12.3 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
国際的ヨルダン川西岸ガザ地区の2.8万人に対するXNUMX億ドルの訴え

ヨルダン川西岸ガザ地区の2.8万人に対するXNUMX億ドルの訴え

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

国連とパートナー機関は水曜日、2.8億ドルの支援を開始するにあたり、ガザへの援助アクセスを改善するには「重大な変化」が必要であると主張した。 アピール 荒廃した飛び地だけでなく、パレスチナ人が攻撃の標的となっているヨルダン川西岸の何百万人もの人々に緊急支援を提供する。 入植者の暴力が増加する.

この事態は、北部のガザ市、南部ガザのラファ、中央ガザを含むガザ地区に対するイスラエル軍の砲撃が継続しているとの報告の中で行われた。 十数人が死亡したと考えられている 火曜日に難民キャンプに対する明らかなミサイル攻撃があった。

デリアルバラのアルアクサ病院から伝えられたところによると、ビデオ画像には、飛び地の中心にあるマガジ難民キャンプへの攻撃後、子供を含む負傷者や死亡した犠牲者が写っていた。

飢餓の危険

水曜日の訴えは、現在から年末までの3.1万人への支援を対象としている。 

ガザ地区の2.3万人を支援することを構想している 食料不安の専門家が飢餓が差し迫っていると警告している場所 昨年10月にイスラエル南部で起きたハマス主導のテロ攻撃に対抗して開始されたイスラエルによる激しい砲撃と地上攻撃が半年以上続いた後、北部で発生した。

露天商の子供たち 

「北部行政区では飢餓が差し迫っており、 いつでも起こると予想される 現在から 2024 年 XNUMX 月まで。ガザの人口の半分以上が壊滅的なレベルの飢餓に直面している。」 国連人道問題調整事務所 市場には基本的な食料品が不足しており、援助食糧を提供する非公式の供給業者に依存していると付け加えた。 

「確認された懸念すべき傾向は、市場、特に市場での人道支援物の転売の増加です。 非公式の露天商で、その多くは幼い子供たちだ。」

控訴を主導したOCHAは、資金要請がパレスチナ難民に対する国連機関の要件をカバーしていると指摘した。 UNRWAこれはガザとヨルダン川西岸における人道的対応の「根幹」であり続けています。

UNRWAの重要な役割

「ガザの人口の1.6分のXNUMX(XNUMX万人)はUNRWAに登録されているパレスチナ難民である」とOCHAは述べ、ほぼ次のことを付け加えた。 1.7万人の避難民のうち450万人が現在、XNUMXのUNRWAと公共避難所に避難している、または国連機関の近く。

OCHAは、UNRWAにはガザに13,000万3,500人以上の職員がおり、XNUMX人以上が援助救援に従事していると付け加えた。 「緊急時には、(UNRWAの)支援はより幅広い人々に拡大されます。」 同報告書は、国連機関は1.1万人のパレスチナ難民とヨルダン川西岸のその他の登録者にもサービスを提供しており、そのうち890,000万人が難民であると付け加えた。 

水の窮状

きれいな水へのアクセスの欠如 OCHAは、イスラエルから送られてくる47本の水道パイプラインのうちXNUMX本だけが依然として稼働しており、その容量はわずかXNUMX%であるとOCHAは指摘した。

また、「燃料が利用可能な場合」にのみ稼働する地下水井戸は20基にも満たず、完全に機能する廃水処理システムもないとOCHAは報告し、下水の溢水が「ガザ全域の多くの地域で公衆衛生上のリスクを増大させている」と付け加えた。 

ラファ氏の懸念

主導による最近の WASH 評価を引用 ユニセフ, OCHAは、人口約75万人をカバーするラファで評価された750,000の地点のうち、XNUMX分のXNUMXに飲用には安全ではない水源があることが判明したと指摘した。

これには UNRWA 集合センターの 68 パーセントが含まれており、平均して利用できる水は XNUMX 人あたり XNUMX 日あたりわずか XNUMX リットルでした。

今月初めにガザ南部からイスラエル軍が撤退したことを受け、人道主義者らはエジプトと国境を接するラファ市で現在100万人以上が避難しているイスラエル国防軍によるハマスの軍事部門に対する軍事作戦に繰り返し懸念を表明している。

イスラエル当局による人道支援活動へのアクセス許可の拒否など、援助の障害が続く中、ガザ北部では依然として悲惨なニーズが続いている。

テドロス氏の懸念

水曜日のソーシャルメディアへの投稿で、国連世界保健機関() テドロス事務局長は、ガザ市への月曜日のミッションがいかに「大幅に遅れ、壊滅的な被害を受けたアル・シファ病院とインドネシア病院の被害状況や要件を評価する時間が少なくなった」かを強調した。

テドロス氏はX番組で、「アル・シファでの遺体の撤去は今も続いている」と述べた。「救急部門は医療従事者によって清掃されており、焼け落ちたベッドは撤去された。残りの建設の安全性については、依然として徹底的な技術的評価が必要です。」

インドネシア病院は現在空いているが、再開に向けた取り組みが進められているとテドロス氏は語った。

パレスチナ医療救援協会の医療拠点は外傷患者を受け入れているが、依然として「燃料と医療品が切実に必要」であり、国連保健機関長官はそれらを提供すると約束した。 

ガザの病院の破壊レベルは胸が張り裂けるほどだ。私たちは病院が攻撃されたり軍事化されたりするのではなく、保護されるよう改めて求めます。」

この飛び地の保健当局からの最新データは、次のことを示しています。 少なくとも33,800万76,500人のパレスチナ人が殺害され、XNUMX万XNUMX人以上が負傷した。 7月7日からガザで。 1,139月XNUMX日のハマスの攻撃によるイスラエルの死者数はXNUMX人に達し、 ガザでは今も数十人が拘束されている

国連援助調整事務所OCHAによると、飛び地での地上作戦で約259人のイスラエル兵が死亡、1570人以上が負傷した。

人道的行動

水曜日の呼びかけは、2023年2024月に行われた前回の資金募集に代わるもので、XNUMX月に更新され、XNUMX年XNUMX月まで延長された。 

この2.8億ドルという数字は、国連とパートナーが必要と見積もっている約4.1億ドルの一部にすぎません。 最も弱い立場にある人々のニーズを満たすためだが、援助チームが今後9カ月間で実施可能だと考えていることを反映している。

水曜日後半、国連は 安全保障理事会 UNRWAのフィリップ・ラッザリーニ事務総長によるブリーフィングを受けて、急速に進化する中東情勢について話し合う予定だった。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-