16 C
ブリュッセル
月曜日、月20、2024
経済ジーンズを一度履くと、車で6km運転するのと同じくらいのダメージを受けます。

ジーンズを一度履くと、車で6km運転するのと同じくらいのダメージを受ける 

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ジーンズを 6 枚履くと、ガソリン車で XNUMX km 運転するのと同じくらいのダメージを受ける 

科学者らによると、ファストファッションのジーンズを一度履いただけで2.5kgの二酸化炭素が発生し、これは非ガソリン車で6.4km走行するのに相当すると「デイリーメール」紙は書いている。

ファストファッションは、需要を満たすために安価でファッショナブルな衣類を迅速に作成および販売するプロセスを表すために使用される用語です。

中国の広東理工大学の科学者たちは、綿の栽培から焼却による最終処分まで、リーバイス ジーンズのライフサイクルを分析しました。

彼らは、いくつかのペアは11回しか着用されていないことを発見しました。これにより、それらは「ファストファッション」として認定されます。より頻繁に着用されるジーンズよりも XNUMX 倍多くの二酸化炭素を排出します。

「毎日のワードローブの定番として、ジーンズは社会に大きな影響を与えます。 環境」と研究の筆頭著者であるYa Zhou博士は述べた。

研究者らは、ファストファッションジーンズの二酸化炭素排出量が、平均95回着用される従来のジーンズよりも99〜120%多いことを発見しました。 XNUMX つの消費スタイルの最大の違いは、ファスト ファッションとして販売される衣類は、より速く輸送され、廃棄される前にあまり着用されないことです。

「ファッショントレンドの変化により、人々は最新のトレンドに追いつくために頻繁に服を購入し、短期間着用するようになりました」と周博士は付け加えた。

「このような過剰消費は、生産、物流、消費、廃棄プロセスを含む衣料品のサプライチェーン全体を加速させることにより、衣料品産業における資源とエネルギーの使用量の大幅な増加につながり、気候変動に対する衣料品産業の影響を増幅させます。」 。

科学者らは、伝統的なファッション市場向けに生産されたジーンズは 0.22 kg の二酸化炭素を生成すると推定しています。一方、研究者らは、ファストファッション店で販売されているジーンズからは11倍の排出量があると推定している。

従来のファッションとは異なり、ファストファッションにおける排出量の大部分はジーンズと繊維の生産から生じており、総排出量の70%を占めています。

残りの排出量は主に工場から消費者までのジーンズの輸送によるもので、総排出量の 21% を占めます。

ファストファッションモデルの輸送は主に飛行機によるため、59倍という驚異的な量の二酸化炭素が排出されます。

研究者らによると、ファスト ファッション ブランドは従来のファッション ブランドより 25 倍の速さで新しいコレクションを発表しており、ファッション サイクルの短縮と過剰消費につながっています。これにより、大量の廃棄物と膨大なレベルの汚染が発生します。

ファッション業界は毎年、世界全体の温室効果ガス排出量の 10% と約 92 万トンの廃棄物を排出していると推定されています。

この廃棄物の多くはグアテマラ、チリ、ガーナなどの国々に運ばれており、そこではすでに大規模な埋め立て地が「生態学的および社会的危機」を引き起こしている。

幸いなことに、研究者らは、業界の二酸化炭素排出量を大幅に削減する方法がいくつかあると述べています。

オフラインの古着屋から衣類を購入すると、ジーンズの二酸化炭素排出量が 90% 削減されます。そして、リサイクルショップを通過するジーンズは、生涯で127回着用されています。

研究者らはまた、ジーンズをリサイクルしたり、衣類レンタルサービスを利用したりすると、85着の二酸化炭素排出量をそれぞれ89%とXNUMX%削減できると示唆している。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-