24.5 C
ブリュッセル
6月(火曜日)25、2024
人権国連の人権擁護責任者と独立専門家がジョージア州の新たな「外国代理人」法を非難

国連の人権擁護責任者と独立専門家がジョージア州の新たな「外国代理人」法を非難

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

外国の影響力の透明性に関する法律は、メディア、非政府組織(NGO)、その他の非営利団体に対し、資金の20%以上を海外から受け取っている場合、「外国勢力の利益追求」として登録することを義務付けている。火曜日に採択されました。

この養子縁組は首都トビリシで抗議活動を引き起こし、ジョージアの反対派は独立メディア、市民社会、権利活動家、政府批判者を弾圧する取り組みとして非難している。

萎縮効果

フォルカー・テュルク国連人権高等弁務官、 同法を採択するにあたり、当局と議員は「無視することを選択した」と述べた 権利擁護活動家や市民社会が提起した警告。

「残念なことに、ジョージア州における表現と結社の自由への影響は、 現在、重大なリスクが生じています」と彼は警告した。

また、登録要件は市民の自由のために活動する人々に萎縮効果をもたらし、その活動を大幅に縮小させる可能性があるとテュルク氏は付け加えた。

同氏は、「重大な公益問題に関する多様な声を抑圧することは、健全な立法措置や政策措置によってこの国が直面する多くの課題に効果的に対応する政府の能力を困難にするだけだ」と述べた。

保証は破られました

一方、独立した権利専門家らも同法の採択を非難し、昨年の別の同一法案の撤回後の保証にもかかわらずこの法案の採択が行われたと述べた。

この法案は大規模な抗議活動を受けて2023年XNUMX月に撤回され、XNUMX月には政府高官と国会議員が人権擁護活動家の状況に関する国連特別報告者に対し、この法案は再提出されないと確約した。

私たちはショックを受けています ジョージア州の国民のかなりの部分による明確な反対にもかかわらず、この法律はメディアや市民社会の代表者が手続きへのアクセスを拒否された状態で議会を通過することを急ぐことになった」と国連は述べた。 人権理事会-任命された専門家は言った。

彼らはまた、議会での審議の速さに深刻な懸念を表明した。 包括的で透明性のある誠実な協議が行われないまま 市民社会、社会全体、そして野党とともに。」

権利活動家は国家の敵ではない

テュルク氏は、この法律を棚上げし、当局がメディア、市民社会団体、人権活動家と対話するよう求めた。

独立した専門家らはさらに、大統領が署名すれば、ジョージア州が人権義務、特に結社の自由に違反することになると警告した。

「ジョージアにとって、 これは間違った方向への一歩です」と専門家は語った。

「人権活動家、若者、そして 平和的な抗議活動参加者は国家の敵ではない」と彼らは強調した。

独立した権利の専門家

電話をかけた専門家には、人権活動家、平和的集会の自由、意見と表現の自由に関する特別報告者が含まれていた。人権と国際連帯に関する独立専門家も務める。

人権に関する国連の最高位の政府間フォーラムである人権理事会によって任命され、その機関の一部を形成しています。 特別な手続き、特別報告者と独立した専門家は、特定のテーマまたは国の状況における権利状況を監視し、評価する義務を負っています。

彼らはボランティアで働いており、国連職員ではなく、給与も受け取っていません。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-