14.9 C
ブリュッセル
6月(日曜日)16、2024
ヨーロッパ抗うつ薬の使用者は、医師が新しい研究を知らないために苦しむ可能性があります...

抗うつ薬の使用者は、医師が新しい研究やガイドラインを知らないために苦しむ可能性がある

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

研究によると、抗うつ薬を使用している人は、医師が正しい離脱方法を知らないため、薬物離脱に問題があり、重度の離脱症状により離脱には数か月、数年かかる場合があることがわかっています。離脱症状による副作用は、再発として認識されなかったり、誤診されたりすることがよくあります。

影響を受けた数百万

SSRI 抗うつ薬が初めて市場に登場したとき、それらは生活状況を解決できる薬として提示され、それに関連する問題はありませんでした。実際、抗うつ薬をわずか8週間から12週間服用した人々に焦点を当てた製薬会社自身が実施した研究に基づいて、製造業者は、薬の離脱症状が「短期間で穏やか」であると説明した多数の論文を配布しました。その結果、長年にわたって医師も一般住民も、これらの薬は中止しても重篤で長期にわたる離脱症状を引き起こすことはないと信じるようになりました。さらに、治療後にこれらの薬剤の使用を中止しても問題はないとのことです。

研究では焦点が当てられていないが、これらの抗うつ薬の服用期間が長ければ長いほど、中止するのが難しくなり、離脱症状がより深刻になるということである。

今年の欧州精神医学会議で発表された研究は、これに関連する大きな問題があることを示しており、調査によると、半数以上が停止に問題を抱えており、ヨーロッパでは数百万人が影響を受けているという。

抗うつ薬は細胞構造に残留変化を引き起こす

抗うつ薬の使用は体に変化をもたらし、さまざまな体の機能を制御するために使用される独自の神経伝達物質の使用を調節する能力に変化をもたらします。この細胞構造の変化の結果、使用者が抗うつ薬を中止すると禁断症状が引き起こされ、薬物が体内から抜け出た後も離脱症状が数か月または数年続くことがあります。新しい研究は、多くのユーザーが長年感じてきたと述べていることを説明しています。

マーク・ホロウィッツ博士は、精神医学の専門家であり臨床研究フェローです。 国民保健サービス イギリスのNHS)は、この問題に新たな光を当てる広範な研究結果を発表した。

「人生でストレスの多い時期が続き、患者が薬物治療を開始してから数か月または数年後に薬物を中止すると、抗うつ薬は数日または数週間で肝臓と腎臓によって代謝されます。しかし、数日や数週間で変わらないのは、シナプス後セロトニン受容体やその下流の他のシステムに残る変化です」とホロウィッツ博士は語った。

人間を対象とした研究では、抗うつ薬を中止した後もセロトニン作動系に変化が最長4年間持続します。

「言い換えれば、薬物が除去された後は、通常レベルのセロトニンにさらされても、セロトニンに対する感受性が低下するシステムができているということです。そして全体として、これは低セロトニン症候群と見なすことができます」と彼は明確にしました。

もちろん、これは何が起こっているかを非常に簡略化したバージョンです。他にも多くの神経伝達物質や、これらの変化による下流の影響があり、これらも薬物の使用を中止した後も長期間持続する可能性があります。これらの変化はすべて、抗うつ薬を中止した後に起こる広範囲にわたる長期にわたる症状も説明できる可能性があります。

薬への適応

抗うつ薬離脱に関する研究結果を発表するホロウィッツ博士
抗うつ薬離脱に関する研究結果を発表するホロウィッツ博士。画像:THIX写真。

無視されることが多い根本的な問題は、長年の使用により身体と脳が抗うつ薬に適応し、その状態が抗うつ薬が身体から除去されるまでの期間よりも長く持続し、それが離脱症状を引き起こすということです。 。

マーク・ホロウィッツ博士は、薬物が体内から抜け出た後、離脱効果が数日または数週間以上続く理由について次のように説明しています。薬物が存在しないことにシステムが再適応するのにかかる時間が、離脱症状がどれくらいの期間続くかを説明します。」

抗うつ薬離脱症候群は、抗うつ薬の投与を中止または減量したときに発生する一連の生理学的症状です。これらの薬物は非常に多くの身体システムに影響を与えるため、精神的または身体的症状として現れることがあります。これらは、薬物による脳への適応が解決するまでに時間がかかるために起こります。

マーク・ホロウィッツ博士は、離脱症状には中毒は必要なく、必要なのは薬への適応だけであることを理解することが重要だと指摘した。これはしばしば身体的依存と呼ばれます。薬理学的な用語での身体的依存とは、脳に影響を与える薬物への曝露に対して現れる適応のプロセスを意味します。これは抗うつ薬にも当てはまります(たとえばカフェインも同様です。カフェインは通常中毒を引き起こしませんが、身体的依存、したがって禁断症状を引き起こす可能性があります)。効果)。

として SSRI 抗うつ薬は、気分だけでなく多くの身体システムに影響を与える神経伝達物質のメカニズムに作用し、長年の適応の後に抗うつ薬から離脱すると、これらの機能の多くに強い反応を引き起こし、人生に影響を与える可能性があります。

離脱症状

引き起こされる可能性のある影響は無数にあります。症状には、めまい、不眠症、集中力の低下、疲労、頭痛、震え、頻脈、悪夢などがあります。離脱症状は、憂鬱な気分、イライラ、不安、パニック発作などの感情症状を引き起こす可能性もあります。

「これらの症状は、単なる再発(基礎疾患の再発)ではなく、離脱症状であることがわかっています。なぜなら、基礎疾患のない抗うつ薬を中止した人々の研究でこれらの症状が見つかっているからです」とマーク・ホロウィッツ博士は語った。同氏は、痛みや更年期障害のためにこれらの薬を投与される人々、さらには健康なボランティアなどの例に言及した。

中止後2週間で自殺未遂が増加するなど、他の影響もある 抗うつ薬。この症状の増加を説明するには再発が早すぎるため、離脱効果自体が原因であると考えられています。マーク・ホロウィッツ博士はさらに、回答者の30%が投薬開始前に自殺傾向にあったが、60%が投薬中止後に自殺傾向にあったことも研究で判明していると述べ、つまり30%の人が初めて自殺を経験することになると述べた。離脱症状のせいで生活に支障が出てしまいます。

抗うつ薬の離脱によるおそらく最も厄介な症状は、無視されがちですが、アカシジアとして知られる症状です。アカシジアは、通常、精神活性物質によって引き起こされる運動障害であり、個人は一般に強い不安感や内面の落ち着きのなさを経験し、しばしば前後のペースを促し、非常に不快な経験となる場合があります。マーク・ホロウィッツ博士は、この症状は抗精神病薬への曝露の長期的な結果として認識されることが多いが、抗うつ薬、ベンゾジアゼピン、その他さまざまな精神科薬からの離脱によってもこの状態が引き起こされる可能性があると指摘しました。

「これは私が見た中で最もひどいプレゼンテーションです。人々は歩みを進め、動揺し、恐怖を感じます。彼らの多くが自殺について話しているのは、自殺は休息も平静も得られない状態であり、しばしば数週間、場合によってはそれ以上続くからです」とマーク・ホロウィッツ博士は指摘した。

そして、多くの臨床医やその他の人々は、これらの薬が切れると静座不能を引き起こす可能性があるという事実に慣れていないため、人々が救急外来に運ばれたときに、この症状が興奮性うつ病や躁病として誤診されることがよくあるため、これは重要です。

離脱効果が認識されないか、再発と誤診される

毎月ヨーロッパの何万人もの抗うつ薬使用者がアメリカ人からの情報やアドバイスを求めています。 ピアサポートフォーラム 薬をやめる方法について。彼らの物語は多くの人にとって非常に似ています。

マーク・ホロウィッツ博士の研究グループは、これらのうちの 1,300 件を調査しました。そのうちのXNUMX分のXNUMXは、離脱に関する医師のアドバイスは役に立たなかったと述べた。

医師があまりにも速すぎる減量を推奨した主な理由。また、担当医師は離脱症状についてアドバイスができるほど詳しくなかったか、抗うつ薬を中止しても離脱症状は起こらないとユーザーに告げたという。

マーク・ホロウィッツ博士は、抗うつ薬の離脱効果は「短期間で穏やか」であると医師が今でも信じていることが多いと指摘した。そして彼らは、離脱症状に不安、憂鬱な気分、不眠症が含まれていることを知りません。

「特に、離脱効果は短期間で軽度であると臨床医が考えている場合、うつ病や不安症の再発と混同されやすいです。誰かが重度の症状を抱えて現れ、それが長期にわたって続く場合、その関係性を解明するのは非常に困難です」とマーク・ホロウィッツ医師は付け加えた。

もう一つの憂慮すべき事実は、離脱症状は抗うつ薬のみに関係しているわけではないということです。 「すべての精神科薬から抜け出す場合にも同じことが当てはまります。多くの場合、精神科薬によって脳に生じた変化は、服用を中止した後も数か月から数年にわたって持続する可能性があり、そのため、薬物が体から除去されるまでに離脱症候群が長く続く可能性があります」とマーク・ホロウィッツ博士は指摘した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-