16.9 C
ブリュッセル
6月(火曜日)18、2024
フランスの国立図書館は、19 世紀の XNUMX 冊の本を下に配置しました。

フランス国立図書館、19世紀の書籍XNUMX冊を「隔離」

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

AFP通信によると、フランス国立図書館は19世紀の書籍XNUMX冊を「隔離下」に置いた。

その理由は、カバーにヒ素が含まれているためです。

発見は約5年前に行われた。大学の科学者がカバーに含まれる化学元素を発見しました。

ドイツ系アメリカ人の研究プログラム「Poison Book Project」は、そのような出版物を扱っています。これまでに発見されたヒ素を含む本のほとんどは米国にあります。

フランス国立図書館は、他国の特定された書籍をタイトルごとのカタログと比較しました。分析の結果、最初に選択された 28 冊のうち、十分な量の有毒元素が含まれているのは XNUMX 冊だけであることが判明しました。

これらの版は隔離されており、各版に含まれるヒ素の量を決定するために包括的な実験室分析が行われると文化機関は声明で述べた。

表紙にヒ素が含まれている4冊の本は英国で印刷された。これらは、1855 年にエドワード ヘイズによって収集されたアイルランドのバラード 1856 巻、1862 年に出版されたルーマニアの詩のバイリンガル詩集、および 1863 年から 1790 年にかけて英国王立園芸協会が収集した科学的著作です。 1880年からXNUMX年にかけて表紙に使用されたシュヴァインフルトグリーンにはヒ素が含まれている。この色は英語圏とドイツで使用され、フランスではほとんど使用されませんでした。

理論的には、この本の読者が病気になったり嘔吐したりする可能性があります。国立図書館はAFPに対し、リスクは最小限であると発表した。近年、このようなカバーによる中毒は世界中で見つかっていません。

ドイツの図書館は3月、毒入りの表紙が発見された可能性を狙って所蔵品の捜索を開始した。数十の分析が行われました。 AFP通信によると、結果はまだ発表されていない。

スージー・ヘイゼルウッドによるイラスト写真: https://www.pexels.com/photo/four-pile-of-books-on-top-of-brown-wooden-surface-1290828/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-