15.1 C
ブリュッセル
6月(月曜日)17、2024
食物赤ワインが健康的ではなくなった4つの理由

赤ワインが健康的ではなくなった4つの理由

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュース

科学者や医師は何年もの間、赤ワインが健康に良いと考えてきました。ある研究では、適度なアルコール摂取量(女性は30日40杯以下、男性はXNUMX日XNUMX杯以下と定義)が、非飲酒者に比べて飲酒者の心臓病による死亡率がXNUMX~XNUMX%低いことに関連しているとフォーブス誌が報じた。

赤ワインが健康になったのは、アルコールだけでなく、ブドウの皮から健康を高める抗酸化物質も含まれているためです。強力な抗酸化物質の 1990 つであるレスベラトロールは、損傷した血管を修復し、血栓を防ぎ、炎症を軽減します。このため、専門家は健康上の利点を考慮して赤ワインを適量に摂取することを推奨しています。ワインの売り上げはXNUMX年代から飛躍的に伸びました。

今では考え方が異なります。適度にお酒を飲む人は平均して長生きしますが、それはアルコールを飲むからではありません。これは、彼らはより健康になる傾向があり、より活動的で、より教育を受け、より良い食べ物を食べる傾向があるためです。初期の研究により、私たちは適度な消費が健康であると信じていました。しかし、たとえ1日グラス1杯未満しか飲まなかったとしても、赤ワインを健康的だと考えるべきではない4つの理由をここに挙げます。

1. 適度な飲酒は心臓血管の健康状態の改善ではなく悪化と関連している JAMA Network Open の 2022 年の研究では、英国の 371,463 人を調査し、適度な飲酒は高血圧のリスクが 1.3 倍、リスクが 1.4 倍高いと関連していることが判明しました。冠状動脈性心疾患のこと。この研究では、人のアルコール使用に対する遺伝的素因が考慮されており、これは初期の研究のいくつかの限界を克服するのに役立ちました。

2. 適度な飲酒でもアルコールの使用によりがんのリスクが増加する アルコールは発がん性物質として知られており、すべてのがんの 6%、がんによる死亡の 4% を占め、米国では年間 75,000 人のがん患者と 19,000 人の死亡者を占めています。アルコールは酸化ストレスを増加させ、アルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドは肝臓の DNA を損傷します。また、口や喉の細胞のDNAに直接ダメージを与え、適度な摂取でも乳がんのリスクを大幅に高めます。週に15回アルコール飲料を飲む女性は、まったく飲まない女性に比べて乳がんのリスクがXNUMX%高くなります。

3. アルコールは睡眠の質を悪化させる アルコールは鎮静剤です。より早く眠りにつくのに役立ちます。しかし、これは睡眠の質に悪影響を及ぼします。これは、数杯飲んだ後でも顕著になることがよくあります。フィンランド人4,098人を対象とした研究では、アルコールがストレス反応を高め、睡眠の最初のXNUMX時間の回復を阻害することが判明した。二日酔いに加えて、睡眠不足は翌日の注意力を低下させます。

4. 抗酸化物質の効果を得るには致死量の赤ワインが必要 赤ワインにはレスベラトロールが含まれています。しかし、健康に重大な影響を与えるほどの量は含まれていません。ある研究では、一杯のアルコールと、健康に良い影響を与える他の XNUMX つのポリフェノール (カテキンとケルセチン) から体内に吸収されるレスベラトロールの量を測定しました。 XNUMX つすべての血中濃度は、有益であるには低すぎることが判明しました。十分にハイになるには、大量に、実際にはガロンも飲む必要があります。

写真提供: Ion Ceban @ionelceban: https://www.pexels.com/photo/close-up-photo-of-brown-labeled-bottles-2580989/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-