15.8 C
ブリュッセル
6月(月曜日)24、2024
ニュース新たなスマートデータヒューマンモビリティ研究プロジェクト  

新たなスマートデータヒューマンモビリティ研究プロジェクト  

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

リバプール大学の研究者らは、人間の移動に関するスマートデータの既存のバイアスを定量化し、調整するための新しいプロジェクトに対して、Smart Data Research UK (SDR UK) から資金提供を獲得しました。

5Gデータ通信・ネットワーク

5Gデータ通信・ネットワーク

呼び出され デバイアス、プロジェクトを主導するのは、 フランシスコ・ロウ教授は、人口データ サイエンスを専門とし、人間の移動、移住、地理データ サイエンスに関する特別な専門知識を持っています。このプロジェクトは、人間の移動性と統計モデリングに関するカルメン・カブレラ=アルナウ博士の専門知識からも恩恵を受けることになります。

デバイアス は、ソーシャル メディア プラットフォーム Facebook および X (以前は Twitter) のユーザーと、Huq 社が収集したスマートフォン アプリケーションから取得した人間の移動に関するデータを使用し、このデータがどのように取得されたのか、どのようなバイアスを修正する必要があるのか​​、またその理由を調査します。

大学のロウ教授 地理計画学科 および 地理データサイエンス研究室は次のように述べています。「この革新的な新しいデータ プロジェクトに対してこの賞を受賞できてうれしく思います。 DEBIAS は、地理的に集約され、プライバシーが保護された出発地と目的地間のモビリティ データのバイアスを評価して修正するための新しいアプローチを提供し、その実装を促進するためのオープンソース ソフトウェア パッケージとトレーニング資料を作成します。」

このプロジェクトは、英国のスマート データ サイエンスに関する国家プログラムの一部である ESRC デジタル フットプリント アクセラレーター スキームを通じて資金提供された 7 つのプロジェクトのうちの 1 つです。このスキームは、デジタル生成されたデータへのアクセスを促進し、最先端の研究のための能力を構築することにより、社会的利益のためにデータの力を解き放つことを目的としています。

情報源: リバプール大学

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-