9.8 C
ブリュッセル
6月(木曜日)13、2024
人権インドの LGBTQIA+ コミュニティは法的な勝利を収めていますが、依然として社会的なハードルに直面しています...

インドのLGBTQIA +コミュニティは法的勝利を収めているが、依然として受け入れや平等の権利に対する社会的ハードルに直面している

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)、HIV/AIDS パンデミックに対する世界的な協調行動と国連開発プログラムの主な提唱者 (UNDP) インドのオフィスは、この取り組みにおける重要なパートナーです。 

毎年17月XNUMX日に祝われるこの国際反ホモフォビア、バイフォビア、トランスフォビア(IDAHOBIT)の日、私たちはインドのこのコミュニティの一部のメンバーの旅を振り返り、彼らが今も直面している課題に光を当てます。

「すべての地獄が解き放たれた」

インド北東部アッサム州の小さな町に住むノヨニカ* さんとイシタ* さんは、LGBTQIA+ の権利を擁護する団体と活動するレズビアンのカップルです。

しかし、コミュニティで権利擁護の役割を果たしているにも関わらず、ノヨニカさんは自分が同性愛者であることを家族に伝える勇気を出せずにいた。 「これを知っている人はほとんどいません」と彼女は言います。 「私の家族は非常に保守的で、私が同性愛者であることを理解することは考えられません。」

のよニカのパートナーであるイシタはアジェンダー(どの性別にも自認していない、または性別を欠如している)です。彼女は子供の頃、自分が他の女の子とは違うことに気づき、男の子よりも女の子に惹かれたと言います。しかし、彼女の家族も非常に保守的で、彼女は父親に自分の現実を話していません。

27 歳のミナル* と XNUMX 歳のサンギータ* も同様の話をしています。夫妻は北西部パンジャブ州の小さな村の住民である。彼らは現在大都市に住んでおり、評判の高い会社に勤めています。

サンギータさんは、自分の両親は最終的にこの関係に同意したが、ミナルさんの家族は夫婦に嫌がらせをするほど激しく反対したと語った。 「すべての地獄が解き放たれた」とミナルは言った。

「2019年、私たちは裁判所命令を通じて同居の許可を得た」とサンギータさんは説明したが、その後、ミナルさんの家族は電話で彼女を脅迫し始めた。

「彼らは私を殺して家族を刑務所に入れるとよく​​言っていました。私の家族ですら、こうした脅しには怯えていました。その後、[ミナルの家族は] 2 ~ 3 年間、私たちにストーカー行為や嫌がらせを続けました」と彼女は語った。

現在もサンギータとミナルは二人の関係を法的に認めてもらうために奮闘している。

※個人情報保護のため名前は変更させていただいております。

受け入れられるための葛藤

このような胸が張り裂けるような物語は、社会的偏見や嫌がらせがレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア、インターセックスのコミュニティを悩ませ続けているインド全土で見られます。

オリッサ州出身のトランスジェンダー活動家サドナ・ミシュラさんは、サハと呼ばれるコミュニティ組織を運営しています。彼女は子供の頃、社会のジェンダー規範に適合していないとみなされたため、抑圧に直面しました。 2015 年に性別適合手術を受け、本当の自分を目指す旅が始まりました。

子ども時代のつらい日々を思い出しながら、彼女はこう語った。「女性らしさのせいで、私は何度もレイプの被害者になりました。私が泣くといつも母に「どうして?」と聞かれて何も言えませんでした。なぜ人々が私に電話をかけてくるのかよく尋ねました チャッカ および 緊那羅 [トランスジェンダーまたはインターセックス]。母は笑って、それはあなたが違っていてユニークだからだと言いました。」

サドナさんが現在、他のトランスジェンダーの人々の権利のために積極的に戦っているのは、母親が彼女を信じてくれたからです。

それでも、組織を立ち上げようとした初期の頃や、サハのオフィスの場所を見つけるのさえ困難だったなど、彼女が直面したハードルはよく覚えている。人々はトランスジェンダーの人に場所を貸すことに消極的だったので、サドナさんは公共の場所や公園で働くことを余儀なくされた。

社会的偏見

LGBTQIA+ コミュニティに対する理解の欠如と不寛容は、大都市でも地方でも同様です。

ノヨニカさんは、自分の組織では、男性が自分の性自認を理解せずに、社会的圧力のために女性と結婚する例を多く見ていると語った。 「村や町では、子供を持ちながら偽りの生活を強いられている夫婦がたくさんいます。」

彼女の組織が活動しているアッサム州の農村地域について、石田さんは文化祭の例を挙げた。 バヴナ で祝われている ナームガルス、または神話の物語に基づいたドラマが上演される礼拝所。 

これらのドラマの女性キャラクターは、主に女性的な特徴を持つ男性によって演じられます。フェスティバルでは彼女たちは広く賞賛され、女性的な特徴が賞賛されますが、スポットライトが当たらないところでは嫌がらせの被害者になる可能性があります。

「彼らは脅迫され、性的搾取され、性的虐待を受けています」と石田氏は説明した。

進歩への遅い道のり

近年、インドではLGBTQIA+コミュニティを認める前向きな法的および政策決定が行われています。これには、裁判所が自分の性別を識別するすべての人の権利を支持し、ヒジュラとキンナール(トランスジェンダーの人たち)を「第三の性別」として法的に認めた、2014年のNALSA(国家司法機関)の判決も含まれる。 

2018年、男性間の合意に基づく私的な性行為を犯罪とするインド刑法第377条の一部の適用は、インド最高裁判所により違憲との判決が下された。さらに、2021年にはマドラス高等裁判所による画期的な判決があり、LGBTQIA+コミュニティに包括的な福祉サービスを提供するよう州に指示した。

過去 40 年以上にわたり、レインボー プライド フラッグは、LGBTQ+ コミュニティと、世界中で平等な権利と受け入れを求める闘いの代名詞となってきました。

国連の擁護

コミュニケーションは、対話を促進し、より寛容で包括的な社会を構築し、徐々に、おそらく考え方を変えるのに役立つ重要な方法です。

この目的を達成するために、 UNウィメンは、インドの女性児童開発省と協力し、最近、ジェンダーを包括したコミュニケーションガイドの開発に貢献しました。

一方、インドの UNAIDS と UNDP 事務所は、LGBTQIA+ コミュニティの意識向上とエンパワーメント キャンペーンを実施することで支援するとともに、これらのコミュニティにより良い保健サービスと社会的保護サービスを提供することに取り組んでいます。

「UNAIDSはHIV対策や人権擁護におけるLGBTQ+の人々のリーダーシップを支援し、差別に取り組み、誰もが保護され尊重される包摂的な社会の構築に取り組んでいます」とUNAIDSのインド担当局長デビッド・ブリジャーは述べた。

さらに、「HIVへの対応は、私たち全員に、すべての人の健康を守るためにはすべての人の権利を守らなければならないことを明確に教えてくれました。」と付け加えた。

国連の方針に沿って 2030アジェンダ UNDPは、持続可能な開発と「誰一人取り残さない」という組織の広範な取り組みに向けて、各国政府やパートナーと協力して、不平等に対処し、LGBTQIA+の人々の人権尊重を確保するための法律、政策、プログラムを強化しています。 

UNDPは、「アジア太平洋におけるLGBTIになる」プログラムを通じて、関連する地域イニシアチブも実施してきました。

機会と課題

UNDPインドの国家プログラムマネージャー(保健システム強化ユニット)のチランジーブ・バタチャルジャ博士は、「UNDPインドでは、彼らの権利を促進するためにLGBTQIコミュニティと非常に緊密に協力してきました。」と述べました。 

実際、NALSA 判決、同性関係の非犯罪化 (377 IPC)、およびトランスジェンダーに関する意識を高めた 2019 年のトランスジェンダー人 (権利保護) 法などの進歩的な法的指標のおかげで、現在、コミュニティをサポートする機会が複数あると彼は続けました。彼らの発展。 

「しかし、実装には複数の関係者の協力が必要な課題があり、誰も置き去りにしないように、引き続きコミュニティと協力して課題に取り組んでいきます」と同氏は述べた。

インドの法的状況が第 377 条の廃止により広範な包摂に向けて少しずつ進んでいるにもかかわらず、この国の LGBTQIA+ コミュニティは、日常生活や交流の多くの分野に対処する際に、依然として承認と正義を待っています。パートナーのXNUMX人が入院した場合は近親者。パートナーを生命保険に追加できますか。あるいは同性婚を法的に認めることができるかどうか。 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-