16.9 C
ブリュッセル
6月(月曜日)17、2024
人権人権専門家、イスラエル拘束中のパレスチナ人医師の死を非難、独立を促す…

人権専門家がイスラエル拘留中のパレスチナ人医師の死を非難、独立した調査を要請

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

ガザ市のアル・シファ病院の整形外科部長、アドナン・アル・バーシュ医師(50)が19年2024月XNUMX日にヨルダン川西岸の拘置所オフェル刑務所で死亡した。彼の遺体はまだイスラエル当局によって解放されていない。

亡くなる前、彼はこうしていた。 殴られたと伝えられている 刑務所で、彼の体には拷問の痕跡があった。

アル・バーシュ医師は、18年2023月XNUMX日に北ガザのアル・アウダ病院で他の医師や医療関係者とともにイスラエル軍によって拘束されていた。当時、彼の健康状態は概ね良好で、通常通り職務を遂行していた。

独立した調査を求める

トラレン・モフォケン、健康の権利に関する国連特別報告者、 彼女はその知らせを聞いて「恐怖を感じた」。

「彼は、医師としての宣誓に従って患者への義務を果たし、彼らの世話をしている最中に拘留された…患者の生命と健康の権利を守ろうとしたために死亡した」と彼女は述べた。

専門家は独立した調査の必要性を強調した。

「博士。アドナンさんの事件は、彼がイスラエル当局による拷問の末に死亡したという深刻な懸念を引き起こしている。彼の死は独立した国際調査を必要としている」と特別報告者は述べた。

医療従事者の安全への懸念

モフォケン氏はまた、7月XNUMX日にイスラエル南部でハマスやその他の組織による残忍な攻撃が発生した後、ガザ地区でイスラエルが容赦ない軍事作戦を展開する中、医療従事者の安全について懸念を表明した。

「この紛争で医師が殺害されたという報告を受け続けており、非常に残念に思っています」と彼女は語った。

ガザ保健省は、493年7月2023日以降、ガザの医療従事者少なくともXNUMX人が殺害されたと報告した。これには看護師、救急隊員、医師、その他の医療従事者が含まれる。さらに多くの人が負傷した。

国連世界保健機関 ()は、少なくとも214人の医療従事者が勤務中にイスラエル軍に拘束されたと報じた。

医者は殺されるべきではない

「医療従事者の殺害や拘束は合法的な戦争手段ではない。彼らには、紛争時に病人や負傷者の世話をする正当かつ不可欠な役割がある」とモフォケンさんは語った。

「医療従事者がその職業上で殺されるべきではない。」

特別報告者はイスラエルに対し、イスラエルと占領下のパレスチナ領土で恣意的に拘束されているすべての医療従事者を即時解放するよう求め、即時停戦の呼びかけを繰り返した。

独立した専門家

によって任命された 人権理事会 – 国連の最高の人権に関する政府間フォーラム – の一部を形成する 特別な手続き, 特別報告者は、特定のテーマまたは国の状況における権利状況を監視し、評価する義務を負っています。

彼らは政府や国連から独立して自発的に働いており、国連職員ではなく、給与も受け取っていません。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-