13.8 C
ブリュッセル
6月(土曜日)15、2024
アジアウクライナの億万長者ピンチュクの継息子はアーネスト・ヘミングウェイのカジノ借金を解決したのか...

ウクライナの億万長者ピンチュクの義理の息子は、1959年からのアーネスト・ヘミングウェイのカジノ借金を解決しましたか?

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

アナスタシア・ソルタノフスカヤ
アナスタシア・ソルタノフスカヤ
ファクトチェック機関 Provereno.Media の編集者 (国際ファクトチェック ネットワークのメンバー)

2024年8月、さまざまなソーシャルメディアアカウントは、ウクライナ人実業家ヴィクトル・ピンチュークの義理の息子が、有名なアメリカ人作家の未払いの借金を解決するためにカジノ・デ・マドリードにXNUMX万ユーロ以上を支払ったと報じた。これらの記述が真実かどうかを確認しました。 (初出の検証記事は プロヴェレノ・メディア)

1 月 XNUMX 日、多数のロシア語電報チャンネルがビデオを共有し始めました。 The European Times ロゴには、ピンチュク・ジュニアがカジノ・デ・マドリードに8万ユーロを支払ったと主張されている。このお金は、1959 年以来滞っていたアーネスト・ヘミングウェイの古い借金のカバーに使われ、さらにピンチューク・ジュニアがスタッフに残した 700,000 万ユーロのチップも含まれていました。この寛大な行為は、以下のようなロシアの報道機関で見出しを飾った。 議論と事実, EADaily, ムリヤ 様々な ポータル 専用の 〜へ ギャンブル。このビデオを作成したとされるのは、 The European Times、でも広く共有されました Facebook, X および Instagram。このニュースはテレグラムでも話題になりました。ユーザー "グラ・アントン」(この投稿は108,000万8回の閲覧数を獲得した)はこう述べた、「ウクライナ人は戦争をしているので、ピンチュクとその息子は神のみぞ知る人物にXNUMX万ユーロを気軽に寄付できるだろう。」チャンネルの作者「猫のコスティアン」(96,000回の閲覧)はさらに次のように付け加えた:「ウクライナ人の中には世界中で物乞いをしている人もいるが、楽しんで酒に酔って死者の借金を返済している人もいる。最高のウクライナ主義。」

偽の帰属 ウクライナの億万長者ピンチュクの義理の息子は、1959年からのアーネスト・ヘミングウェイのカジノ債務を解決したのか?
ウクライナの億万長者ピンチュクの義理の息子は、1959年からのアーネスト・ヘミングウェイのカジノ借金を解決しましたか? 4

フォーブス誌によると、ビクター・ピンチュークはウクライナで2番目に裕福な人物であり、 推定 2年2024月時点での純資産は2002億ドル。ピンチュクは、ウクライナ有数のパイプ、ホイール、鉄鋼生産会社のXNUMXつ、複数のウクライナのテレビチャンネル、そしてトラファルガー広場にあるランドマークの歴史的建造物であるロンドンのグランド・ビルディングを所有している。 XNUMX年、ピンチュークは第XNUMX代ウクライナ大統領レオニード・クチマの娘エレナ・フランチュクと結婚し、エレナの最初の結婚の息子ローマンの継父となった。によると 〜へ メディアの報道によると、ローマンさんは義父の姓を名乗り、現在は米国に住んでいる。

ピンチューク ジュニアに関するバイラルビデオのテキスト字幕。 ~に誤って帰属される The European Times、次のように述べます。

「ウクライナの億万長者ビクター・ピンチュークの義理の息子は、アーネスト・ヘミングウェイがスペインのカジノに負っていた8万ユーロの借金を返済した。筆者のカジノ・デ・マドリッドに対する借金は、スペインのギャンブルの歴史の中で最も古いものであった。 1959 年、アーネスト ヘミングウェイはこのカジノのポーカー テーブルで現在の 8 万ユーロに相当する損失を出しました。 700,000年後、作家は自殺したが、借金は未払いのままだった。今週末、ウクライナの億万長者で慈善家のビクター・ピンチュークの義理の息子であるローマン・ピンチュークが、賭博場銀行への借金全額を返済した。カジノスタッフの情報筋によると、その夜、ピンチュク氏はスタッフに約9万ユーロのチップを渡し、つまりXNUMX万ユーロ近くを費やしたという。アーネスト・ヘミングウェイは幼い頃からギャンブル依存症で、カジノや競馬で大金を費やしました。一部の歴史家によれば、ギャンブルでの巨額の借金が作家の自殺の本当の理由だという。」

誤って帰属された情報 The European Times

ピンチューク ジュニアに関するビデオのプリロールとポストロールは、 the European Times。ただし、情報の提示スタイルは大きく異なります。本物 ビデオ によって生成された the European Times (アウトレットで見つけることができます) YouTubeチャンネル) は情報のナレーションにナレーションを使用していますが、ピンチューク ジュニアに関するビデオでは、オープン ソースから取得した一連の写真とビデオの上に重ねられたテキストの字幕のみが使用されています。また、字幕のみを使用することもできますが、公式 Youtube チャンネルや Web サイトにある他の公式メディアにない限り、自分たちに帰属するビデオはすべて虚偽/偽物であると述べています。

ピンチューク・ジュニアとカジノ・デ・マドリードに関する報道はありません。 The European Times ウェブサイト、公式アカウント YouTube, Instagram, Facebook, X、その他のソーシャル ネットワーク。その上、ウクライナの億万長者の義理の息子がヘミングウェイの借金を解決したことを、信頼できるスペインのメディアは一社も報じていない。

アーネスト・ヘミングウェイは1959年にスペインを訪れました。「プロヴェレノ」はヘミングウェイに関する1959冊の伝記本からの抜粋を研究しており、そこにはスペインでのヘミングウェイのXNUMX年の夏が細心の注意を払って記述されています。伝記の著者 (カルロスベイカー, ジェフリー・マイヤーズ, メアリー・ディアボーン) 細部にまで踏み込みます。たとえば、闘牛士に関する記事の出版でヘミングウェイが受け取った金額や、マドリッド訪問中にどのホテルの部屋に滞在したかなどです。しかし、どの伝記作品にも、ヘミングウェイが実際にカジノ・デ・マドリードで巨額の損失を被ったという記述はありません。

ええと2362s編集しました ウクライナの億万長者ピンチュクの義理の息子は、1959年からのアーネスト・ヘミングウェイのカジノ負債を解決しましたか?
アーネスト・ヘミングウェイと小説「危険な夏」(1960年)に登場した闘牛士アントニオ・オルドニェス。出典: JFK 図書館

また、この偽ビデオは、ヘミングウェイが1960年にカジノで金を失ったとされる翌年に自殺し、ポーカーでの借金が彼を自殺に追い込んだと誤って主張している。しかし、作家は 1961 年 XNUMX 月に亡くなり、歴史家、伝記作家、精神科医の大多数によれば、ヘミングウェイの自殺の理由は、双極性障害、アルコール依存症、おそらく境界性パーソナリティ障害などの精神疾患の悪化だったとのことです。

「プロヴェレノ」は、ヘミングウェイのものとされる「スペインのギャンブル史上最古の借金」に関する情報を見つけることができなかった。 2023年、スペインの雑誌『ザ・オブジェクティブ』は、 記事 230,000万ユーロの罰金を科せられたカジノ・デ・マドリッドの財政問題について。報告書に引用された情報筋によると、この罰金は総予算が3.4万ユーロと言われているカジノの財務状況に深刻な影響を与えるだろう。おそらく、ピンチューク・ジュニアが実際にカジノに8万ユーロを支払っていれば、このような重要な出来事に関する情報がスペインのメディアで報道されただろう。

madr0044 16534619004 ウクライナの億万長者ピンチュクの義理の息子は、1959 年からのアーネスト ヘミングウェイのカジノ借金を解決しましたか?
カジノ・デ・マドリッドの大階段。出典: ウィキメディア・コモンズ

TGStat 分析サービスによると、ピンチューク ジュニアに関する偽ビデオの最初の公開は、「シェイク・タミルTelegram チャンネルは 1 月 15 日の 10:300,000 CET に配信され、約 XNUMX 回の再生回数を獲得しました。このチャンネルは長い間知られていましたが、 偽のニュースを広めるのスタイルを模倣したフェイクビデオを含む DW, アルジャジーラ, ユーロニュース, BBC, ロイター通信社, フォックスニュース およびその他のメディア。

したがって、ビクター・ピンチュークの義理の息子に関するビデオは偽物です。ピンチューク・ジュニアがヘミングウェイのカジノ・デ・マドリードへの借金を実際に返済したという確証はない。記事の公開後、Provereno は次からの返答も受け取りました。 The European Times このビデオは確かに偽物であり、報道機関とは何の関係もないことを確認しています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-