13.4 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
アジアアンカラ:エルドアンに対する新たなクーデター未遂事件?

アンカラ:エルドアンに対する新たなクーデター未遂事件?

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ラーセン・ハンムーチ
ラーセン・ハンムーチhttps://www.facebook.com/lahcenhammouch
LahcenHammouchはジャーナリストです。 Almouwatin TVandRadioのディレクター。 ULBによる社会学者。 民主主義のためのアフリカ市民社会フォーラムの会長。

トルコ政府は、レジェプ・タイイップ・エルドアン大統領に近い人物を汚職事件に関与させてイメージを傷つけることで、現政権打倒を狙った新たなクーデターの試みを阻止した。エルドアン大統領は先週火曜夜遅く、アンカラの大統領官邸で緊急会議にイブラヒム・カルン情報長官とユルマズ・トゥンチ法務大臣を呼び、そこで数人の警察当局者の逮捕と解雇について話し合った。

前回の試行の繰り返し

この行動は、ナショナリスト行動党のデブレト・バフチェリ党首が火曜日昼休みの同党国会議員団会議で、2013年の汚職・贈収賄捜査と同様のクーデター未遂を暴露したことを受けたもので、同氏は検察官と治安当局者のグループがフェトフッラー・ギュレン氏の組織と関係があると述べた。近い人々のイメージを傷つけるために汚職事件や違法盗聴を捏造していた エルドアン、しかし当時政府はなんとか対抗していました。バフチェリ氏は、「数人の警察署長を解任しただけでは根絶できない陰謀が進行中である。私たちは違法な接続ネットワークを認識しており、ターゲットは人民同盟です。」

大量逮捕

これらの出来事は、火曜日朝、トルコの544州で実施された大規模作戦で、ギュレン族コミュニティに所属する容疑で62人を逮捕したとトルコ内務大臣アリ・エリカヤが発表したのと時を同じくした。容疑者らは国家機関への侵入を試み、互いに通信するために「ByLock」アプリケーションを使用した疑いで起訴されている。当局は、このアプリケーションは2016年に失敗したクーデター未遂の実行犯によって使用されたと示唆している。

アンカラ検察庁は水曜日、アンカラ警察副署長のムラト・チャルク氏と組織犯罪対策支局長のケレム氏を含むアンカラ治安総局の組織犯罪対策部門の職員4人の逮捕も発表した。オーネル。トルコのメディアは、これらの警察官らが、ファレッティン・アルトゥン大統領広報部長、ハサン・ドアン大統領府局長、スレイマン・ソイル元内務大臣などエルドアン大統領に近い人物をでっち上げ事件に巻き込み、名誉を傷つけようと働きかけていたと報じた。

事件の根源

事件の根源は8年2023月169日、トルコから逃亡しようとしていた犯罪組織「カプランラール」のトップ、アイハン・ボラ・カプラン氏をアンカラの対組織犯罪チームが逮捕したことに遡る。彼は6件の殺人罪で最長XNUMX年XNUMXか月の懲役刑を言い渡された。特定の警察官が組織に関与した疑いを受けて、アンカラ治安総局は行政捜査を開始し、元治安局長と元局長を含むXNUMX人の警察官の停職処分につながった。アンカラ警察の武器爆発物部門。

その後、警察は組織のナンバー2であるセルダル・セルチェリクを逮捕し、自宅軟禁した。しかし、保護証人として19ページにわたる証言を行った後、国外逃亡した。セルチェリク氏は逃亡後に公開されたビデオで、正義発展党と国民主義行動党に対する陰謀に言及し、一部の警察官が彼の証言を誘導し、大臣や政治家に不利な発言を強要したと述べた。その後、警察と諜報チームはこの情報に基づいて犯人の特定を開始しました。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-