12.7 C
ブリュッセル
日曜日、月19、2024
食品赤ワインを一杯飲むと頭痛が起こるのはなぜですか?

赤ワインを一杯飲むと頭痛が起こるのはなぜですか?

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュース

赤ワインを一杯飲むと頭痛が起こりますが、その原因はさまざまですが、主な原因の 1 つはヒスタミンです。ヒスタミンはワインに含まれる天然化合物で、特に赤ワインには白ワインよりも多く含まれます。ヒスタミンを摂取すると、人によってはアレルギー反応を引き起こし、頭痛などの症状を引き起こす可能性があります。

赤ワインは、発酵過程でブドウ果汁と接触するブドウの皮からその豊かな色と強い香りが生まれます。この長時間の接触により、ヒスタミンなどの化合物の濃度が高くなります。ヒスタミンはブドウの皮にも含まれており、ブドウの破砕や発酵中に放出されることがあります。ヒスタミンに敏感な人では、これらの化合物に対する体の反応として頭痛が起こることがあります。

さらに、赤ワインにはチラミンとして知られる別の物質が含まれています。チラミンは天然に存在するアミノ酸で、血管の収縮と拡張を引き起こし、頭痛を引き起こす可能性があります。チラミンの影響を受けやすい人もおり、赤ワインを摂取すると頭痛を引き起こす可能性があります。赤ワインの頭痛のもう一つの要因は、亜硫酸塩の存在です。亜硫酸塩は、ワインの防腐剤として一般的に使用される化合物です。亜硫酸塩はある程度自然に存在しますが、ワインメーカーはワインの鮮度を保ち、腐敗を防ぐために追加の亜硫酸塩を添加することがよくあります。亜硫酸塩に敏感な人もおり、この過敏症は頭痛や片頭痛として現れることがあります。さらに、赤ワインのアルコール含有量も頭痛の原因となる可能性があります。アルコールには利尿作用があり、尿の生成を増加させ、脱水症状を引き起こします。脱水症状は頭痛の原因となる可能性があり、ヒスタミンやチラミンなどの他の要因と組み合わせると、ワイン誘発性頭痛の可能性が高まります。

赤ワインに対する反応は個人差があることに注意することが重要です。赤ワインに含まれる化合物に対して人がどのように反応するかを決定する際には、遺伝学、一般的な健康状態、個人の感受性などの要因が重要な役割を果たします。赤ワインを飲んだ後に常に頭痛を経験する人には、ヒスタミンと亜硫酸塩の含有量が少ない代替品を探すか、医療専門家に相談して具体的な原因を特定し、症状を緩和する方法を見つけることが有益である可能性があります。さらに、水分を補給し、ワインを適度に飲むことは、赤ワインの摂取に伴う頭痛のリスクを最小限に抑えるのに役立ちます。

写真提供: https://www.pexels.com/photo/wine-tank-room-434311/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-