14 C
ブリュッセル
6月(土曜日)15、2024
ニュースアリアン 6 による 3Cat-4 の打ち上げ: 地球への反映

アリアン 6 による 3Cat-4 の打ち上げ: 地球への反映

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。


ヨーロッパの最新ロケットがまもなく打ち上げられる。 多くの宇宙ミッション それぞれが独自の目的、目的地、自宅のチームを持って応援しています。地球を振り返って研究するため、深宇宙を眺めるため、あるいは軌道上で重要な新技術をテストするために新しい衛星を打ち上げる場合でも、アリアン 6 の初飛行は、この印象的な重量物打ち上げ装置の多用途性と柔軟性を示すことになります。 3Cat-4 について詳しく読んでから、 他に誰が最初に飛んでいるかを見てください.

熱真空試験室にある 3Cat-4 CubeSat

熱真空試験室にある 3Cat-4 CubeSat。画像クレジット: ESA

3Cat-4 (「キューブ キャット フォー」と発音) は、スペインのカタルーニャ工科大学によって開発され、ESA Education によって選定された 1 kg の地球観測 CubeSat です。 「衛星を飛ばそう!」アリアン6号の初飛行を計画した。

プログラムの一環として、専門家は 3Cat-4 の設計を慎重に検討しました。彼らは、ベルギーの ESEC-Galaxia にある ESA Education の CubeSat サポート施設での重要な環境テストを含む、ミッション チームに設計とテストのサポートを提供しました。

それ以外の点では、超小型衛星はほぼ完全に大学院生と学部生によって開発されており、彼らはそのコンポーネントの大部分を設計、構築、検証し、複雑な分析を実施し、特殊な機器を使用したテストキャンペーンを計画および実行しました。一部の学生にとって、ミッションはコース カリキュラムや学位論文の中心となっています。

「このミッションの主な目的は教育です。 「Fly Your Satellite!」の ESA エンジニアリング コーディネーターであるアレクサンダー キネアードは次のように説明します。プロジェクト。

「しかし、3Cat-4にはいくつかの科学的および技術的目標もあり、通常は大型衛星に限定されている革新的な宇宙技術に関して、CubeSatsの大きな可能性を実証することを期待しています。」

このミッションの主な科学実験は、「全球航法衛星システム反射率測定」(GNSS-R)と呼ばれる技術を使用して、いくつかの重要な気候変数を測定することになる。 GNSS-R には、ガリレオや GPS など、周回軌道上の全地球航法衛星システムから地表で反射される反射信号の測定が含まれます。

3Cat-4 を構成する多くの要素には、左から 3 番目のパネルにあるフレキシブル マイクロ波ペイロードが含まれます。これは 4Cat-0.5 の主要な機器であり、船上ですべての科学実験を実行します。また、船内に収納されている XNUMX メートルのアンテナも含まれます。最後のパネル。3Cat-4 を構成する多くの要素には、左から 3 番目のパネルにあるフレキシブル マイクロ波ペイロードが含まれます。これは 4Cat-0.5 の主要な機器であり、船上ですべての科学実験を実行します。また、船内に収納されている XNUMX メートルのアンテナも含まれます。最後のパネル。

3Cat-4 を構成する多くの要素には、左から 3 番目のパネルにあるフレキシブル マイクロ波ペイロードが含まれます。これは 4Cat-0.5 の主要な機器であり、船上ですべての科学実験を実行します。また、船内に収納されている XNUMX メートルのアンテナも含まれます。最後のパネル。画像クレジット: カタルーニャ工科大学 

この「パッシブリモートセンシング」は、軌道上の航法衛星から直接受信した信号と、地球から反射された同じ衛星からの信号との差を測定します。このデータを使用して、「Cat4」は反射面の特性を測定し、数種類の気象現象を検出し、陸地地形と植生被覆を決定し、氷の被覆率や厚さなどの海洋データに関する情報を抽出することができます。

3Cat-4 はリモートセンシング機能に加えて、「L バンド放射計」を搭載します。これは、土壌水分と海洋塩分の分析を可能にする、1 ~ 2 GHz の周波数範囲で放出される放射線を検出する機器です。 CubeSat には自動識別システム (AIS) も搭載されており、大陸間の航路に沿って船舶を追跡できるようになります。また、土壌水分測定に使用されるマイクロ波放射測定観測にとって特に重要な「無線周波数干渉」検出および軽減システムも含まれています。

3Cat-4アンテナ3Cat-4アンテナ

3Cat-4 アンテナ。画像クレジット: カタルーニャ工科大学 

重要なのは、3Cat-4 がその 0.5 メートルのバネ状アンテナであるナディール アンテナおよび展開システム (NADS) の実現可能性と性能を実証することです。このアンテナは打ち上げ時に収納されるため、スペースをほとんどとらず、将来的にはさらに小型の CubeSat に搭載できるようになります。軌道に乗ると、通常は大規模なミッションの領域である印象的な観測を実行するために開いて、持ち運び可能な移動サイズにもかかわらず、地球に強力な目を提供します。

「3Cat-4は、小型のCubeSatsが大規模な地球観測サービスを提供できる能力を実証し、関係する学生だけでなく、より広いコミュニティの意欲を刺激します」とESAの大学生活動コーディネーターのリリー・ハ氏は述べています。

アリアン 6 が宇宙に飛び、打ち上げから約 XNUMX 分後に XNUMX つのブースターを投棄するアーティストの眺め。アリアン 6 が宇宙に飛び、打ち上げから約 XNUMX 分後に XNUMX つのブースターを投棄するアーティストの眺め。

アリアン 6 が宇宙に飛び、打ち上げから約 XNUMX 分後に XNUMX つのブースターを投棄するアーティストの眺め。画像クレジット: ESA – D. Ducros

「アリアン 6 は打ち上げに最適なロケットであり、ミッションの技術的およびプログラム上の要件に完全に適合するだけでなく、教育的および宣伝的にも優れた価値を提供します。私たちは、ヨーロッパの新しいロケットの技術革新をサポートし、このような歴史的な打ち上げに参加し、この飛行に永遠に関わることができてとても嬉しく思います。」

アリアン 6 は、2024 年 5 月から 117 月に打ち上げられる予定です。アリアン 1996 は、フランス領ギアナにあるヨーロッパの宇宙港から 2023 年から XNUMX 年の間に XNUMX 回飛行し、四半世紀以上ヨーロッパの主要なロケットとして大成功を収めました。

「プロジェクトを通じて、私たちは 3Cat-4 の背後にあるテクノロジーを可能にする優秀な学生の集団をいくつか見てきました」と ESA 大学教育エンジニアリング コーディネーターのクリスティーナ デル カスティージョ サンチョは言います。

3CubeSat に取り組む Cat4 の学生3CubeSat に取り組む Cat4 の学生

CubeSat に取り組んでいる 3Cat4 の学生。画像クレジット: ESA

「彼らはこの複雑な使命を夢見る勇気を持ち、必要な専門知識とリソースを備えたESA教育と大学の両方によってそれを可能にしました。アリアン 6 が打ち上げられるとき、この新世代のエンジニアは、自分たちの衛星が最終的に宇宙空間で究極のテストを経る様子を誇りを持って見守ることになるでしょう。」

3Cat-4ミッションチームは、打ち上げに備えてスペインのバルセロナオペレーションセンターの制御室に常駐し、そこから衛星を指揮し、スペインのピレネー山脈にあるモンセック地上局を介して遠隔測定と科学データを受信する。

「私たちの衛星がついに打ち上げの準備ができているのを見ることができて、とても満足しています。これは関係者全員にとって素晴らしい旅であり、開発中に得られた知識の量はどれだけ強調してもしすぎることはありません」とカタルーニャ工科大学の 3Cat-4 チームリーダー、ルイス フアンは結論付けています。

3Cat-4 チームが熱真空試験の準備中3Cat-4 チームが熱真空試験の準備中

3Cat-4 チームは熱真空試験の準備をしています。画像クレジット: ESA

「組み立てられた衛星全体の最初の起動、3か月にわたるミッションシミュレーション、重要な振動や熱真空試験に至るまで、達成されたすべてのマイルストーンは熱狂的に歓迎されました。 ESA の Fly Your Satellite! のサポートによりチームとミッションの検証を支援してくれたすべての専門家は、4Cat-XNUMX が宇宙旅行中に成功するだろうと確信しています。」 

情報源: 欧州宇宙機関



ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-