28.9 C
ブリュッセル
6月(火曜日)25、2024
機関国連アラブ連盟サミットでグテーレス氏、ガザ停戦と地域統一を訴える

アラブ連盟サミットでグテーレス氏、ガザ停戦と地域統一を訴える

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

「ガザでの戦争は開いた傷であり、地域全体に感染する恐れがある」と彼は述べた。

「そのスピードと規模という点で、これは私が事務総長を務めていた時代で、民間人、援助関係者、ジャーナリスト、そして国連の同僚にとって最も致命的な紛争です。」 

同氏は、ハマスによるイスラエルに対する7月XNUMX日の忌まわしいテロ攻撃やパレスチナ人民への集団処罰を正当化できるものは何もないと強調した。 

ラファ暴行「容認できない」 

事務総長は、ラファへの襲撃は「急増する救命援助が必要なときに、さらなる苦痛と悲惨をもたらすことになるため容認できない」と警告した。 

同氏はまた、イスラエルの不法入植地、入植者の暴力、イスラエル国防軍による過剰な武力行使の急増、さらには破壊や立ち退きを強調し、占領下のヨルダン川西岸の緊張に対する懸念を表明した。 

国連人道問題事務所、 国連人道問題調整事務所は木曜日、東エルサレムを含むヨルダン川西岸の状況を報じた。 依然として憂慮すべき。入植者による暴力や立ち入り制限が続く中、1,400月以来、ほとんどが牧畜民の家族の出身者約XNUMX人が避難を余儀なくされている。 

OCHAは今週初め、ラマラのアイン・サミヤ牧畜コミュニティに最後に残った2家族が、この地域に残るイスラエル人入植者の攻撃を受けて立ち退きを余儀なくされ、帰還が妨げられたと発表した。

事務総長はアラブ指導者に対し、イスラエルとパレスチナ人の間の暴力と不安定の連鎖を終わらせる唯一の恒久的な方法は二国家解決によるものだと語った。 

「ヨルダン・ハーシミテ王国の特別な役割に沿って、エルサレムの人口学的および歴史的特徴は保存されなければならず、聖地の現状は維持されなければならない」と彼は付け加えた。

スーダンの平和 

スーダンに目を向けると、国連事務総長は国際社会に対し和平に向けた努力を強化するよう促し、紛争当事国が永続的な停戦に合意するよう求めた。

スーダン軍と迅速支援部隊(RSF)として知られるライバルの民兵組織との間の18年以上にわたる戦闘により、人道危機が生じている。数千人の民間人が殺害され、XNUMX万人が差し迫った飢餓に直面している。 

同氏はまた、「リビアとイエメンの脆弱な政治プロセス」を守るよう呼びかけ、シリア国民に対し、多様性を尊重し、すべての人の人権を尊重し、和解の精神で団結するよう奨励した。 

多国間システムを改革する 

グテーレス氏は、気候緊急事態を含む他の深刻な世界的危機にも焦点を当てた。不平等、貧困、飢餓の拡大。借金を潰す。そして人工知能(AI)などの新技術の可能性と危険性。 

「私たちは世界の多国間システムに対する抜本的な改革を必要としています。 安全保障理事会 したがって、それらは真に普遍的であり、今日の現実を代表しているのです」と彼は付け加えた。 

彼は指摘した 未来のサミット 今年9月に国連本部で「よりネットワーク化された包括的な多国間主義への機運を生み出す極めて重要な機会」として開催された。  

団結を訴える 

事務総長はアラブ地域の巨大な可能性を指摘した。  

今日の世界において団結が成功の唯一の条件であることを強調し、分断により部外者の介入が許され、紛争が促進され、宗派間の緊張が高まり、不用意にテロが煽られると述べた。 

「これらは平和的発展と国民の幸福に対する障害だ」と同氏は指導者らに語った。 

「これらの障害を克服するには、分断と対外操作の悪循環を断ち切り、アラブ世界とそれ以外の地域の人々にとってより平和で豊かな未来を築くために共に前進する必要がある。」 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-