18.9 C
ブリュッセル
6月(日曜日)16、2024
ヨーロッパ医師は精神科薬の中止方法について訓練を受けていない

医師は精神科薬の中止方法について訓練を受けていない

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

毎月、何万人ものヨーロッパ人が、通常の医療サービス以外で抗うつ薬を中止または中止する方法についてアドバイスを求めています。それは、医師が抗うつ薬や他の精神科薬の処方を中止する方法について訓練を受けていないことが研究で判明したためだ。研究によると、漸減(ゆっくりと停止)は、個々のユーザーが許容できる速度で徐々に行う必要があり、削減量は徐々に減らしていく必要があることが示唆されています。薬物を完全に断ち切るには数か月、場合によっては数年かかる場合もあります。

一般的な抗うつ薬をやめられない

大規模な国際精神医学会議では、精神科薬に関する新しい研究を発表し、薬を処方する理由と時期について議論することが長年にわたって一般的でした。ハンガリーのブダペストで最近開催された今年の欧州精神医学会議では、向精神薬を適切に中止または処方解除する方法を検討するいわゆる最先端の講演が新たなトレンドを生み出した。

専門家であるマーク・ホロウィッツ博士は、精神医学の臨床研究員です。 国民保健サービス 英国のNHS(NHS)は、精神薬理学的治療の削減または中止を支援するために必要なスキルとガイドラインに取り組む任務を与えられていた。

この背景には、多くの人が公式の医療ガイドラインが推奨する方法では一般的な抗うつ薬をやめられないという状況がある。オランダでの研究では、この方法でやめられる人はわずか 7% 程度であることがわかり、イギリスでは 40% の人がこの方法でやめられるものの、かなり顕著な離脱効果が見られることがわかりました。

問題の一部は、医師がしばしば次のように信じていることです。 離脱効果は「短期間で穏やか」。そして彼らは、離脱症状に不安、抑うつ気分、不眠症が含まれる可能性があることを知りません。その結果、彼らは抗うつ薬を使用している患者に対して、抗うつ薬をやめても問題はないはずだとよく言い、患者が離脱症状を報告すると、それがもともとの基礎疾患であると信じ込んでしまうのです。非常に多くの人が、この問題が原因で再発(基礎疾患の再発)と診断され、抗うつ薬を再び投与され、時には数年、数十年、場合によっては生涯にわたって投与されています。

医師のアドバイスは役に立たない

その結果、本当に抗うつ薬をやめたいと思っている多くの人が、通常の医療制度を離れ、薬をやめる方法についてピアサポートフォーラムにアドバイスを求めています。二 ピアサポートウェブサイト 英語だけでも月間約 900.000 件のアクセスがあり、そのほぼ半数がヨーロッパからのものです。

この種のウェブサイトには 180,000 人が参加しています。マーク・ホロウィッツ博士の研究チームは、そのうち1,300人を対象に調査を行ったところ、2分の4が医師のアドバイスは役に立たないと考えていることが判明した。彼らの多くの物語も同様でした。彼らが推奨していた最も一般的な漸減期間は XNUMX 週間と XNUMX 週間で、指導を担当する英国保健社会福祉省の公的機関である NICE が推奨するガイドラインとまったく同じで、最近更新されるまではそのガイドラインが推奨されていました。

医師の説得にもかかわらず、抗うつ薬をやめるのは多くの人にとって悪夢でした。その影響があまりにもひどいもので、抗うつ薬を再び服用しなければひどい状態になってしまうという話が繰り返されています。その結果は、多くのユーザーが「医師への信頼を失った」と表明したとおりです。

しばしば無視されてきた根本的な問題は、長年の使用により抗うつ薬への適応が生じ、この適応が抗うつ薬が体から排除されるまでの期間よりも長く持続することです。それが離脱症状を引き起こすのです。

「人生でストレスの多い時期が続き、患者が薬物治療を開始してから数か月または数年後に薬物を中止すると、抗うつ薬は数日または数週間で肝臓と腎臓によって代謝されます。しかし、数日や数週間では変わらないのは、セロトニン受容体やその下流の他のシステムに残る変化です」とホロヴィッツ博士は説明します。

人間を対象とした研究では、抗うつ薬を中止した後もセロトニン作動系に変化が最長4年間持続します。

長ければ長いほど難しい

そして研究では、抗うつ薬の服用期間が長ければ長いほど、やめるのが難しくなり、離脱症状がより深刻になることが示されています。

3年以上抗うつ薬を服用している人の調査では、3分の2が離脱症状を報告しており、そのうちの半数が中程度または重度の症状を報告しています。

「薬物に適応すればするほど、薬物を止めるのが難しくなることがよくわかります」とマーク・ホロウィッツ博士は説明する。

そして、ホロウィッツ博士が述べたように、これは一般的なことです。「英国の国民保健サービス (NHS) で治療を受けている人々のグループを対象に調査を行ったところ、抗うつ薬を服用している人の 5 分の 2 が抗うつ薬をやめようとしました」そしてそれができなかったことが、離脱効果と強く相関していました。」

一般的に推奨されている手順を使用すると半数以上が経験する離脱症状のリスクを最小限に抑えるために、抗うつ薬の漸減に関する特定の原則を知っておく必要があります。研究によると、漸減への最良のアプローチは、個々のユーザーが許容できる速度で徐々に (数か月、場合によっては数年かけて) 実行することです。さらに、それはますます少量で行われなければなりません。

なぜ段階的に先細りするのか

ホロヴィッツ博士が精神科薬の減量方法を説明
ホロヴィッツ博士は、精神科薬を適切に減量する方法を説明しました。写真:THIX写真。

さまざまな用量の抗うつ薬を使用している人を対象にPETスキャンを使用した研究では、セロトニントランスポーターの阻害は直線としてではなく、双曲線に従って起こることが示されました。これは、質量作用の法則として知られる薬理学的原理に従います。

より普通の言葉で言えば、体のシステムに薬物をどんどん追加すると、神経伝達物質の受容体がますます飽和することを意味します。そのため、高用量に達するまでに、薬を 1 ミリグラム追加するたびに、その効果は徐々に減っていきます。だからこそ、この双曲線パターンが得られるのです。このパターンはすべての精神科薬に当てはまります。

これは、薬物離脱の最終段階でユーザーが問題を経験する理由を説明します。一般診療の医師は、20、15、10、5、0 mg などの直線的に減少させるアプローチを使用するようになりました。

マーク・ホロウィッツ博士は、この研究結果を神経生物学的な観点からだけでなく、ユーザーが説明した方法と同じように説明しています。 20 から 15 になるのは崖から飛び降りるようなものです。あなたは自分が最下層近くにいると思っていますが、実際には15階の窓から出てきたのだと私は考えています。」

最初の数ミリグラムは簡単に剥がれますが、最後の数ミリグラムは非常に困難です。

「医師がこの関係を理解し​​ていない場合、患者は大きな問題を抱えているのにその薬が必要なはずだと思い込んでしまい、薬の服用をやめさせているのです」とマーク・ホロウィッツ医師は付け加えた。

したがって、神経生物学的研究と臨床観察の両方に基づくと、薬物を線形の用量量で減らすのではなく、脳に対する線形の影響量で薬物を減らすほうが薬理学的に理にかなっています。

脳に「均等な影響」をもたらすように薬剤の割合を減らすというアプローチでは、最終的な投与量を微量に至るまで、少しずつ減らしていく必要があります。したがって、このわずかな線量からゼロまでの最終的な減量は、以前の減量のように脳に対する影響に大きな変化を引き起こすことはありません。

比例削減について話すことでこれを近似することができます。したがって、たとえば、各ステップで約 50 パーセントずつ減らし、20、10、5、2.5、1.25、0.6 と下げると、脳に対する影響はほぼ均等になります。人によっては、さらに段階的に用量を減らす必要があります。たとえば、毎月、最近の用量の 10% ずつ減らし、総用量が少なくなるにつれて、減量の規模も小さくなります。

精神科の薬から離脱する際の注意点

マーク・ホロウィッツ博士はこれに言及して、次のように警告しています。 2週間から4年かかることもあるので。だからこそ、さらなる措置を決定する前に、個人に合わせて調整し、少し量を減らして反応を確認するというアプローチをとることが非常に重要です。」

離脱症状が重すぎる場合は、症状が治まるまで減量を中止するか用量を増やし、その後は減量をゆっくりとしたペースで進めるべきです。

英国の新しい NICE ガイドラインは、精神科医だけでなく一般開業医も対象としており、各段階で以前の用量の割合を規定し、段階的にゆっくりと用量を減らすことを推奨しています。

英国だけでなくあらゆる国の臨床医にとって、現在では広範なガイダンスが利用可能です。マーク・ホロウィッツ博士は、最近出版された「モーズリー処方中止ガイドライン」の共著者です。ヨーロッパとアメリカで認可されているすべての抗うつ薬、ベンゾジアゼピン、Z-ドラッグ、ガバペンタノイドを安全に減らす方法について説明しています。 「Maudsley 処方中止ガイドライン」は、以下から購入できます。 医学出版社ワイリー そしてそれを通してさえ Amazon。 2025 年に予定されているガイドラインの次期バージョンには、抗精神病薬やその他の精神科薬のクラスも含まれる予定です。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-