11 C
ブリュッセル
6月(土曜日)15、2024
ヨーロッパカタールはロシアに不法移送され保管されているウクライナの子供たちを定期的に救出している

カタールはロシアに不法移送され保管されているウクライナの子供たちを定期的に救出している

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

22月13日、カタールとウクライナのNGOの仲介役のおかげで、ウクライナの子供XNUMX人がロシア占領地から祖国に送還されたと発表された。 

カタールは、モスクワとキエフの間で続いている紛争で引き離された家族を再会させる取り組みの一環として、ロシアで拘束されている17人全員男でXNUMX歳からXNUMX歳のウクライナ人の子供XNUMX人の釈放を仲介した。 外務省 カタールが発表した。  

モスクワのカタール大使館は、統一プロセス中に子供たちとその家族を受け入れ、ミンスク経由でウクライナに安全に帰国できるようにした。 

カタールの保護下での滞在中、子供たちは回復と社会復帰を促進するために医療的、心理的、社会的支援が提供されました。 

残った子どもたちはNGOの枠組みを通じて返還された UA を子供たちに取り戻してください ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領によって開始された計画。 

なぜEUやその加盟国の一部、米国、カナダ、その他の西側民主主義諸国が、特にウクライナ児童送還国際連合を通じて、直接的・間接的に同様の調停活動を組織できなかったのか不思議に思う人もいるだろう。ウクライナのメディアは定期的に家族再会事件を報道しているが、国連が後援した事件は1件のみで、赤十字国際委員会(ICRC)による事件については言及していない。  

カタールの調停には、ロシア連邦大統領の児童権利委員マリア・リヴォヴァ=ベロワ氏とウクライナ議会人権委員のドミトロ・ルビネツ氏が関与した。 

カタールの救出活動 

2023 年には October 16, カタールは、キエフの要請を受けて、ウクライナ人の子供4人のロシアからの送還を初めて確保した。  

On November 19, カタールと国連の共同調停により、戦争中にロシアに連れて行かれたウクライナ人の孤児の十代、ボフダン・イェルモヒンがマリウポリから解放された。 

On 12月5日 カタールはさらに6人のウクライナ人の子供たちを家族と再会させた。 

2024 年には 2月19湾岸諸国は、ロシアで拘束されていた障害のある11人を含むウクライナ人の子供XNUMX人の釈放を仲介した。. 

月21上で、 カタールの子供たちと再会 彼らの家族とともに、ウクライナからベラルーシ経由でロシアへの安全な移動を促進しました。 

On 4月20, カタールは、紛争で引き離された人々を再会させるためのカタールの進行中の調停活動の一環として、20人の子供を含む37のウクライナ人とロシア人の家族がドーハに到着したと発表した。 

カタールは18月27日からXNUMX月XNUMX日まで家族を受け入れ、医療的、心理的支援を受けた。 

カタールとロシアの対ウクライナ戦争 

カタールはロシア・ウクライナ紛争の勃発以来、バランスの取れた外交政策を維持し、紛争終結に向けた対話の必要性を繰り返し訴えながら、双方と意思疎通を図ってきた。 

昨年7月、ドーハはこう誓った。 100万ドル カタールのシェイク・ムハンマド・ビン・アブドゥルラフマン・アル・サーニ首相兼外務大臣とウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領との会談中に、キエフへの支援を行った。 

シェイク・ムハンマド氏のウクライナ訪問は、22月XNUMX日にモスクワに立ち寄ってからXNUMXか月後に行われ、そこでロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と会談した。カタール当局者は、ウクライナの領土の尊厳と独立、さらには国連憲章を尊重するよう求めていた。 

2022年141月、カタールはロシアのウクライナからの「即時かつ完全な」撤退を求める国連決議に賛成票を投じたXNUMXカ国の中に含まれていた。 

経験豊富な調停者であるカタールは以前、ライバルであるロシアとウクライナ間の対話促進に寛容な姿勢を表明していた。 「尋ねられたら」 国際パートナーによる。 

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-