15.1 C
ブリュッセル
6月(火曜日)25、2024
機関国連国連はラファでガザ人を支援することを約束する。グテレス首相、停戦の機会を発言...

国連はラファでガザ人を支援することを約束する。グテーレス氏、停戦の機会を「逃すわけにはいかない」

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

複数の報道機関は、ハマスの最高指導者、イスマイル・ハニヤがカタール首相およびエジプトの上級大臣との電話会談で、過激派組織がイスラエルの停戦条件としている内容を受け入れたことを確認したと報じた。両国は紛争当事国間の交渉を主導してきた。 

しかし、イスラエル指導部は、ハマスが示した合意は戦闘停止に向けた要求には遠く及ばないとの見解を示したと伝えられている。イスラエルは停戦交渉を継続するため代表団を派遣し、その間ラファ作戦も継続すると発表した。 

「協定を結べ」:グテーレス氏 

UN アントニオ・グテーレス事務総長 同氏の報道官は、「合意を実現させ、現在の苦しみを止めるために必要なさらなる努力をする」よう双方に差し迫った呼びかけを繰り返した、と同氏の報道官は述べた。 ステートメント

事務総長はまた、ラファでの大規模な軍事作戦が差し迫っている可能性を示す兆候に対して深い懸念を表明した。 

「私たちはすでに人々の移動を確認しています。彼らの多くは絶望的な人道的状況にあり、繰り返し避難させられています」と声明は続けた。

事務総長はまた、文民の保護が国際人道法において最重要であることを締約国に思い出させた。

チャンスは「逃すわけにはいかない」

夕方遅くに話す ニューヨーク時間、グテーレス氏はイタリア大統領との記者会見で記者団に対し、「合意実現に向けてさらに努力するために、イスラエル政府とハマスの指導部に非常に強く訴えた」と語った。それは絶対に重要です。」

国連事務総長は「これは逃すことのできない機会だ」と強調した。

ラファへの地上侵攻は、その壊滅的な人道的影響と地域の不安定化への影響を考えると容認できないだろう。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

UNRWA避難なし

イスラエルの避難命令のニュースを受けて早朝、パレスチナ難民のための国連機関は、 UNRWA Xへの投稿で、「ラファでのイスラエル軍の攻撃は、より多くの民間人の苦しみと死を意味するだろう。その結果は1.4万人にとって壊滅的なものとなるだろう。」

「UNRWAは避難していません。UNRWAは可能な限りラファに駐留し、人々に救命援助を提供し続けます。」

「生存の危機」にある子どもたち

この警告に同調して、国連児童基金(ユニセフ) 警告 「ラファでの軍事包囲と地上侵攻は、そこに避難している600,000万人の子供たちに壊滅的な危険をもたらすだろう」と述べた。

多くの人が「非常に脆弱で、生存の危機に瀕している」、 国連機関 同氏は声明で、ラファでの暴力行為の激化と、避難通路となる可能性のある場所に「地雷が掘られているか、不発弾が散乱している可能性がある」という事実を強調した。

ラファへのいかなる軍事行動も、非常に多くの民間人の死傷者を生む可能性が高く、同時に人々が生き残るために必要な「わずかに残っている基本的なサービスとインフラ」も破壊するだろうとユニセフは主張した。

現在ラファに窮屈に暮らしている数十万人の子供たちは、怪我をしたり、病気になったり、栄養失調になったり、心に傷を負ったり、障害を抱えて生活している」とユニセフ事務局長キャサリン・ラッセルは語った。 「多くの人が何度も避難し、家、両親、愛する人を失いました。彼らは、医療施設や避難所など、彼らが依存している残りのサービスとともに保護される必要があります。」

以下で私たちの話を聞いてください UNRWAのルイーズ・ウォーターリッジ氏への徹底インタビュー ラファへの本格的な侵攻への恐怖が高まる中、

本格的な飢餓の呼びかけ

これに関連して、国連世界食糧計画の責任者(WFP) と言った ガザ北部は現在「本格的な飢餓」を経験しており、その飢餓は南へ移動している。"。

シンディ・マケイン氏の日曜の発言は、イスラエル当局による援助制限や遅延に対する他の国連高官や国際社会の繰り返しの深刻な懸念に同調した。

「イスラエル当局は国連への人道的アクセスを拒否し続けている」とUNRWAのフィリップ・ラッザリーニ長官は主張した。 「過去10週間だけで、護送船団への銃撃や国連職員の逮捕などを含む事件がXNUMX件記録されている。 いじめ、裸にする、武器による脅し、長時間の遅延 検問所では、護送船団が暗闇の中で移動するか、中止することを余儀なくされている」と彼は日曜日のXへの投稿で述べた。

UNRWA事務局長はまた、ガザ地区に入るケレム・シャローム交差点へのロケット弾攻撃を非難し、伝えられるところによればイスラエル兵3名が死亡し、その閉鎖につながった。この交差点は人道支援の重要な入り口です。

「アル・マワシは安全ではない」

メディア報道によると、イスラエル軍がラファ東部上空に投下したビ​​ラは、地域住民に対し、ラファの西、地中海沿いのいわゆる安全地帯アル・マワシに移動するよう勧告した。

国連の人道支援団体はこれまで、イスラエル軍による同様の避難計画を、強制避難であるという理由で拒否してきた。   

「アル・マワシでは、利用可能な水を含む十分なインフラが深刻に不足しており、 そこで数万人の避難民を支援するのは現実的ではない」とガザのUNRWA広報担当者ルイーズ・ウォーターリッジ氏は語った。 国連ニュース.

国連機関の最新情報によると、すでに400,000万人以上が海岸沿いに避難している 評価、近くのカーンユニス市からの避難民の流入を報告した。彼らを支援するために、UNRWA はアル・マワシに 2 つの臨時保健センターを設置し、その地域に新たに設立された他の医療拠点も設けています。

「(反対の)主張とは異なり、ガザには安全な場所はどこにもないため、決して安全ではありません」」とUNRWA広報ディレクターのジュリエット・トウマ氏は主張した。

ガザ保健当局によると、ハマス主導のイスラエル南部へのテロ攻撃がイスラエルの大規模な砲撃と地上攻撃を引き起こした7月34,680日以来、14,000万78,000人以上の子供を含む少なくとも1,250万250人のパレスチナ人が殺害され、XNUMX万XNUMX人以上が負傷した。イスラエル南部のコミュニティでは約XNUMX人が殺害され、XNUMX人以上が人質となった。

「非人道的」な避難命令:権利局長

月曜日、フォルカー・テュルク国連人権高等弁務官 それは警告した ラファ東部の避難命令を受けて、民間人の死、苦しみ、破壊はすでに耐えられないレベルを超えて増加することになった。 

「これは非人道的です。これは、文民の効果的な保護を最優先事項とする国際人道法および人権法の基本原則に反している。

「ラファから数十万人を、すでに平地化され、避難所がほとんどなく、生存に必要な人道支援へのアクセスが実質的にない地域に強制的に移住させることは考えられない。それは彼らをさらなる危険と悲惨にさらすだけだ。」 

現在ガザ地区の人道支援の主要拠点となっている場所へのさらなる攻撃は解決策ではない」とテュルク氏は付け加えた。 

 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-