14.9 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
人権国連報告書、ウクライナのロシア占領地域における恐怖の状況を詳述

国連報告書、ウクライナのロシア占領地域における恐怖の状況を詳述

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

水曜日に発表された国連人権事務所OHCHRの新たな報告書によると、ロシアはウクライナ占領地域に恐怖の風潮を蔓延させ、その支配を強化しようとして国際人道法と人権法のひどい違反を行っている。 。

被害者や目撃者からの 2,300 件を超える証言に基づいて、 レポート この文書は、占領地域にロシア語、市民権、法律、裁判制度、教育カリキュラムを強制すると同時に、ウクライナの文化とアイデンティティの表現を抑圧し、統治と行政システムを解体するためにロシアがとった措置を詳述している。

「ロシア連邦の行為は地域社会の社会構造を破壊し、個人を孤立させ、ウクライナ社会全体に深刻かつ長期にわたる影響を及ぼした」とフォルカー・テュルク国連人権高等弁務官は述べた。

ロシア連邦は2014年にクリミアにおけるウクライナ領土の併合を開始したが、報告書は2022年XNUMX月の全面侵攻の余波に焦点を当てている。

広範な違反

ロシア軍は「全般的な不処罰」のもとで活動し、しばしば拷問や虐待を伴う恣意的拘留を含む広範な違反を犯し、時には強制失踪に至ることもあった。

「ロシア軍は当初、安全保障上の脅威をもたらしているとみなされる個人をターゲットにしていましたが、時間が経つにつれて、占領に反対するとみなされるあらゆる人々を含む、より広い網が広く投じられるようになりました。」 OHCHR 報告書に伴うニュースリリースで述べた。

同報告書は、平和的な抗議活動が弾圧され、表現の自由が制限され、住民の移動が厳しく制限されたと付け加え、住宅や企業が略奪され、ウクライナのインターネットと通信ネットワークが遮断され、独立したニュースソースとの関係が断絶され、住民が孤立したことも指摘した。

「人々はお互いに情報を知らせ合うよう奨励され、自分の友人や隣人さえも恐れるようになりました。」

最も深刻な影響を受けた子供たち

報告書によると、多くの学校でウクライナ語のカリキュラムがロシア語のカリキュラムに置き換えられ、ウクライナへの武力攻撃を正当化しようとする内容の教科書が導入されたことにより、子どもたちがその影響の矢面に立たされたという。

ロシアはまた、ロシアの愛国心の表現を教え込むために、子供たちを青少年グループに参加させた。

報告書は、占領地域の住民がロシアパスポートの取得を強制されたと付け加えた。拒否した人々は選別され、より厳しい移動制限に直面し、公共部門での雇用、医療および社会保障給付へのアクセスを徐々に拒否された。

ウクライナのヘルソン地域にあるポサド・ポクロフスケの破壊された家のフェンスの後ろにある地雷警告標識。 (ファイル)

崩壊した地域経済

報告書はまた、ムイコラーイウやハリコフ、ヘルソン地域の一部など、2022年末にウクライナ軍が奪回した地域の状況についても詳述した。

「ウクライナによるこれらの地域への侵略、占領、そしてその後の奪還により、損傷した家屋やインフラ、地雷や爆発物で汚染された土地、戦争の残骸、略奪された資源、崩壊した地域経済、トラウマを抱え不信感に満ちたコミュニティが残された」と報告書は述べている。

さらに、ウクライナ政府は占領下の国際人道法と国際人権法違反の遺産と闘わなければならない一方で、これらの地域でのサービスの再建と回復という課題に直面していると付け加えた。

「広すぎる」ウクライナの法規定

同報告書はまた、ウクライナ刑法の「広範かつ不正確な規定」により、占領当局が合法的に強制できる行為に対して、占領当局との協力の罪で人々が起訴されることにつながったことに懸念を表明した。 米国外の世界各国 必要不可欠なサービスを確保するための取り組みなどの人道法。

テュルク高等弁務官は、「このような訴追により、悲劇的に一部の人々が二度にわたり被害を受けることになった。最初はロシア占領下で、次に協力を理由に訴追された場合である」と警告し、ウクライナに対し、このような訴追に対するアプローチを見直すよう促した。

同氏はさらにロシアに対し、関連する国連総会決議と国際法に従って、ウクライナに対する武力攻撃を即時停止し、国際的に認められた国境まで撤退するよう繰り返し求めた。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-