17.7 C
ブリュッセル
6月(火曜日)25、2024
ヨーロッパビョルン・ベルゲは宗教指導者が民主主義の柱であるとほのめかした

ビョルン・ベルゲは宗教指導者が民主主義の柱であるとほのめかした

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ベルリン。前回 14 年 2024 月 XNUMX 日ベルリンで開催された重要な会議で、欧州評議会副事務局長ビョルン・ベルゲは、欧州民主主義の活性化において宗教指導者が果たせる重要な役割について説得力のあるスピーチを行った。 「宗教指導者はヨーロッパ民主主義の再活性化にどのように貢献できるか」と題されたこの会議には、ヨーロッパ大陸全体での民主主義の後退という差し迫った問題に対処するために、さまざまな分野の主要人物が何人か集まったが、そうではないかなりの数の宗教が忘れられていた。代表される。

ベルジェ氏はスピーチの冒頭で、欧州における民主主義の衰退という憂慮すべきパターンを認識し、言語の自由に対する制限の増加やポピュリストと国家主義者の分裂的な影響について言及した。同氏は、民主主義の悪化が紛争をもたらしたロシアの例を指摘し、ウクライナとのこうした後退がもたらす深刻な結果を強調した。

「表現、結社、集会の自由がますます制限されており、民主主義の後退のレベルが私たちの大陸全体で観察されています」とベルヘ氏は、ヨーロッパでウクライナを支援し、民主主義を守るために来ることの重要性について述べた。

ベルゲ氏は、欧州評議会はレイキャビク・サミット中に、イニシアチブや新たな民主主義10原則の導入など、こうした展開に対処するための戦略の実施に積極的に関与していると述べた。同氏は、この取り組みにおいて指導者が果たす役割を強調した。 「今日の課題は、民主主義の後退と闘い、対話と妥協の精神を促進するよう宗教指導者にどのように要請できるかだ」とベルゲ氏は述べた。

ベルジェ氏が強調した宗教共同体は、時には会員に援助を提供したり、食糧配給、避難所、復興プログラムなどの地域サービスを管理したりすることで、社会の中で役割を果たしている。組織とのこうした協力的な取り組みは、コミュニティ内の団結を促進し、民主主義の原則を守るリーダーの能力を示しています。

「問題は、宗教間の対話が民主主義の活性化に役立つかどうかではなく、どのような方法で、どの問題に重点を置くかだ」とベルゲ氏は述べた。同氏は、さまざまな分野にわたる相互理解と協力を促進するために、異なる信仰間の会話に一般の人々を参加させるために、数字を超えた関与を求めた。

ベルジェ氏は、関係者や地域社会が団結した多様な民主主義の強化において主導的な役割を果たすよう激励し、演説を終えた。同首相はまた、この重要な対話を促進する上でイタリア当局と欧州評議会閣僚委員会のリヒテンシュタイン議長の支援に感謝の意を表明した。

「ヨーロッパの民主主義では、あらゆる信仰を持つ人々が、そしてそうでない人々も、思想、良心、宗教の自由の権利から恩恵を受けています。この自由は、信仰を持つ人々が団結し、私たちの民主主義そのものを守るためにその並外れたスキルと才能を発揮するための基礎となるべきである」とベルジェ氏は断言した。

この会議は、現在ヨーロッパに影響を与えている課題に取り組む上で宗教指導者が果たしている役割を証明するものとなる。会話が進むにつれて、これらのリーダーがどのようにステップアップし、大陸全体の価値観や制度の活性化に貢献するかを観察するのは興味深いでしょう。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-