13.4 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
人権世界のニュース概要: ミャンマーの暴力激化、ブラジルの難民対応への賞賛...

世界ニュース概要: ミャンマーの暴力激化、ブラジル難民対応への賞賛、イエメンのバハイ教徒拘束

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

ステファン・デュジャリック国連報道官は月曜、国連本部で記者団に対し、「ブティダウンとマウンドーの地区で暴力と破壊がさらにエスカレートしているという最新の報告に、現地の私たちのチームは深く警戒している」と述べた。

ブティダウンでの暴力の再発と財産の破壊により、ロヒンギャを中心とする数万人の民間人が避難する可能性がある。ミャンマー軍はロヒンギャとラカイン族の間の緊張を高めている、と国連人権担当責任者フォルカー・テュルク氏が語った 日曜日の声明.

「今はさらなる残虐犯罪のリスクが特に深刻な重要な時期だ」と同氏は述べ、アラカン軍と政府軍の反政府勢力に対し戦闘を一時停止するよう呼び掛けた。

食料がなくなりつつある

ラカイン州の首都シットウェでは、食料と現金の不足、市場価格の高騰、水不足、水系感染症の蔓延が報告されている。デュジャリック氏は、人道支援と必要不可欠なサービスが大幅に中断されていると語った。

「私たちは、すべての軍と政治の指導者、そして地域社会の影響力を持つ人々に対し、特にラカイン族とロヒンギャ族の間でのコミュニティ間の緊張を再燃させようとする試みを沈静化させ、沈静化させるために自らの役割を果たすこと、そして私たちが犯した過去の人権残虐行為の繰り返しを避けることを求めます。ラカイン州でも見られた」とデュジャリック氏は語った。

テュルク氏はバングラデシュに対し、「安全を求める弱い立場にある人々にもう一度保護を拡大し、国際社会が必要なあらゆる支援を提供するよう」求めた。

この呼びかけに国連難民機関長官も同調した。 UNHCR, フィリッポ・グランディ氏は、与党軍事政権による残忍な軍事弾圧に起因する紛争と暴力が「劇的に悪化している」と述べた。

「民間人と人道支援者の安全を確保するようすべての関係者に訴えます」と彼はXで語った。

ブラジルの難民対応がUNHCR高官から賞賛される

難民の保護と解決策の発見に焦点を当てたブラジルの統一的かつ包括的な難民対応は、UNHCRのラウフ・マズー活動担当高等弁務官補から月曜日の声明で称賛を獲得した。

1週間の同国訪問中に同氏は、「包摂的な難民政策に対するブラジルの取り組みは、仕事、生計、教育、健康へのアクセスと組み合わせた書類作成、亡命、その他の保護形態が解決策に到達する最善の方法であることを示している」と語った。 」

長官補佐の訪問には、サンパウロとマナウスの「革新的なプロジェクト」への訪問が含まれていた。 難民を雇用し、彼らが地域社会に溶け込めるよう支援します。 

首都ブラジリアでは、包摂と統合を強調する第40回カルタヘナ+40プロセス協議(1984年のカルタヘナ難民宣言XNUMX周年を記念するプロセス)を開始するため各国当局と会談した。

リオグランデ・ド・スル州の大洪水

マズー氏の訪問は、ブラジル南部で大雨と洪水が発生し、公式データに基づくと100人以上の死者を含むXNUMX万人以上が影響を受けた中で行われた。

洪水によりリオグランデ・ド・スル州の地域は壊滅的な被害を受け、約43,000万XNUMX人の難民が国際的な保護を必要としている。 

UNHCRは当局と協力して「難民や移民への救援物資、避難所管理に関する技術支援、信頼できる情報の提供」を行っている。

イエメン:人権専門家がバハイ教徒の拘束者の釈放を求める

トップライツの専門家 月曜日に電話した イエメンの事実上の当局による拉致から1年後、バハイ教に属する5人が緊急解放されたことに対して。 

宗教の自由に関する特別報告者のナジラ・ガーネア氏を含む独立権利専門家らは、拘束者5人は「引き続き拷問の深刻な危険にさらされている」と述べた。

人権専門家らは「イエメンにおける宗教的少数派に対する標的型迫害」を主張する声明の中で、フーシ派としても知られるアンサール・アッラー運動が責任を負っていると述べた。

ヘイトスピーチの歴史

釈放された他のバハイ教徒も宗教的信念を撤回するよう厳しい圧力にさらされていると権利専門家らは主張し、サヌアのフーシ派大ムフティを含む少数派に対するヘイトスピーチが事態を悪化させたと警告した。

特別報告者は、 特別な手続き  人権理事会。彼らは仕事の対価として給料を受け取るのではなく、個人の立場で奉仕します。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-