17.7 C
ブリュッセル
6月(火曜日)25、2024
人権イスラエル当局によるガザ人の「非人道的な」拘禁に対する深い懸念

イスラエル当局によるガザ人の「非人道的な」拘禁に対する深い懸念

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

で 新しいレポート 2024年24月のガザの状況について、著者らは、負傷した被拘留者が「手足に足枷をされ、年中無休でベッドに目隠し」された状態で野戦病院に収容されているという「医師と内部告発者からの」証言を引用した。

人質の恐怖

さらに、19月128日にイスラエル南部で起きたハマス主導のテロ攻撃で捕らえられた253人のうち、7月35日の時点でXNUMX人が依然としてガザに残っていると報告書の著者らは述べ、人質奪取は「ジュネーブの重大な違反」であると強調した。条約と戦争犯罪」。人質のうちXNUMX人以上が死亡したと発表されており、まだ生きている人たちは「最も悲惨な状況」に直面している可能性が高く、釈放された人々の証言によると「監禁中の性的虐待の複数の報告」が示されている。 

砂漠キャンプ

パレスチナ人の拘留者の話に戻ると、証言によれば、囚人は 「ストローで栄養を与えられ、長時間の足かせを付けられたために四肢を切断された被拘禁者の数例もある」」の更新情報によると、 グローバル保護クラスター、国連機関とその他の国際機関および非政府機関を結び付けます。

It 被拘禁者の虐待疑惑に関する以前の懸念を反映 国連人権高等弁務官事務所から、 OHCHR および 独立した権利専門家。イスラエル軍は以前、こうした主張を否定していた。

ガザ地区出身の少なくとも27人の被拘禁者は、イスラエルのネゲブ砂漠にあるスデ・テイマンを含むイスラエル軍事基地で拘禁中に死亡した可能性が高く、飛び地の他の「少なくともXNUMX人」はイスラエル刑務所庁(IPS)の施設で死亡した可能性が高いと考えられている。殴打の疑いや医療援助の欠如。

目隠しと手錠をかけられた状態

「IPS に拘禁されているか軍施設に拘禁されているかに関わらず、被拘禁者は過密状態や過密状態を含む極めて過酷な拘禁条件に直面していると報告されている。 檻のような施設に拘留されている人もいる 常に目隠しと手錠をかけられ、トイレに行けず、風雨にさらされ、 生きていくのにかろうじて十分な量の食料と水の供給に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

報告書は、イスラエル国防軍による「大量拘留」中に拘束された人々の中に女性と子供も含まれていると主張し、多くの家族が「愛する人に関する情報を持っていない」一方、イスラエルは「所在に関する情報の提供を怠っているか、拒否している」と付け加えた。あるいは拘束された多くの人々の運命…14歳以上の少年は通常、成人男性と一緒に拘留される。年少の子供は女性や高齢の家族と一緒に拘留されるが、通常は短期間である。」

大量逮捕

報告書の著者らは、イスラエル軍は最近、ガザでの地上作戦中にガザから2,300人のパレスチナ人を拘束したと主張し、実際の数はおそらくもっと多いと付け加えた。 

865月末時点で、国際法上未知のカテゴリーである「不法戦闘員」として約XNUMX人の拘束者が拘束された。 「多数の」さらに気がかりな証言は、拘留者が「裸の強制、セクハラ、強姦の脅迫に加え、激しい殴打、犬の攻撃、ストリップ検査、水責め、食事、睡眠、トイレへのアクセスの拒否などの拷問を受けている」ことを示している。他の残酷な行為の中でも特に。」 

解放された拘留者や拘留されている人々と面会できる医療従事者の証言によると、この治療の目的は、強制自白を引き出し、パレスチナ武装グループのメンバーとされる人物を選別することである。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-