13.4 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
機関国連世界ニュース概要: ハイチの人権、東の攻撃で750,000万人が打撃…

世界ニュース概要: ハイチの人権、東アフリカの洪水で750,000万人が被害、ナミビアの健康マイルストーン

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

専門家 詳細な 今年、首都ポルトープランスやギャング支配下のその他の地域全体に混乱をもたらした暴力と不法行為の広範囲にわたる影響。

「ハイチでの暴力の勃発により、生計手段の喪失と食料不安、広範囲にわたる複数の避難民、教育の崩壊、医療やその他の不可欠なサービスの崩壊が生じている」と彼らは述べた。

  人権理事会任命された専門家らはまた、報復や経済崩壊への恐怖から司法へのアクセスがほぼ完全に欠如していると指摘した。

「恐怖を植え付ける戦術」

特に憂慮すべきは、恐怖を植え付け、領土を支配し、金銭をゆすり取り、コミュニティを罰するための戦術として使用される、犯罪組織による性暴力の使用です。 

「不十分で不安定な避難場所で暮らす国内避難民の女性と少女は、特に性暴力の被害を受けやすい」と彼らは述べ、性的搾取や性奴隷制を目的とした人身売買の急増について警告した。

彼らはまた、ハイチ当局が弱い立場にある人々を保護できていないことや、ギャングの活動に「積極的に加担」していることにも懸念を表明した。 

専門家らは「ハイチは人権尊重、透明性、説明責任の原則に基づく民主的かつ憲法による統治に戻らなければならない」と主張した。

国連や各国政府から独立して個人の立場で活動する専門家らは、犯罪組織に対し、あらゆる形態のジェンダーに基づく暴力を即時停止するよう求めた。

致命的な雨が東アフリカを襲い続けている

国連が地域全体の政府に支援を提供し続ける中、東アフリカの一部地域では最近の大雨と大規模な洪水によって数十万人の命が影響を受けている。 

人道問題調整局からの報告 (国連人道問題調整事務所) は、750,000 万人近くが雨と洪水の影響を受け、234,000 万 XNUMX 人が避難していることを示しています。

先週、アントニオ・グテーレス国連事務総長は、ブルンジ、ケニア、ソマリア、タンザニア、その他の東アフリカ地域での大洪水による人命の損失に非常に心を痛めていると述べた。

ソマリアのコレラリスクが悪化

ソマリアでは雨により160,000万人以上の民間人が被害を受け、37,000万770,000千人が避難を余儀なくされている。国連パートナーらは、全体で最大XNUMX万人のソマリア人が影響を受け、現地で進行中のコレラ流行を悪化させる可能性があると推定している、と国連報道官ステファン・デュジャリック氏が月曜日、ニューヨークで記者団に説明した。

ケニアでは地方当局が、これまでに285,000万200人以上の人命が影響を受け、180,000人以上の死亡が報告されていると警告した。ブルンジではXNUMX万人以上が影響を受けた。さらに、雨や洪水により数十人のルワンダ人が死傷した。

国連とそのパートナーは、洪水対応計画、避難活動、心理社会的支援を含む医療を通じて、これら東アフリカ諸国を支援し続けています。

ナミビア:HIVの母子感染をなくす取り組みを称賛

ナミビアは、HIVとB型肝炎両方の母子感染を撲滅するという重要なマイルストーンに達したアフリカ初の国であり、世界初の高感染国となったと世界保健機関()月曜日に発表されました。

WHOは、梅毒感染症の撲滅も含む母子の健康を守るためのトリプルエリミネーションの取り組みに沿って、アフリカ南部の国にB型肝炎減少の進展に対して「シルバーティア」、HIV感染症の進展に対して「ブロンズティア」のステータスを与えた。

「画期的な成果」

国連機関は、全新生児の 50 パーセント以上が B 型肝炎ワクチンを接種している国をシルバーティアのステータスに認定します。ブロンズ認定は、HIV の母子感染が XNUMX% 未満に減少した場合に授与されます。 

「これはナミビアによる画期的な成果であり、献身的な政治的リーダーシップと公衆衛生上の優先事項の効果的な実施によって人命が救われる可能性を示している」とWHOアフリカ地域局長マシディソ・モエティ博士は述べた。

WHO の取り組みは、各国にサービスの統合を奨励することで、HIV、梅毒、B 型肝炎の母子感染の終結を促進します。

国連児童基金のエトレヴァ・カディリ氏は、「ナミビアは、早い段階からHIV対策に真に統合されたアプローチをとることで、この節目を迎えた」と述べた。ユニセフ)東部および南部アフリカの地域ディレクター。 

「この国は、HIVを単一の疾患として単独で取り上げるのではなく、すべての人の母子の健康を含む、より広範な健康と開発課題の一環として取り組んできました。」 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-