの法制度対バチカン

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

政府機関間の関係を明らかにする論争が拡大する中、バチカンは信教の自由の侵害を理由とした修道女追放問題でフランス当局が下した決定について公式に懸念を表明した。この世界的な不一致 回転する サビーヌ・ド・ラ・ヴァレット、シスター・マリー・フェレオルの状況と、ドミニコ会聖霊修道会からの追放について。

マテオ・ブルーニ報道局長が代表を務めるバチカンは、この問題を何らかの手段で扱っていることを公式に認めた。バチカンのフランス大使館に正式な通知が送られ、これはバチカンが純粋に宗教的およびカトリック教会の内政問題とみなすものに対するフランスの法制度の侵入をバチカンが認識している深刻さを強調するものであった。

この論争は、デ・ラ・ヴァレッテスさんが宗教界から脱退したことの宗教的側面について、ロリアン法廷が判決を下したとされることから勃発した。バチカンはこの判決に対し、法廷の役割について正式なルートではなくメディア報道を通じて知らされていたことを示唆し、フランス当局者と教皇庁との間の透明性やコミュニケーションの破綻を示唆し、不支持を表明した。

伝えられるところによると、司教省長官としてこの訴訟に参加したマルク・ウエレット枢機卿は、この問題に関してロリアン法廷から何の通知も受け取っていないとのこと。ブルーニ氏は、ウエレット枢機卿が任務の一環として同研究所を訪問し、その結果、デ・ラ・ヴァレット女史に対する訴訟が開始され、最終的に彼女の解雇につながったと述べた。

バチカンは、この問題に関してロリアン法廷が決定を下した場合、免責に関する懸念が生じ、自由に礼拝し、他者と交わる権利を侵害する可能性があると主張している。これらの権利は法律によって保護されており、通常、宗教団体は外部の介入なしに独立して問題を管理する権利を有することが確認されています。

最近の出来事は、国の法制度と宗教法がどのように交差するか、また宗教団体を規制する際の裁判所の役割についての議論を引き起こした。法廷判決の反対派は、この判決が信教の自由への干渉の基準を確立するもので、カトリック教会だけでなく、自治を求める他の信仰に基づく組織にも外部からの圧力から影響を与える可能性があると示唆している。

このシナリオが展開するにつれて、現代社会における教会の独立と政府の管轄権の境界線を描くという根深い議論を浮き彫りにする法的ハードルが立ちはだかります。この問題の結果は、フランスとバチカンの関係、さらにはヨーロッパ全土の信教の自由というより広範なテーマにさまざまな影響を与える可能性がある。

マッシモ・イントロヴィーニュがある記事で述べたように、 最近の記事:「フランスでは信教の自由の侵害が日常茶飯事になっているようです。」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-