17.5 C
ブリュッセル
6月(火曜日)18、2024
機関国連ガザに援助は入っていない、国連援助機関が発表

ガザに援助は入っていない、国連援助機関が発表

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

国連パレスチナ難民機関のスコット・アンダーソン氏は、「我々は何の援助も受けていない。通過地域は軍事作戦が継続しており、活発な戦闘地域である」と述べた。 UNRWA、Xの投稿で。」継続的な砲撃音が聞こえています 一日中このエリアで過ごします。ガザ地区には燃料も援助物資も入っておらず、これは人道的対応にとって悲惨なことだ。」

この開発は、次のような国際的な懸念が深まる中で行われた。 国連事務総長 先週末ハマスが主張した致命的なロケット攻撃を受けてケレム・シャローム交差点が閉鎖され、火曜日にはイスラエル軍がラファ交差点を占拠し、停戦の希望が打ち砕かれたラファでのイスラエルの本格的な軍事作戦についてだ。

強制避難

ガザ地区での燃料、食料、その他の基本的必需品の供給が減少していることへの懸念に加え、国連の人道支援団体は、イスラエルの避難命令によりラファの数万人が再び故郷を追われたと報告した。

「私たちは毎日避難生活を送っています。毎時間、私たちは避難を余儀なくされています」とラファ在住のサラー・ラジャブ・ガザンは語った。 話す 国連ニュース 飛び地の中。 「私たちは合意に達し、ガザ市に戻るだろうと予想していました。しかし、私たちが期待していたことは起こらず、その逆のことが起こりました。」

ガザには「未来はない」

現地のアラビア語特派員との別のインタビューで、ガザ北部のジャバリアキャンプの元居住者は、子どもたちの命を奪った7か月にわたる戦争後の疲労と喪失感について語った。

「寝るマットレスが見つからないんです」と彼は言った。 「以前は家と床がありました。ガザには生命が存在しないので、私は人生にうんざりしています。ガザには未来はない。」

グテーレス氏の懸念

戦争の終結とガザに残っているイスラエル人人質全員の解放を確実にするために、国連は アントニオ・グテーレス事務総長 火曜日遅くにイスラエル政府に対し、「いかなるエスカレーションも止め、進行中の外交交渉に建設的に取り組むよう」直接訴えた。

転記 国連事務総長は火曜日遅くのXで、ハマス指導者とイスラエルに「政治的勇気を示し」停戦を確保するよう呼び掛けると同時に、ラファでのイスラエル国防軍の新たな軍事活動に「動揺し、憂慮している」と述べた。

「1,100月7日のハマスのテロ攻撃で34,000人以上のイスラエル人が殺害され、ガザではXNUMX万XNUMX人以上のパレスチナ人が殺害された後、私たちは十分に見ていないだろうか?」グテーレス氏は尋ねた。

 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-