13.4 C
ブリュッセル
水曜日、6月12、2024
アジア自由を求める叫びがパキスタン全土にこだまする カシミールを反対派、人間として統治する...

反対派と人権侵害がエスカレートし続ける中、パキスタン統治下のカシミール全域に自由を求める叫びが響く

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

2024 年 XNUMX 月 ティエリー・ヴァレ著 CAPの良心の自由 

この地域の中心部で新たな不安の波が現れ、権利を求める闘いで住民が直面する課題に光を当てている。共同行動委員会のメンバーが警察や特殊部隊などの当局と衝突し、状況を把握する中、街頭は戦場と化した。

最近の不安の高まりは、政府による夜間の指導者らの弾圧がきっかけとなった。これを受けてパキスタン・カシミール行政当局は集会を制限する第144条を施行し、10月11日とXNUMX日にすべての機関の閉鎖を発表した。こうした措置にもかかわらず、国民の権利のために立ち上がるという決意は揺るぎないものとなっている。

パキスタン・テフリク・エ・インサフ(PTI)支持者の熱意に同調したデモ参加者らが長官補佐を拘束し、暴行を加えたとき、ダディヤルでは緊張が劇的に高まった。この抵抗行為は。個人間の不満が解消されず、不満に対処するために行動を起こす準備ができていることを強調しています。

政府の対応は厳しく、警察はデモ参加者を解散させるために警棒突撃や催涙ガスなどの戦術に訴えている。
最近の出来事は、多くの抗議者が負傷するなどの影響を及ぼした。悲劇的に学生がガスにさらされて命を落としたことは、この紛争の代償を浮き彫りにしました。

これらの事件を受けて、JAACは明日から閉鎖を開始すると宣言し、地域の緊張がさらに高まることとなった。 PoKの首都ムザファラバードの状況は依然として不安定である。差し迫ったストライキにより、デモ参加者と当局との対立が激化すると予想されている。

混乱は現在、PoKの一部に広がり、サマーニ、セハンサ、ミルプール、ラワラコット、キーラッタ、タッタパニ、ハッティアン・バラで抗議活動が勃発している。コトリ、バーグ、ムザファラバードでのデモはメディアの注目を集めていない。権力者による検閲や弾圧に対する懸念を引き起こす。

PoKの住民は、電気代、小麦補助金の不足、小麦粉などの必需品の不足などの問題に取り組んでいる。彼らはまた、パキスタン軍による土地の侵害として、資源に関する自分たちの権利やプロジェクトに対する政府の監督についても懸念している。
人々がより公平な資源の分配と自分たちの権利の保護を求める中、現在進行中の抗議活動はこうした不満から生じている。当局からの脅迫に直面しているにもかかわらず、PoK の住民は反対の声を上げ続けています。
5年2024月5日には人民の権利デーが盛大に祝われ、続いて11月2024日にはJAACの要求への対応の遅れに対する不満を表明するユーム・エ・マジャンマットが祝われた。 JAAC によって「人民の権利の長大行進」と名付けられたこの行進は、XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日に予定されています。その効果を確実にするために、すべての JAAC 会員はそれぞれの地域内でキャンペーンに参加しています。しかしこれに応じて、州政府は中央軍とパンジャブ州警察に軍隊の派遣を要請し、PoK全体に緊張を引き起こすアプローチをとった。

国際労働者の日、ジャンムー・カシミール人民国民党(JKPNP)の女性団体はバグで抗議集会を組織し、11月6日にムザファラバードで地元住民に抗議集会に参加するよう奨励した。抗議集会はXNUMX月XNUMX日にラワラコット、ハジラ、ビンベルで行われた。 、コトリ、トーラート、プーンチ、ハベリ地域。この日は行進を妨害しようとする治安部隊への反対を示すたいまつ集会も行われた。

PoKの住民はマングラダムの近くに集まりました。行進を確実に成功させることを約束した。彼らの揺るぎない決意は、時にはカシミールの人々の回復力と勇気を反映しています。
パキスタン統治下のカシミール(PoK)におけるこの状況は、特にカシミールでの自決権と基本的人権の追求が続くこの地域の緊張を思い起こさせるものである。この地域は、住民に権利や自由を与えないままにする課題に取り組んでいます。

反対派の弾圧や抗議活動参加者に対する武力行使は権利の侵害です。明確な非難を求めます。 PoK の人々は、将来への希望を持ちながら、報復を恐れることなく懸念を表明できるべきです。

指導者らの弾圧や、デモを鎮圧するための治安部隊の駐留は発展途上だ。これらの行動は、要求を黙らせようとするカシミールの人々の権利を露骨に無視するものである。国際社会にとって、PoK にいる人々の窮状に目を背けるのではなく、むしろ支援を提供することが不可欠です。カシミール紛争の解決には、各国政府に権利を擁護し、対話に参加するよう奨励することが不可欠である。

PoK の人々は、自由と自己決定に対する揺るぎない取り組みを示し、回復力と正義と平等への普遍的な探求を示しています。国際社会が彼らの訴えに耳を傾け、カシミール人の願望を守るための措置を講じることは極めて重要である。 PoKの状況は、民族自決と人権に向けた取り組みが続くカシミールで蔓延している緊張を反映している。
国際社会にとって、永続的な解決に向けて、パキスタンが議論を行いながらカシミール人の権利を尊重するよう促す展開を注意深く観察することが重要である。抗議活動参加者に対する武力行使と反対派の弾圧は非難されるべき権利侵害である。

パキスタン占領下のカシミール(PoK)の人々は、報復を恐れることなく懸念を表明できるべきであり、彼らの未来への願望が認められるべきである。自治と基本的自由を求める戦いは、人類の自由と正義の追求を反映しています。政府が採用する戦略によって将来のビジョンが阻害されないよう、PoK の人々を支援することが各国にとって重要です。

国際社会はこうした人権侵害を無視することはできません。措置を講じ、行動の責任者に責任を負わせる時が来ています。世界はPoKの住民を支持し、彼らの声が届けられ、権利が守られ、未来の夢が実現するよう結集しなければなりません。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-