15.4 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
機関国連ガザ:夜間の援助物資提供再開、国連が「悲惨な」状況を報告

ガザ:夜間の援助物資提供再開、国連が「悲惨な」状況を報告

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

国連当局者らはガザへの評価訪問を開始し、同機関は48時間の休止を経て木曜日に夜間の援助物資提供を再開する。

これは、激しいイスラエル軍の砲撃と地上作戦が続いている飛び地で食料を運ぶ車列の中で、イスラエル軍がワールド・セントラル・キッチンの救援隊員7名を殺害した後の出来事である。

「ガザの状況は悲惨だ」と世界保健機関()テドロス・アダノム・ゲブレイェソス長官は語った。 "もう一度、 停戦を要求している。改めて、私たちは人質全員の解放と平和の永続を求めます。」

国連報道官のステファン・デュジャリック氏は木曜日、ワールド・セントラル・キッチンで起きたことにより「我々は組織を立て直し、再評価するために一時停止しなければならなかった」と述べ、次のように付け加えた。 今夜護送隊が配備される、「うまくいけば北に行けます」。

国連高官らは次のように警告している。 ガザ北部に飢餓が迫る イスラエルは特に北部で援助物資の入国を阻止し、遅らせ続けている。

地元保健当局によると、30,000月にハマス主導によるイスラエルへの攻撃が発生し、約1,200人が死亡、240人が人質となったことへの対抗として、イスラエル軍はこれまでにガザ地区でXNUMX万人以上を殺害したと地元保健当局が発表した。

援助と評価のミッション

国連報道官は、WHOチームがガザ市内の2つの病院に到着し、評価を実施し、救命用品を届けたと述べた。

さらに、WHOチームは次のように報告した。 イスラエルによる2週間にわたるアル・シファ病院包囲後の悲惨な状況、 彼は言った。

チームは包囲後に医療施設を出ることができた患者たちに話を聞き、その中には「医師たちは消毒薬がなかったため、人々の傷に塩や酢を塗ったが、消毒薬は存在しなかった」とデュジャリック氏は語った。

「彼らは包囲中の悲惨な状況を次のように説明した。 食べ物、水、薬が手に入らない"と彼は言った。

重大な人道的状況

現地の国連機関によると、戦争開始からほぼ半年が経ち、人道状況は悪化している。

木曜日にガザへ向かう途中、パレスチナ占領地域の国連人道調整官ジェイミー・マクゴールドリック氏は、飛び地には安全な場所はないと繰り返した。   

占領されたパレスチナ領土は「 世界で最も危険で働くのが難しい場所の一つ」と出発前にソーシャルメディアに書いた。

「このままではいけない」

UNウィメン ガザ人が 水、食料、医療へのアクセスがほとんどない ほぼ絶え間ない砲撃に直面しながら。

「ガザでの戦争は毎日続いており、現在のペースで平均63人の女性が殺害されている」と同庁は述べた。 パレスチナ人が直面する闘争を浮き彫りにする非政府組織(NGO)であるパレスチナYWCAと協力するマヤダ・タラジさんも含まれます。

「今の希望は停戦だ」とタラジさんは語った。 「私たちは停戦を求め続けていますが、実際の行動が必要です。このまま停戦を続けることはできないので、本当に停戦を推進するには政府からの支援が必要です。」

イスラエルのヨルダン川西岸侵略

一方、占領下のヨルダン川西岸では、パレスチナ人、その財産、土地に対する侵略が国連機関や報道機関によって報道されている。

国連の人道援助機関、 国連人道問題調整事務所報告 取り壊しが行われている 木曜日にウム・アル・リハンにて。

7月1日以降、XNUMX月XNUMX日現在、 428人の子供を含む110人のパレスチナ人がイスラエル軍によって殺害された 東エルサレムを含むヨルダン川西岸全域で犠牲者が発生し、131年初め以降、そのうち2024人が殺害された。

加えて、 9人がイスラエル入植者によって殺害された 報告書によると、3件はイスラエル軍か入植者によるものだという。 最新のOCHAアップデート.

同時期にパレスチナ人約4,760人が負傷し、その中には少なくとも739人の子供が含まれており、その大半はイスラエル軍によるものであると国連機関は発表した。

パレスチナ捕虜クラブによると、 11月7日以来、イスラエルの刑務所でさらにXNUMX人のパレスチナ人が死亡した、主に報告された医療過失または虐待が原因であるとOCHAは報告した。

ガザ地区南部のタル・アル・スルタン地区で避難民のテントを照らす明かり。

人権理事会、イスラエル制裁について採決へ

加盟国47名の国連 人権理事会 ジュネーブでの今会期の最終日に、ガザ戦争に関連するいくつかの決議案を採決する予定だ。

草案には、 イスラエルに対する武器禁輸、今週初めにガザでワールド・セントラル・キッチンの乗客7人全員が死亡した支援車列の車両3台に対するイスラエルの無人機発射ミサイル攻撃の直後に提起された。

この船団は、ガザ北部で迫りくる飢餓を食い止めるためにキプロスから出航した緊急食糧援助物資を届けていた。

決議草案の規定により、安保理はすべての国に対し「次のことを求める」としている。 占領国イスラエルへの武器、軍需品、その他の軍事装備品の販売、譲渡、転用を停止するさらなる違反を防ぐため、 米国外の世界各国 人道法と人権侵害と虐待。」

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-