9.7 C
ブリュッセル
6月(木曜日)13、2024
アフリカ緊急アピール: エチオピアにおける正統派キリスト教徒に対する宗教的迫害

緊急アピール: エチオピアにおける正統派キリスト教徒に対する宗教的迫害

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

30 年 2024 月 XNUMX 日に、 国際信教の自由 (IRF) 円卓会議70の関係団体と擁護者で構成され、手渡しで エチオピアにおける正教徒への迫害の激化に関する多宗教の書簡 コーリー・ブッカー上院議員、ティム・スコット上院議員、ジョン・ジェームズ下院議員、サラ・ジェイコブス下院議員に。

この書簡は、米国議会に対し、IRF円卓会議アフリカ作業部会と協力して、残虐行為の調査を求め、訴訟手続きと制裁を通じて説明責任を求める下院決議案を起草することで行動を起こすよう促している。この書簡は、エチオピアにおける人権侵害に関する公聴会開催の重要性を強調している。

彼らは、このコミュニティに対する標的型攻撃と暴力に懸念を表明し、宗教の自由、平和、国内の保護を守るための介入の必要性を強調しています。この書簡は、死傷者を出した教会、聖職者、礼拝者への攻撃や聖地の冒涜など、正教の信仰に属する人々を標的にした不穏な事件に光を当てている。 「キリスト教の宗教指導者たちは虐待や暴力にさらされ、家族は恐怖に耐えている。教会は放火され、宝物は破壊され、文化遺産は破壊されている」と書簡の一部は述べている。

正統派キリスト教徒が耐えた苦難の例として、2019年XNUMX月のブラユ虐殺が挙げられている。伝えられるところによれば、加害者はキリスト教の十字架などの宗教的シンボルに基づいて被害者を選んでいる。この書簡はまた、エチオピアの正統派キリスト教徒が経験した差別と排除についても強調している。彼らの実践に対する制限と権利の否定を生み出します。

教会事務への干渉などの最近の政府の行動により緊張が高まり、反対派の司教に対する反対派の暴力、逮捕、失業が生じている。書簡は、正教会の祭典に対する政府の制約や礼拝所の管理を掌握しようとする取り組みが結束を損なっていると強調した。政府の行為は、人間の尊厳の相互尊重を促進するのではなく、分断を悪化させることによって平和への脅威とみなされている。これに応じて、さまざまな団体がエチオピアの正教会信者の権利を支持するよう米国議会に訴えた。

この書簡は、この問題に対処することが緊急であることを強調して締めくくられています。 「これらの間違いを正し、すべてのエチオピア人が調和して暮らせる未来に向けて行動を起こしていただけるよう、私たちは皆さんと協力できることを楽しみにしています。」次のステップとして、連立政権指導者らは受領国の議会事務所とのフォローアップ会議を予定している。

全文を読む

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-