18.9 C
ブリュッセル
6月(日曜日)16、2024
ヨーロッパルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃(II):ヨガセンターの事実確認...

ルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃(II):フランスのブティエでの運営の事実確認

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

存在しないMISA被害者の捜索に警察を不当に投入

28年2023月6日午前175時過ぎ、黒いマスク、ヘルメット、防弾チョッキを着た約XNUMX人の警察官からなるSWATチームが半自動小銃を振り回しながら、パリとその近郊だけでなくニースにもあるXNUMXつの別々の家とアパートに同時に降下した。

ブティエにあるヨガ実践者のためのスピリチュアルな隠れ家センター
ブティエにあるヨガ実践者のためのスピリチュアルな隠れ家センター

捜索されたこれらの場所は、ルーマニアのMISAヨガスクールと関係のあるヨガ実践者らによる精神的なリトリートに使用されていた。その運命の朝、彼らのほとんどはまだベッドにおり、非常に大きな音と叫び声で目が覚めました。

警察の最初の目的は、組織化されたギャングによる「人身売買」、「強制監禁」、「弱みの濫用」の容疑者を特定し、逮捕し、拘留し、起訴することであった。 2 番目の目標は、証拠の要素として被害者の申告を入手することでした。

ブティエ(パリ地方)では襲撃当時、女性20人、男性15人の計5人が避難していた。彼らには、エンジニア、デザイナー、教師、心理学者、心理学の学生、文献学者、社会学者、医師、俳優などが含まれていました。彼らはブカレスト、クルージュ・ナポカ、キシナウ(モルドバ)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)の高校、社会学、心理学、電子工学、数学、IT科学の学部を卒業していた。

Human Rights Without Frontiers 住民の一人、ルーマニアでハタヨガ、チベットヨガ、その他のヨガを32年間実践してきた正統派女性、SCさん(*)にインタビューしました。彼女はパリで別の用事があったボーイフレンドの車でヤシからブティエに来ていた。二人とも、数年前にすでに数週間を過ごしたそのリトリートセンターを知っていました。広くて快適、設備も整っていました。

MISA FRANCE Buthiers02 ルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃(II):フランス、ブティエでの活動の事実確認
ブティエのヨガ実践者のための居住空間

インタビュー

Q.: 28年2023月XNUMX日の早朝、ブティエのスピリチュアル・リトリート・センターで何が起きましたか?

A.: 突然大きな騒音と叫び声で目が覚めました。外はまだ暗く、窓の外を見ると懐中電灯の光だけが見えました。人々が叫んだり、走ったり、家の周りの物を激しくぶつけたりするのが聞こえました。

最初は何が起こっているのかすら分かりませんでした。悪党の一団が家に侵入して、私たちを殺そうとしているのではないかと思いました。この最初の恐ろしい考えの直後、私は叫び声の中のいくつかの単語を理解し始め、それが実際にフランス警察による強制捜査であることに気づきました。

その瞬間、私はこのような残忍で予期せぬ行為がなぜ行われたのか疑問に思い始めました。この家には、リラクゼーションの実践や素晴らしい自然環境の中での散歩を通じて回復するためにスピリチュアル・リトリート・センターに来た平和的な人々だけがいた。

MISA FRANCE Buthiers03 ルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃(II):フランス、ブティエでの活動の事実確認

警察は、家の鍵を使って静かにドアを開けるという宿泊客の提案を無視して、建物の玄関ドアやさまざまな敷地を破城槌で破壊し、多大な被害をもたらした。

数人の男女が暴力的に地面に押さえつけられ、抵抗する素振りも見られなかったにもかかわらず、後ろ手に手錠をかけられた。

約3時間後、私たちは尋問のために別の場所に連れて行かれ、リトリートセンターに戻ることは許されないため、急いで荷物をすべてまとめるように言われました。

警察は私たちが荷物の中に入れていたもの、つまり衣服、下着、ノートなどを徹底的に検査しました。私たちの個人用電子機器は、何の罪状についても告げられなかったにもかかわらず、「証拠」という理由で押収されました。私たちは薬も含め、多くの私物を残さなければなりませんでした。食べ物や水の持ち込みは禁止でしたが、ボトル1本だけは持っていました。

Q.: どこに連れて行かれ、そこで何が起こったのですか?

A.: 私たちはバスでカンヌ=エクリューズにある警察学校本部に送られ、会議室に集まりました。襲撃開始からすでに8時間が経過していた。女性警察官の一人が初めて、強制捜査の理由と、私たちが人身売買、自由の剥奪、性的虐待の被害者である可能性があると考えられているという事実を語った。 

私たちは皆、そのような説明を聞いて非常に驚いていました。私たちは、フランスで私たちの自由を奪ったのは身分証明書と個人の携帯電話を押収した警察だけだと答えました。

私たちのほとんどは依然として感情的なショック状態にあり、展開されたすべての出来事に恐怖し、トラウマを抱えていました。私たちは何度か弁護士の協力を求めましたが、私たちの立場がそれを許さないという理由で依頼は拒否されました。彼らは、私たちを最長96時間監禁するという圧力(「ガルド・ア・ヴュ」の法定期間、自由の剥奪)を含め、さまざまな方法で私たちに「話を」させようとした。

私は弁護士を雇わず、その出来事による精神的なショックがまだ残っていたため、いかなる質問にも答えることを拒否しました。

MISA FRANCE Buthiers04 ルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃(II):フランス、ブティエでの活動の事実確認

また、人身売買や性的虐待の被害者を支援する団体の代表者と話をするよう提案されましたが、私は被害者ではないため断りました。

彼らは私たちが被害者であり、彼らが私たちを救出したと言い続けましたが、これはカフカ的な状況であり、死の本当の対話でした。私たちはフランスに人身売買されておらず、MISAの被害者でもなかったので、救出される必要もありませんでした。

Q.: 最終的にはどのような状況で釈放されましたか?

A.: 約 2 ~ 3 時間後に身分証明書を返してもらいましたが、私物は返してもらえませんでした。私は彼らが押収した私物リストのコピーを取得しませんでしたし、報告書や宣言書にも署名しませんでした。私は警察大学校の広大な敷地の門まで案内され、地元のバス停を案内されただけだった。

基本的に私は異国の路上で、どこにあるのかさえ知らない町に置き去りにされました。ブティエのMISAセンターは封鎖されていたため、戻ることはできませんでした。私の携帯電話は捜査のために押収され、誰にも助けを求めることができず、所持金はなく、少額の銀行カードがあるだけでした。

寒い中路上で数時間過ごした後、友人の一人が友人の電話番号を思い出し、路上の誰かに電話して助けを求めるように頼みました。さらに数時間後、私たちをもてなしてルーマニアに戻るのを手伝ってくれたその人に連絡しました。

Q.: 将来またフランスに旅行することについてはどうですか?

A.: 二度とありません。その経験から5か月が経ちましたが、私はまだ精神的に脆弱です。映画でエッフェル塔の写真を見たり、突然大きな音を聞いたりすると、震え始めます。心的外傷後症候群のようなものです。それを取り除くには時間がかかります。

いくつかのコメント

フランス全土のヨガセンターに対して、これほど大規模なSWAT(175人の重武装警官)による一斉襲撃がどのような根拠で行われたのか、疑問に思う人もいるだろう。もしその場所が警察の事前の厳重な監視下にあったなら、危険人物、武器、麻薬に直面することは予想できなかったようだ。

住民が玄関や他のドアを損傷なく安全に開けるために鍵を提供しているのに、なぜ破壊用の破城槌が使用されたのか疑問に思う人もいるだろう。

何人かのヨガ実践者が、逮捕された際に何の抵抗も示さなかったにもかかわらず、なぜ、どのような根拠で手錠をかけられたのか不思議に思う人もいるだろう。

なぜフランス弁護士の援助を拒否されたのか不思議に思う人もいるだろう。

強制捜査から5か月以上経っても、なぜルーマニアのヨガ実践者たちはフランス警察や検察から何の連絡も受けておらず、電話やその他の押収した所持品も戻ってこないのはなぜなのか不思議に思う人もいるだろう。

6人が公判前拘留され(何人かは5か月経っても拘留されていた)、取り調べを受けた数十人のヨガ実践者のうち誰からも告訴が提出されなかったこの事件を、フランス当局がどのように進めるのか疑問に思う人もいるだろう。

(*) インタビュー対象者のプライバシーを尊重するため、私たちは彼女のイニシャルのみを掲載しますが、フルネームと連絡先データは把握しています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-