14.7 C
ブリュッセル
水曜日、6月12、2024
機関国連国連の人権担当責任者、飢餓が近づくなかスーダンのエスカレーションに恐怖

国連の人権担当責任者、飢餓が近づくなかスーダンのエスカレーションに恐怖

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

国連人権事務所によると、 OHCHR、フォルカー・テュルク人権高等弁務官は火曜日、スーダン国軍司令官アブドル・ファタハ・アル・ブルハン中将と、ライバルの急速支援軍を率いるモハメド・ハムダン・ダガロ将軍と別々に電話会談を行った。

外交的アプローチ

OHCHR報道官ラヴィナ・シャムダサニ氏は、テュルク氏は両氏に対し、状況を沈静化させるために直ちに、そして公的に行動するよう促したと述べ、同氏は国連人権擁護責任者が以前2022年XNUMX月に敵対する将軍たちに接触していたことに言及した。

「彼は両司令官に対し、1.8万人以上の住民と国内の住民が住むエル・ファシェルで戦闘が行われていると警告した。 避難民は現在包囲されており、 差し迫った飢餓の危険にさらされている、民間人に壊滅的な影響を与え、コミュニティ間の対立が深まり、悲惨な人道的結果をもたらすだろう」とシャムダサニ氏はジュネーブで記者団に語った。

「彼は司令官に対し、国際人道法と国際人道法違反に対する責任を確保するだけでなく、区別、均衡、予防の原則を厳格に順守し、進行中の違反行為に終止符を打つという国際人道法に基づく義務を思い出させた。それぞれの軍隊と同盟国が犯した権利法。」

13か月にわたる激しい戦闘

スーダンでの25か月にわたる戦争により、人口の半数、つまり14万人の子供を含むXNUMX万人という驚くべき人々が人道支援を必要としています。何百万人もの人々が繰り返し避難生活を強いられており、そのたびに脆弱性が高まっており、援助チームは雨季が近づくにつれて飢餓が近づいていると繰り返し警告している。 

国連人権事務所は、ダルフール州エル・ファシェルとその周辺で激化する暴力に巻き込まれた民間人に影響を与えている悲惨な状況を強調するとともに、スーダン全土で継続的かつ永続的な紛争の影響について懸念を表明した。

OHCHRによると、先週北ダルフールの町で戦闘が劇的に激化して以来、少なくとも民間人58人、その他213人が死亡したと報告されている。

病気と飢餓が迫っている

緊急事態に対する懸念を表明し、国連援助調整事務所は、 国連人道問題調整事務所、病気が迫っており、人々は「飢餓を目の前にしている」と警告した。

国連と提携した対応計画は、最も深刻な影響を受けた15万人に手を差し伸べて支援することを目指しているが、そのためには緊急に2.7億ドルが必要である。

現在、人道支援団体が受け取っているのは総額のわずか12%に過ぎず、直ちに資金を注入しなければ、援助チームの規模を「飢餓を食い止め、更なる貧困を防ぐためには間に合わない」とOCHA広報担当のイェンス・ラールケ氏は警告した。

同氏は、資金は「より多くの食料、医療サービス、避難所、水、衛生設備をもたらすためだけでなく、性的およびジェンダーに基づく暴力の防止、被害者への支援、学校再開の支援にも使用される」と付け加えた。不登校の子供たち」。

© UNHCR/エスター・ルース・ムババジ

ウガンダのナキバレ難民居住地で水を集める女性たち。

ウガンダへ逃亡

国連難民高等弁務官事務所、 UNHCR、スーダン人の数が増加するにつれて十分な資金の必要性も強調した。 隣国ウガンダへ逃亡.

現在33,000万19,000人以上が国内に滞在しており、このうちXNUMX万XNUMX人はXNUMX月以来首都カンパラに到着している。 

ウガンダはすでにアフリカで最も多くの1.7万人の難民と亡命希望者を受け入れている。平均して毎週 2,500 人がこの国に到着し、主にコンゴ民主共和国と南スーダンから来ます。

それにもかかわらず、ウガンダは依然として世界の資金不足作戦のトップ13に入っているとUNHCRは述べた。

重大な資金不足

人道支援団体は今年、国内の858万人の難民と受け入れコミュニティの1.6万人を支援するために2.7億13万ドルの寄付を求めているが、必要な資金のXNUMX%しか受け取らなかった。 

UNHCRは、紛争から逃れてくる人々の継続的な流入と資金不足が、難民と難民を受け入れる地域社会の両方に提供される保護・援助サービスに圧力をかけていると警告した。

医療部門はすでに大きな打撃を受けており、職員数が削減され、重要なニーズを満たすための物資が不足している。学校も過密で教師や教材が不足しており、難民の子どもたちが教育を受けることが困難になっている。

さらに、手続きを円滑にするために必要な資材や設備が不足しているため、難民登録が長期にわたる遅延に直面しているため、重要な保護サービスにも影響が出ている。

先週、UNHCRとウガンダ高官はデンマーク、オランダ、ベルギーの政府や欧州連合の機関などの主要パートナーを訪問し、資金削減の影響を強調し、追加の資源を主張した。 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-