13.4 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
ニュース新技術が個々の細胞内のタンパク質の研究方法を変える

新技術が個々の細胞内のタンパク質の研究方法を変える

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

Nature Methods に掲載された新しい研究によると、カロリンスカ研究所の研究者は Pixelgen Technologies と協力して、タンパク質のマッピングを可能にする技術を開発し、応用しました。 個々の細胞 まったく新しい方法で。タンパク質の量、タンパク質が細胞膜にどのように分布しているか、タンパク質がどのように相互作用しているかを測定できるようになりました。

以前は、研究者はフローサイトメトリーを使用して個々の細胞内の限られた数のタンパク質しか研究できませんでした。しかし、分子ピクセル化と呼ばれる新しい技術はさらに一歩進んだものです。数百ものタンパク質を同時に分析し、個々の細胞内でのタンパク質の分布と相互作用をより詳細に把握できるようになりました。タンパク質は細胞の機能とシグナル伝達に重要であるため、これは重要です。 

「個々の細胞内でタンパク質がどのように動作するかを理解することで、がんや炎症性疾患などの病気をよりよく研究できるようになります。さらに、この技術を使用して、新薬とそれが細胞内のタンパク質の分布に及ぼす影響を評価することもできます」と研究著者の一人は述べています。 ペッター・ブローディンの教授 女性と子供の健康の部門、カロリンスカ研究所、そして次のように続けています。

「これまでに同様の症状を報告した人は他にいない」 テクノロジー、これが非常にユニークな理由です。

Petter Brodin 氏によると、次のステップは、癌、免疫システム、およびタンパク質分布が時間の経過とともに変化するその他のプロセスの研究に分子ピクセル化を使用することです。 

「これは、単一細胞解析の新たな可能性を切り開き、生物学的プロセスの理解に貢献するため、非常に興味深いものです」とペッター・ブロディン氏は述べています。 

情報源: カロリンスカ研究所

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-