20.7 C
ブリュッセル
6月(月曜日)24、2024
環境欧州の事実確認機関が気候偽情報データベースを立ち上げる

欧州の事実確認機関が気候偽情報データベースを立ち上げる

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

22 年 2024 月 XNUMX 日 – 欧州ファクトチェック基準ネットワークは、参加メンバー組織と協力して、 気候事実ヨーロッパデータベース、欧州気候財団の支援を受けています。このプロジェクトの目標は、検証された気候情報へのアクセスを促進しながら、気候に関する偽情報の検出と誤りを暴くための国境を越えた協力を強化することです。

気候に関する事実 ヨーロッパ

Climate Facts Europe は多面的なプロジェクトです。 公開データベース 欧州の国民が気候に関する偽情報に関する事実確認を閲覧できるようにする。このプロジェクトはまた、国境を越えたウイルス性の気候に関する偽情報キャンペーンやナラティブについて、参加する事実確認組織と欧州気候財団に警告を発するための警報システムも確立します。

さらに、参加メンバーの中から選ばれた7つの組織が、国境を越えたデータを使用して4つの長い形式の報告書を作成し、気候関連のさまざまなトピックをカバーする月に1回程度公開する予定です。

「私たちはここ数カ月間、気候関連の偽情報が欧州選挙に向けた主要なトピックの1つであり、政治論争だけでなく、公衆衛生や市民的自由などの別個の問題に関する会話にも影響を与えていることをすでに目にしてきました。気候に関する事実を踏まえて ヨーロッパ 私たちはこの現象を徹底的に分析し、新たな虚偽の物語を発見したときに警報を鳴らすことができるでしょう」と EFCSN 統治体の委員長であるカルロス・エルナンデス・エチェバリアは述べた。

それまでの間、 EFCSNのニュースレターでは、データベースの助けを借りて特定され、誤りであることが暴かれた気候に関する偽情報の物語を共有します。

共同プロジェクト

Climate Facts Europe は、European Fact-Checking Standards Network とその参加メンバー組織の共同プロジェクトであり、 ヨーロッパ気候基金.

データベースには次の方法でアクセスできます。 気候ファクト.efcsn.com.

European Fact-Checking Standards Network は、欧州独立ファクトチェック機関基準規定に概説されている独立性、透明性、ジャーナリズムの質の基準に取り組むファクトチェック機関の協会です。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-