23.8 C
ブリュッセル
6月(日曜日)23、2024
機関国連ガザが危機に瀕しているため、人質交渉を再開する必要があると安全保障理事会が見解

ガザが危機に瀕しているため、人質交渉を再開する必要があると安全保障理事会が見解

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

国連の中東和平プロセス特別調整官トール・ウェンズランド氏は、エジプト、カタール、米国の支援を受けている重要な議論を継続する必要性を強調した。

交渉が再開されなければ、ラファで包囲され恐怖に怯えている民間人たち、想像を絶する環境で225日以上拘束されている人質たちにとって、最悪の事態が起きるのではないかと懸念している。、そしてガザ地区で今も瀬戸際に立たされている行き過ぎた人道活動に対しても」と彼は述べた。

「緊急の優先事項、命を救うこと」

ガザの他の場所から避難した1.2万人以上のパレスチナ人がラファに避難しており、 810,000万人が再び避難 6月XNUMX日にイスラエル軍による同地への攻撃が始まって以来。

「命を救い、ラファとガザのより広範な危機的ニーズに対処することが当面の優先事項であり続けなければならない」とウェネスランド氏は強調した。

「同時に、私たちは、これらの差し迫った脅威が、この紛争の解決と地域の長期的な平和と安定の見通しにもたらすリスクを見失ってはなりません。」

OCHAの業務局長エデム・ウォソルヌ氏が安全保障理事会で概要を説明。

「言葉が足りなくなった」

また、国連人道問題調整事務所の業務部長エデム・ウォソルヌ氏にも大使に説明を行った(国連人道問題調整事務所)、ラファとガザ地区全域の悲惨な人道状況を強調した。

率直に言って、ガザで何が起こっているかを説明するには言葉が足りません。。私たちはそれを大惨事、悪夢、この世の地獄のようなものだと表現しました。それはすべて、そしてさらに悪いことです」と彼女は言い、状況は日に日に悪化していると付け加えた。

ガザ保健省によると、これまでに35,000万79,000人以上が死亡、XNUMX万XNUMX人以上が負傷した。

「継続して提供することに尽力する」

ウォソルヌ氏は、国連と救援パートナーが「滞在し、支援を提供することに尽力している」と強調した。

彼女は、 浮きドック ただし、現在ラファ交差点が閉鎖されており、ケレム・シャロームとラファ経由のアクセスが制限されているため、 人道支援者には「意味のあるレベルの支援を提供するための」物資と燃料が不足している.

OCHA高官は、民間人、その住居、そして彼らが依存するインフラは保護されなければならず、ガザ内およびガザ内への援助物の迅速かつ妨げのない通過が促進されなければならないと繰り返した。

彼女はまた、特にパレスチナ難民を支援する国連機関に対する十分な資金の必要性を強調した(UNRWA)「私たちの援助活動の中心的な柱」。

「行動を起こさないことによる致命的な結果」

ウェンズランド氏は会見で、ガザの永続的な解決には「根本的に政治的」アプローチが必要だと強調した。

He パレスチナ新政府の重要性を強調したにはガザ出身の8人の閣僚が含まれており、ガザとヨルダン川西岸を政治的、経済的、行政的に統一する可能性がある。

国連高官はまた、国際社会に新政府を支援するよう促し、イスラエル・パレスチナ紛争を終結させ、二国家解決を達成するための実行可能な政治的枠組みを確立することが緊急であることを強調した。

私たちは毎日、怠慢がもたらす致命的な結果を目の当たりにしています。。今こそ、パレスチナ人、イスラエル人、そしてより広い地域にとってより良い未来のための基礎を築く時です。国連は今後もこうした取り組みをすべて支援していく」と締めくくった。

安全保障理事会に説明する特別調整官トール・ウェンズランド氏。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-