14.9 C
ブリュッセル
6月(日曜日)16、2024
機関国連ラファの患者は「サービスを求めることを恐れている」とWHOが報告

ラファの患者は「サービスを求めることを恐れている」とWHOが報告

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

同氏は、現在の状況は「前例のない緊急レベル」に達しており、イスラエルによる最近の避難命令により数万人が避難を余儀なくされていると述べた。

緊急事態対応の一環として、 とパートナーは、野戦病院を設立し、基本的な医療サービスの再確立を目的として、主要な紹介病院として使用されるカーンユニスのナセル医療複合施設の修復を支援してきました。 

「私たちはデリ・アル・バラに大規模な倉庫を設置し、カーンユニス、中部地域、ガザ北部への物資の迅速なアクセスと移動を確保するために、物資の大部分を移動させました」と彼は付け加えた。 

病院はすでに「過負荷」になっている

ラファでは現在、エミラティ産科病院を含む 3 つの病院が運営されており、WHO は過去数週間にわたり、医療物資の面で十分な準備と支援が行われていることを確認してきました。 

ダヒル医師は、病院はすでに「患者でいっぱい」であり、最近の開発がアクセスに影響を与えていると述べた。同氏は、100人以上の患者に透析サービスを提供するアル・ナジャール病院の例を挙げた。 

「残念ながら、この病院はイスラエル政府が避難を命じた街区の中にあるため、患者はサービスを求めることを恐れている」と同氏は語った。 

「この病院に入院している患者さんの中にも、転院する患者さんがたくさんいると聞いています。」

同氏は、WHOは常に病院の保護を主張してきたことを強調した。 

「私たちは病院間の紹介経路について明確なメカニズムを設定しましたが、病院にアクセスできない場合に備えて、他の代替手段は何でしょうか?それが、私たちがカーンユニスのナセル医療複合施設の修復を支援してきた理由です。」 

妊婦と新生児の状況について尋ねられたダヒル医師は、エミラティ産科病院はガザ全土でこの種の重要な施設の一つであり、毎月100人以上の赤ちゃんを出産していると述べた。

「私たちは病院が満員であることを確認してきました。そして、私たちがアクセスできなくなった場合には、妊娠中の母親を、例えばアル・マワシ地域の野戦病院やナセル医療複合施設に紹介することができるでしょう」と彼は述べた。   

燃料切れ 

一方、ガザでの人道支援活動に不可欠な燃料は「明日」には枯渇する可能性があり、一部の食料備蓄は今週末までしか持たない可能性があると、同地域の国連援助高官が火曜日に述べた。 

アンドレア・デ・ドメニコ国連人道問題局長はこう語る。 国連人道問題調整事務所パレスチナ占領地では、エジプトとのラファ国境が閉鎖されたことで燃料へのアクセスが遮断され、重要な救援物資の搬入に影響が生じ、援助従事者の移動が抑制されていると述べた。 

エルサレムから講演したデ・ドメニコ氏は、人道支援活動家が通常30,000日200,000万リットルを使用するディーゼル燃料が約XNUMX万リットルしかないため、燃料不足が特に懸念されていると述べた。 

健康、水、コミュニケーションが優先され、スタッフの安全な移動のための緊急事態として燃料の一部が確保されています。  

「これにより、明日の時点では基本的に燃料がなくなるでしょう」と彼は言いました。 

イスラエル側は、より多くの燃料を搬入する方法を検討中であり、明日にはそれを組織できることを期待していると保証している。様子を見よう」と彼は付け加え、「ラファが軍事作戦の最中に捕まった場合」配給も困難になると指摘した。 

影響を受ける通信ネットワーク 

デ・ドメニコ氏は、通信会社はネットワークを維持するために必要な毎日の燃料を受け取ることができないと説明した。 

「これは、数日後には人々が情報にアクセスできなくなり、人々のニーズを理解するための情報を収集できなくなることを意味します。 家族が離ればなれになると、避難中につながることができなくなる"。 

同氏は、ガザ住民の75パーセント以上が避難を余儀なくされており、「今後は、減り続ける土地に留まらざるを得ないかもしれない」と回想した。

避難所の不足

人々はトイレ、給水所、適切な排水設備、避難所のない場所に移動しています。 

「物資の搬入や、人々が集中している場所に物資を輸送するための燃料がなければ、既存の避難場所と新たな避難場所の状況を改善することは不可能だ」と同氏は述べた。 

一方、 避難所分野で活動する援助パートナーはテントを約 1,500 個しか持っていない。同氏は、ガザではテントが不足していることと、家屋が破損または破壊されている割合が高いことから、ラファを離れた避難民は他の避難所の選択肢を探すことを余儀なくされていると述べた。 

「彼らは防水シート、ロープ、プラスチックシェルター、釘などのシェルター資材を必要としていますが、それらの道具はガザでは入手できません。そして、これらの人たちを呼び込む人道支援がなければ、私たちは彼らを支援することはできません。」 

食料在庫は減少する 

さらに、多くの倉庫が戦闘の影響を受けたラファ州の地域にあるため、南部のほとんどの食料流通は月曜日から停止されている。さらに同氏は、ほとんどの援助パートナーが今週末までにワディ・ガザ以南の人々を支援するための食料を使い果たす可能性があると推定した。 

人道支援活動家らは、残りの物資を輸送するための燃料も不足している 世界食糧計画が支援する家庭と16のパン屋に配布される(WFP). 

軍事作戦が続けば、ラファに残る1.2つの病院が運営不能となり、XNUMX万人が治療を受けられなくなるため、窮地に陥っている医療セクターにも影響が出るだろう。 

水と廃棄物の管理 

デ・ドメニコ氏はさらに、「明日燃料がなければ、北部では主要な水生産が停止され、全人口が飲料水にアクセスできなくなるだろう」と警告した。 

今後数日中に南部と中部の県にも同様のことが適用され、1.9万人に影響が出る見通しだ。 

固形廃棄物の収集という「大きな問題」もあり、これも燃料供給に依存しており、南部の収集場所はすでに削減されている。   

「私たちは、1,400 日あたり XNUMX トンの廃棄物が発生し、街路全体に蓄積されると推定しています。そして、すべてのゴミを配達して投棄できる埋め立て地にまだアクセスできないため、これはすでに大きな課題でした。」と彼は言いました。 

同氏は、東ラファの下水ポンプ場は軍事作戦によりすでに稼働を停止しており、80,000万人に影響が出ていると付け加えた。 

付き添いのないお子様への配慮 

国連機関は火曜日に デ・ドメニコ氏は、子供だけでなく女性や少女の窮状を強調し、同伴者のいない未成年者や別居中の未成年者の問題にも焦点を当てた。 

同氏は、彼らの数は「急速に増加するだろうが、ラファの状況がさらなる軍事作戦によって進展すれば、彼らに基本的な支援を提供する我々の能力は大幅に低下するだろう」と述べた。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-