9.7 C
ブリュッセル
6月(木曜日)13、2024
ヨーロッパ解任:議員らが2022年のEU予算を承認

解任:議員らが2022年のEU予算を承認

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

欧州議会は木曜日、欧州委員会、すべての分散型機関、開発基金の解任を認めた。

毎年の除隊は議会の予算監視の役割の重要な部分です。その目的は、EUの規則、健全な財政管理の原則、およびEUの政治的優先事項に従ってEU予算を支出する責任をEU機関に負わせることである。精査プロセスにおいて、MEP は次の点を考慮します。 EU会計検査院が発行した年次報告書.

議会は、EU の各機関および団体の除隊を許可、延期、または拒否することを決定できます。

EUの歳出の95%以上が欧州委員会によって管理されており、欧州議会議員らはおおむねその予算管理を支持している(賛成438票、反対167票、棄権5票)が、2022年の支出における誤り率の高さを批判している。この割合は4.2年の3%、2021年の2.7%から2020%に上昇しており、欧州議会議員らはリスクのレベルを過小評価しないよう警告している。

同様に、2022 年の EU の未払いのコミットメントは過去最高に達しました (450 億ユーロ、主に NextGenerationEU パッケージによる)。彼らはまた、EUの復興・強靱化基金に対する加盟国の報告および管理システムについても懸念しており、それがEUの財政的利益にもたらすリスクについて警告している。

除名決定に伴う決議の中で、欧州議会議員らは、ウクライナ支援の支持と引き換えに、ハンガリーに以前に停止されていた資金を支出したことの「政治的矛盾」を遺憾にしている。彼らは、欧州連合が2022年に2030年、2040年、2050年に設定した目標を達成するために必要な効率を達成できていないことを指摘し、EUの気候変動目標を「骨抜き」にすることに対して欧州委員会に警告し、投資のペースを速めるよう求めている。

ハマスによるEU資金の悪用とパレスチナに対するEU援助の多様化

賛成305票、反対245票、棄権44票で、欧州議会の資金がハマスによって「部分的に悪用された可能性がある」、UNWRA職員がテロ行為に関与した可能性があるという「信頼できる報告」に懸念を表明する修正案を採択、欧州議会議員らは委員会に要請パレスチナ民間人へのEU支援の受け手を多様化し、WHO、ユニセフ、赤新月社を含めること。彼らはまた、欧州委員会に対し、UNRWAの独立した管理を保証するよう求めている。

新型コロナウイルス感染症関連のEU資金の不正使用疑惑

議会はまた、スペインとチェコでの新型コロナウイルス感染症関連の医療機器購入のための欧州連合資金の不正使用疑惑にも懸念を表明し、「加盟国の深刻な能力不足」がある場合には外部監査人に頼るよう委員会に求めている。 、調達せずに締結されたすべての契約について徹底的な事後監査を要求します。彼らはまた、ポルトガルで最近発覚した、欧州地域開発基金に関わる別の詐欺容疑についても指摘している。

新しいEU中小企業特使の任命プロセス

賛成382票、反対144票、棄権80票で採択された修正案で、欧州議会議員らは「過小評価された加盟国の残りXNUMX人の女性候補者に(…)資格を与えられなかったにも関わらず」EUの中小企業特使を任命するための政治化したプロセスを批判している。 「フォンデアライエン大統領自身のドイツの政党」からの退任議員。彼らは委員会に対し、「真に透明でオープンなプロセス」を用いて新たな候補者を選出するよう求めている。

見積もり

「予算は政治的優先事項を実現し、国民の生活を改善し、あらゆる種類の危機に直面して行動するための最も効果的なツールです。だからこそ、エラーであれ不正行為であれ、不正な使用からあらゆる手段を講じて保護されなければなりません」と報告者 イザベルガルシアムニョス (S&D、スペイン)と述べた。 「欧州の資金管理を改善し、詐欺や汚職とより効果的に戦うためには、管理を損なうことなく、資金吸収を改善し、デジタル化を進めるための措置のさらなる簡素化と柔軟性が必要である」と同氏は結論づけた。

を聞いて 本会議の議論 投票に先立つ水曜日の夜。

協議会

欧州議会議員らは(賛成515、反対62、棄権20)、ウクライナにミサイル防護システムを提供する加盟国による決定を待って、次の本会議まで理事会解散に関する採決を延期することに同意した。

ここで、EU の各機関および政府機関のすべての退院決定に関する投票結果をご覧ください。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-