18.9 C
ブリュッセル
6月(日曜日)16、2024
健康リア・カーリ、精神医学について語る:「子供はベッドに縛り付けられている、たとえそれが目的であっても...

リア・カリ、精神医学について語る:「たとえ10分間であっても、子供がベッドに縛り付けられているのは…拷問だ」

リア・カーリーの「UCA」、思春期の精神医学の暗い側面を明らかにするメロディー

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

リア・カーリーの「UCA」、思春期の精神医学の暗い側面を明らかにするメロディー

1年前にリリースされたとき、多くの人の共感を呼びました。この曲は精神科施設にはびこる欠陥や虐待に光を当てており、聴衆と批評家の両方から注目を集めている。最近、 リア・カリ Antena 3TV のスペインの人気テレビ番組「エル ホルミゲロ」で、この曲の背景にある彼女の旅路を共有し、そこで彼女は自分の音楽にインスピレーションを与えた個人的な葛藤について明かしました。

「UCA」は単なる音楽作品以上の役割を果たしており、真の支援と思いやりを提供できず、代わりに抑圧と残虐行為を永続させるシステムに囚われた少女が直面する課題を力強く証明するものとなっている。この曲は、急速に暴力に発展する家族関係の混乱の物語を掘り下げており、リア・カリは避難所を求め、最終的には自暴自棄になって思春期の精神病院に閉じ込められることになる。

精神科センターでの生活は拷問のようだった、リア・カリ氏は語る

』に出演した際に、蟻塚」 リア・カリさんは、治療の名目で自由と自主性がどのように剥奪されたかを語った。彼女はUCAの状況を絵に描いた。若者たちはしばしば大量の薬を投与され、隔離されており、患者というよりも囚人に似ている。この曲は、彼女がどのようにして診断もなしに薬を服用させられたのかについて語り、共感やケアの欠如が彼女と同様の状況にある他の若者たちの苦しみを悪化させたということを強調している。

ショーマンのパブロ・モトスはリア・カリに「人生はどんな感じだった?」と尋ねた。彼に聞いたことはありません…。すでに付き合っている人とは一度も付き合ったことがない…。そこでの生活はどんな感じでしたか?」

するとリアはきっぱりとこう答えた。つまり…突然…その時、あなたはそれに気づきました、そしてそれが私が…この曲をリリースしたいかどうか自問したとき、そうしたのは、まだその曲を扱っている人々と話したからだと気づきました。センターで、同じ行為が今でも行われていることを誰が知っていたでしょうか。それは究極的には拷問であり、1週間同じように人々をベッドに縛り付けるというものです。

カーリー氏は、一部の青少年危機病棟で今も続いている非人道的で品位を傷つける行為について説明し、そこでは若者がベッドに縛り付けられ、過剰な薬を投与され、人間との接触や基本的な理解が剥奪されており、これは拷問に等しいと彼女は述べた。

「あなたは病気の人を癒して助けようとしているのに、彼女が必要としているのはクソみたいな抱擁であり、彼女に肉体的な接触や誰とも話すことを許さず、あなたの解決策は薬を投与することだと私に言うつもりですか?」自分が何者であるかさえ分からなくなるまで、診断を気にせずにベッドに縛り付けるのですか?スペインでは、迷​​惑な人に対して私たちが何をしているかというと、彼らを眠らせているという大きな問題があると思います。彼らは気にしません。」リア・カーリは言った。

彼女は続けてこう述べた。「ですから、今日でも同様の拷問、ヨーロッパでも禁止されている拷問、例えば身体を拘束するような拷問を経験しなければならない親戚がいる人々がいることを恥ずかしく思い、とても悲しく思います。」ヨーロッパの多くの地域ではベッドは拷問として理解されているため禁止されており、それが実際の行為です。つまり、子供を産むのは、たとえ子供がベッドに縛り付けられていたとしても、それが1時間だろうが10分だろうが、関係ありません、それは拷問です。それは子供です…神様のために!」

『UCA』でのリア・カリの衝撃的なストーリーは、社会の道徳についての議論を引き起こした 精神科治療 青少年のための施設であり、これらの施設内の変革が緊急に必要とされています。歌手は彼女が受けた肉体的、精神的被害を批判するだけでなく、保護と癒しを提供するはずの個人による無関心と組織的虐待も非難している。

リア・カリの「エル・ホルミゲロ」への出演は、彼女の個人的な旅路を共有するのに役立っただけでなく、この曲のメッセージを増幅させ、多くの思春期の危機ユニットが直面している現実を知らなかったかもしれない聴衆や、それに苦しみ、そう考えていた聴衆の共感を呼んだ。 「普通だった」、あるいはただ声をあげる力がなかっただけだ。自分の体験を共有する彼女の勇気は、変化を要求するための一歩として賞賛され、メンタルヘルス分野における不正義や拷問に対して他の人が声を上げ、行動を起こすよう動機づけています。

精神科、患者を「犬のように」扱う

「私が発見したのは、そこにいたサイコパスの集団で、彼らはおそらく薄給だったが、私たちを文字通り犬であるかのように扱っていました。そして、サンボイのUCAでは、私はそれを言います、そして、まあ、楽しんでさえいますが、私にとって最も困難だったのは、私がそこに1週間いると言うことでした。なぜなら、その週の後、彼らは私がそこにいる必要がないことに気づいたからです。私がそこにたどり着いたのは、全く意味不明な出来事があったからでした。医師は、家で私に何が起こっているのか、そしてなぜ私がその瞬間にこのような状態になったのかを立ち止まって見る気はなく、私をある場所に送りました。私の居場所ではなかった場所。」

精神病院ではよくある行為として非難されている行為を証拠として、リアさんは「診断もなしに投薬を受けていたんですよね?つまり、それはとてもクレイジーで、私はすべてを知っていて、「どうしてここには、誰かを拘束して[床]に投げるのを見て楽しんでいるような精神異常者がいるのですか?」と思いました。病院職員が患者の胸に膝を当てていたときのことを話して、「ああ、これは私に起こりました。そして顔も覚えています。私の心には、あの子供の顔が刻まれています。それを楽しんで、「ロコ、おい、うちには本物のサイコパスがいるよ」と言っていたあの半笑い。なぜスペインにはもっと大きな規制がないのでしょうか?くそー、彼らは我々の人間だ、わかるか?彼らも人間です。彼らは感じる人であり、愛する人であり、時には人生がうまくいく人でもあります。場合によっては、彼らはこのように生まれただけで、異なっていることもあります。そして、これに値する人は誰もいないと思います。願わくば、あなたの家族の誰にもそんなことが起こらないことを願っています、いや、うまくいけば、そしてうまくいけば、状況は変わります。そして私が今ここで言っているのは、明日には人々が文字通り虐待されているクソみたいなセンターがもっと統制されることを願っているのです。」

『UCA』 リア・カリ それは歌であることを超え、社会の最も暗い真実に対処して共感を呼び起こすという芸術の役割があることを強調し、変化を引き起こす呼びかけとして機能します。若い声がしばしば無視されたり、沈黙されたりする世界において、リア・カリは、他の人たちと並んで自分の声が確実に認められる強力な手段を見つけた。

リア カリについて

彼女のサイトによると エージェント:

リア・カリ 初めて音楽に出会ったのは家の中で、まだ 16 歳だったとき、彼女は自転車に乗って家の渋滞を乗り越えました。 バルセロナ。そこで彼女は市内の多くのミュージシャンやアーティストと友達になり、レゲエ、ジャズ、ソウル、ラップと対話し始めました。それ以来、彼女は歌をやめることはありませんでした。リアは、ジャムからバルセロナの他のライブステージに飛び込み、次のような多くのプロジェクトを実行しました。 エイミー·ワインハウス 彼女が率いたトリビュート。こうして彼女は、ステージに対する自分の愛が一目惚れ以上のものであることに気づきました。ステージこそが彼女の居場所なのです。最終的に、彼女は他人の歌を歌うことに飽きて、自分の曲を書き始め、その中に癒しを発見しました。リア・カリは、日々つまずき、転ぶ日々を綴ったオリジナル・サウンドトラックを書き、2022年に最初のシングルをリリースし、急速に広まり、音楽プラットフォームで何百万ものストリームと再生回数に達しました。 TikTok。 2023 年 XNUMX 月に彼女は最初のアルバムを発売します 「コントラ・トド・プロノスティコ」、そこで彼女は、スペインのアーバンシーンやラップシーンの本当の人物とのフィーチャーをまとめています。 トニ・アンジス、アクシオン・サンチェス、J・アベシア、ザトゥ・レイ から SFDK そして尊敬されるトップでさえも コロンビアのラッパー、ナンパ・バシコリア・カリ 彼女は今日、シーンで最も求められている声であり、デビューアルバムで彼女は何よりも一つのことを明らかにしています:どのレーベルも彼女には及ばないということです!」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-