17.8 C
ブリュッセル
6月(土曜日)22、2024
機関国連ガザの惨状を説明するには「真新しい言葉」が必要、国連人道担当者が語る |

ガザの惨状を説明するには「真新しい言葉」が必要、国連人道担当者が語る |

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

「どこを見ても、どこに行っても、破壊があり、荒廃があり、損失があります」と国連人道問題事務所の二度目の派遣のため最近ガザに戻ったヤスミナ・ゲルダは語った。 国連人道問題調整事務所.

彼女は話しました 国連ニュース 以前はガザの他の地域での敵対行為から逃れてきた600,000万人以上のパレスチナ人のための避難所だったラファから。イスラエルによる同地での軍事作戦の開始により、わずかXNUMX週間でXNUMX万人以上が故郷を追われた。

ゲルダ女史は、ガザにおける計り知れない苦しみと治安の悪さ、援助と基本的なサービスの重大な欠如、そして「絶え間ない戦争の音」の中で活動する人道支援者が直面している困難について率直に語った。

2人の幼い男の子の母親である彼女はまた、紛争に動揺している世界中の人々に対し、「この悪夢を終わらせるために、私のレベルで今日何ができるだろうか?」と自問するよう呼び掛けた。

このインタビューは、明快さと長さのために編集されています。

ヤスミナ・ゲルダ: ガザのパレスチナ人が今日置かれている状況を適切に説明するには、全く新しい言葉を発明する必要があるだろう。どこを見ても、どこに行っても、破壊があり、荒廃があり、喪失があります。すべてが不足しています。痛みがあります。信じられないほどの苦しみがあるだけです。人々はかつて生活の場であったがれきや廃棄物の上で暮らしています。彼らはお腹が空いています。すべてがまったく手の届かないものになってしまいました。先日聞いたところによると、 卵は3個XNUMXドルで売られていましたが、 給料がなく、銀行口座にアクセスできなくなった人にとっては考えられないことです。

きれいな水へのアクセスは毎日の戦いです。着の身着のまま逃げなければならなかったために、多くの人が10か月間服を着替えることができませんでした。彼らにはXNUMX分の予告が与えられ、逃走しなければならなかった。 多くは6回、7回、8回、あるいはそれ以上の避難を経験している。

私が非常に印象に残っていることの一つは、何があっても前を向いて上を向き続けようとする人々の決意です。

最近キャンプの中を歩いていたところ、トイレのようなものを作るために破壊された建物からパイプやトイレのタンクをつかみ、スプーンで砂の中に間に合わせの浄化槽を掘り、トイレのようなものを作っている家族が何人かいた。水と衛生環境は非常に悲惨です。人道主義者は、 輸入は許可されていません 避難場所にトイレを建設するための物資も不足しているため、各家族は問題を解決するための独自の創造的な方法を見つけなければなりません。私は人道危機を何度か経験してきましたが、このような気概にはどこでも遭遇するものではありません。

ラファでの強制避難と軍事作戦は、すでに壊滅的な状況をさらに悪化させている。

国連ニュース: ラファにいるんですね。そこでの破壊のレベルはどの程度で、戦闘はどれくらい近いのでしょうか? 

ヤスミナ・ゲルダ: 私たちは現在ラファの西側に拠点を置いており、戦闘は主に東で行われており、破壊が起こっていると聞いています。私たちは偵察任務に出かけますが、それはもちろん非常に危険です。私たちの同僚の2人は今週初めに「偵察」任務に出かけましたが、残念なことに、 そのうちの1人は生きて出てこられず、もう1人は医学的に避難しなければならなかった。つまり、ラファで破壊が起こっているのです。私はまだ自分の目で直接見たことがありません。

私たちは、イスラエル人が攻撃している他の地域、つまりカーン・ユニス、デリ・アル・バラ、ガザ北部で何が起こったのかを見ることができました。私が言えることは、あちこちに瓦礫があるということです。 破壊のレベルは想像を絶する例外は、今も残っている建物を見つけることです。瓦礫の海が見えてきますが、時折、まだ残っている建物を見つけることもあります。

国連ニュース: 特に民間人が移動している間、困っている民間人に援助を届ける際に人道機関が直面している課題は何ですか?

ヤスミナ・ゲルダ: 私にとってガザへの派遣はこれで2回目です。私は4週間前にここに来ました、そして4週間後も すべてが変わった、 ガザへの出入りや物資の搬入方法なども含まれます。当時はラファがより安全な地域だったため、人口のほとんどはラファに住んでいました。しかし今では、当然のことながら、630,000日間で10万人が持ち物をすべて詰め込んで北または沿岸地域に向かっています。

激しい戦闘のため、状況は常に変化しています。対応における課題の 1 つは、何かを導入した瞬間、何かを知ったと思った瞬間に、すべてを変更してゼロから始めなければならないことです。したがって、これは非常に困難であり、応答が大幅に遅くなります。

2番目の問題は、正直に言って、ここにいるのは非常に危険であり、それが対応を本当に困難にしているということです。ガザには安全な場所はもう残っていない。

私の配備の最後の週に、 人道支援者の7人の同僚友人たちもイスラエルの空爆で死亡した。そして、私が2回目の派遣のために到着した日、再び2人の人道支援者が襲撃されました。私たちは常にあらゆる動作に注意を払う必要があります。私たちはあらゆる動きを交戦当事者に通知しなければなりません。私たちは書類の提出に何時間も費やし、検問所での待機に何時間も費やしますが、多くの場合それは無駄です。 私たちが計画したミッションの多くは促進されませんでした, なので実行できません。

それから、あなたが想像できる他のすべてのものがあります。電話とインターネットの接続が非常に悪いため、人道支援活動者間の調整が非常に困難になっています。ドローンや空爆など、戦争の音が絶え間なく聞こえてくるため、生活環境はストレスに満ちており、一部の地域では街路に遺体があり、尊厳ある埋葬を確実に行うためには撤去しなければなりません。

私たちは非常に難しいことをたくさん見ています。これは精神的にも感情的にも非常に困難であり、多くの援助従事者が疲れていると思います。また、これは非常に困難な対応であるため、対応に悪影響を及ぼしていると思います。しかし、最も最悪なのは、私たちが直面している問題とハードルです。

ガザに人員と物資を運ぶのがどれほど困難であるかは、本当に前例のないことです。 7月7日以降は常にそうだったが、援助のための主要な国境検問所であるラファ検問所が閉鎖されたXNUMX月XNUMX日以降、私たちの保管施設は破壊され、略奪されている。 ガザでは配布できるものはほとんど残っていない。そのため、ストリップに何かが入ってくるとすぐに、そしてそれは少しずつですが、配布のために外に出さなければなりませんが、もちろん、それだけでは十分ではありません。私たちは毎日非常に難しい選択を迫られており、最も弱い立場にある人々を優先しなければなりません。部分的な配給を届けなければなりません。そしてそれは正直、毎日とても心が痛むことです。

2024年XNUMX月、ガザのラファのビーチで海を眺めるXNUMX人の少年。

2024年XNUMX月、ガザのラファのビーチで海を眺めるXNUMX人の少年。

国連ニュース: 世界中の多くの人々が紛争と破壊に動揺しています。彼らへのメッセージは何ですか? 

ヤスミナ・ゲルダ: ここの人々は、世界がどうやってこのようなことが起こるのかを理解していません。私が初めてガザに入ったとき、保健省は約29,000万34,000人が殺害されたと報告していた。 XNUMX週間後に私が出発するまでに、その数は報告によるとXNUMX人に増加していた。私が計算したところ、これは XNUMX 時間あたり平均約 XNUMX 人が死亡しており、そのほとんどが女性と子供です。私達はことを知っています。私たちは遺体の身元を特定し始めており、それをそのまま放置しています。

私はラッキーです。私は 2 歳と 4 歳の 2 人の男の子の母親ですが、いつか彼らがどうしてこれを止められなかったのかと尋ねられるのではないかと心配しています。どうして世界は団結して怒りを大声で、そしてそれを止めるのに十分な大きさで声を上げなかったのだろうか?

私には答えがありません。私のメッセージは、人々は意思決定者に連絡を取る必要がある、ということだと思います。 国際法の尊重を要求する、最も基本的な人権と最も基本的な人間の尊厳が尊重されること。

私たちは多くを求めているわけではありません。この戦争は私たち全員にとって汚点であり、戦争を今すぐ止めるためにあらゆるレベルで努力するのは全員の責任であるため、すでに存在する法律が尊重されることだけを求めています。それが私のメッセージです。「この悪夢を終わらせるために、自分のレベルで今日何ができるだろうか?」と誰もが毎日自問することです。

 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-