11 C
ブリュッセル
6月(土曜日)15、2024
人権国連権利局、スリランカに失踪者の運命を明らかにするよう要請

国連権利局、スリランカに失踪者の運命を明らかにするよう要請

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

  重要なレポートの開始に伴う通話 by OHCHR、政府が国家治安部隊の関与を認め、公的に謝罪する必要性も強調した。

1970年代から2009年にかけて、スリランカでは大規模な強制失踪が目撃されており、主に国軍と関連民兵組織によって実行された。  

タミル・イーラム解放の虎(LTTE)も拉致に参加したが、国連の強制失踪・非自発的失踪作業部会によれば、これは強制失踪に等しいという。

OHCHRは、強制失踪からのすべての人の保護に関する国際条約の批准、行方不明者局と賠償局の設立など、歴代政府によるいくつかの正式な措置にもかかわらず、「個別の事件の包括的な解決に向けた現場での具体的な進展は見られない」と指摘した。限定されたままだ。」

続く苦しみ

フォルカー・テュルク国連人権高等弁務官は、愛する人に関する情報を待っている家族の苦しみが続いていることを強調した。

「この報告書は、強制失踪の対象となったすべてのスリランカ人を決して忘れてはいけないことを改めて思い出させます…彼らの家族や彼らを気遣う人々は長い間待ち望んでいたのです。」彼らには真実を知る権利がある。」x

内戦終結から約15年が経過し、最初の失踪から数十年が経った今も、スリランカ当局はこれらの違反に対する責任を確実に果たすことに失敗し続けている。

「説明責任を果たさなければなりません。和解を成功させるためには制度改革が必要だ」とテュルク氏は語った。

嫌がらせと脅迫

報告書は、家族、特にセクハラや搾取のリスクを含む厳しい労働環境で主な稼ぎ手となることが多い女性に対する広範な心理的、社会的、経済的影響を概説した。

失踪した愛する人に関する情報を求める多くの女性が、治安部隊からの嫌がらせ、脅迫、暴力に直面している。

ある女性は軍や警察からの脅迫について詳しく語り、失踪者の支援活動を行う人々が直面する危険性を強調した。

家族はまだ待っています

OHCHRによれば、国際法上、国家には強制失踪事件を解決する明確な義務があり、解明されるまでは違反が続いているという。

しかし、多くの家族はまだ答えを持っていません。ある男性は国家委員会で失踪した息子について証言し、次のように述べた。

「32週間が経過し、XNUMXか月が経過し、XNUMX年が経過しました。それからXNUMX年が経ちましたが、私はまだ待っています。」

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-