15.7 C
ブリュッセル
6月(土曜日)22、2024
人権ミャンマー:国連人権事務所、ラカイン州の危機拡大を警告

ミャンマー:国連人権事務所、ラカイン州の危機拡大を警告

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

ミャンマー軍と民族武装組織アラカン軍の間で激しい戦闘が激化し、ここ数日ブティダウン郡とマウンドー郡で数万人が避難している。

推定45,000万XNUMX人のロヒンギャが、保護を求めてバングラデシュとの国境近くのナフ川沿いの地域に避難していると伝えられている。粛清を逃れてすでにXNUMX万人以上のロヒンギャがこの国に入国している。

深刻な申し立て 

国連人権事務所、 OHCHR、受け取った 「恐ろしく不安な報告」 報道官のリズ・スロッセル氏は紛争の影響について語った。

「最も深刻な容疑のいくつかは、ロヒンギャ民間人の殺害と財産の放火に関するものです」と彼女はジュネーブで記者団に語った。

OHCHRは、証言、衛星画像、オンラインビデオを引用し、ブティダウンの大部分が焼失したと述べた。

入手した情報によると、放火は軍が町から撤退した17月XNUMX日に始まり、アラカン軍が完全に制圧したと主張した。

民間人がブティダウンから逃亡 

「生存者の一人は、町から逃げる際に数十人の死体を見たと言っています」とOHCHRミャンマーチームリーダーのジェームス・ロデハーバー氏はバンコクから語った。

「別の生存者は、自分はマウンドーに向かう西側道路沿いの安全な場所へ町の外へ移動しようとした数万人に及ぶ避難民のグループの一人だったと語った。しかし、彼らはその方向に進むことをアラカン軍によって阻止されました。」 

生存者らは、彼らが近隣の他のロヒンギャ村に移動する際に、アラカン軍が彼らを虐待し、金銭を脅し取ったと報告した。そこでは、以前の攻撃ですでに避難を余儀なくされたロヒンギャ人たちが以前に避難所を求めていた。 

これらの地域のロヒンギャは数週間にわたり、知らない家族のもとで避難し、十分な食事も得られないと語っている。

銃撃、斬首、失踪 

OHCHRは、ブティダウン焼き討ちに至るまでの数週間に、アラカン軍とミャンマー軍であるタトマドーの両方によるロヒンギャに対する新たな攻撃を記録した。 

「もちろん、これらの多くは軍による空爆や、無人航空機やドローンによるその他の攻撃の結果によるものです」とロードハーバー氏は述べた。

「武器を持たずに逃げる村人たちを銃撃したという報告も受けています。私たちは少なくとも4件の斬首事件と複数の強制失踪、さらにいくつかの村や家が放火されたことを確認した。」 

拡大のリスク 

OHCHRは「隣接するマウンドーの町をめぐる戦いが始まっており、暴力が深刻に拡大する明らかかつ現在のリスク」があると見ているとスロッセル氏は語った。 

ミャンマー軍は町に前哨基地を維持しており、安全を求めて村から移住してきた数百人の避難民ロヒンギャを含む大規模なロヒンギャコミュニティがそこに住んでいる。 

暴力を終わらせる 

彼女は、フォルカー・テュルク国連人権高等弁務官が暴力の即時停止と、すべての民間人が身分に基づく差別なく保護されるよう求めていると述べた。

「迅速かつ妨げのない人道的救援が許可されなければならず、すべての当事者は、すでに命令された措置を含む国際法を完全かつ無条件に遵守しなければならない」 国際司法裁判所 (ICJ)、ロヒンギャの保護のために」と彼女は付け加えた。

国際的な行動が必要 

これとは別に、ミャンマーの人権状況に関する国連特別報告者 警告 「国際社会がラカイン州で再びロヒンギャの流血事件が起こるという不気味な兆候に対応できなければ、何千人もの罪のない命が失われるだろう。」

木曜日に発表された声明の中で、トム・アンドリュース氏は「ミャンマーのラカイン州で憎悪に基づく不自然な災害がリアルタイムで展開する中、世界は再び、危機に瀕している絶望的な人々を裏切っているようだ」と述べた。 

明らかになった情報は国際社会の即時反応を「正当化する以上のもの」であると同氏は付け加えた。

アンドリュース氏は、宗教や民族に関係なく、国際人道法を遵守し、民間人を保護するためにあらゆる措置を講じるようすべての側に要請した。  

バングラデシュのバサン・チャールで国連の支援を受けるミャンマーからのロヒンギャ難民。

バングラデシュを支援する 

2017年の弾圧後にバングラデシュがロヒンギャに国境を開放し、数え切れないほどの命を救ったことを思い出し、改めてこの寛大さが強制避難に直面した彼らの唯一の希望になるかもしれないと述べた。 

しかし同氏は、バングラデシュには国際社会の緊急介入と支援がなければこの危機の要求に応える能力がないと警告した。 

「配給削減、不十分なインフラ、激化する暴力、そしてロヒンギャ武装勢力による強制徴用の報告により、バングラデシュのロヒンギャ難民の生命と福祉が脅かされている」と同氏は述べた。

同氏は、紛争から逃れる絶望的な家族を支援し、ロヒンギャ難民キャンプの現状に対処するための「緊急資金注入」を訴えた。

国連特別報告者について 

特別報告者は国連によって任命されます 人権理事会、ジュネーブにあります。 

これらの専門家は、世界中の特定の国の状況やテーマ別の問題を監視し、報告します。彼らは国連職員ではないので、その仕事に対して給料は支払われません。 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-