13.4 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
科学技術考古学考古学者がアイガイ宮殿でアレクサンダー大王の浴場を発見

考古学者がアイガイ宮殿でアレクサンダー大王の浴場を発見

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

考古学者らは、ギリシャ北部のアイガイ宮殿でアレクサンダー大王の浴場を発見したと主張している。パルテノン神殿よりも大きい15,000平方メートルを超える巨大なアイガイ宮殿は、古代マケドニア王国の儀式の中心地にあります。

発掘調査では、アレクサンダーの入浴施設に隣接して、アレクサンダーが訓練を行ったパラエストラ、つまり武道の体育館も発見されました。

この発見は、4月11日にチャンネルXNUMXのベサニー・ヒューズの「世界の秘宝」の最終回で特集された。

現場は中央マケドニアのベリア自治体のヴェルギナ村の近くにあります。後にアレキサンダー大王として知られることになる青年は、この壮麗な建物で形成期を過ごし、インドまで広がる王国の王位に就いたのもここでした。

「岩には立派な排水路が掘られており、共同浴場もあります。この地域は、アレキサンダー大王が、彼の有名なお気に入りのヘファイスティオンを含む彼の仲間や、遠征に同行した多数の若者たちと一緒に入浴したと考えられており、彼らは後に彼の死後、彼の帝国の支配権を求めて戦ったと考えられています。彼らは両方とも戦闘と狩猟の訓練を受けていました。考古学者によると、彼の寝室はまだ特定されていないそうです」とヒューズ氏は語った。

数年にわたる修復を経て、ギリシャは1月、アレキサンダー大王が戴冠したアイガイ宮殿を再開した。元々はヴェルギナとして知られていたアイガイの宮殿は、最大であるだけでなく、パルテノン神殿と並んで古典ギリシャの最も重要な建物の 1 つでもあります。

フェリペ 359 世 (紀元前 336 ~ XNUMX 年) の治世中に、ギリシャ北部ヴェルギナの高い丘の上に建てられたこの宮殿は、重要なランドマークであり、美しさと権力の象徴であり、パルテノン神殿の XNUMX 倍の大きさで、マケドニア全土から見ることができます。たらい。

アイガイの宮殿は、ハリカルナッソスの霊廟の建設、都市計画の発展、比例理論への貢献で知られる天才建築家、おそらくピュテウスによってフェリペ 2 世のために設計されました。

考古学的発見は、この場所が青銅器時代初期 (紀元前 3 千年紀) から継続的に占拠されていたことを示しており、鉄器時代初期 (紀元前 11 世紀から 8 世紀) にはその重要性が増し、繁栄し人口密度の高い中心地となりました。

図: イッソスの戦い中に馬ブケファルスに乗ったアレクサンダー大王を表すアレクサンダー モザイクの詳細。 [紀元前 100 年頃のアレクサンダーのモザイクは、アレクサンダー大王とペルシャのダレイオス 333 世の間のイッソスの戦い (紀元前 XNUMX 年) を描いています。このモザイクは、ポンペイの牧神の家の柱廊の北側にあるエクセドラの XNUMX つを飾っていました。オリジナルはナポリ国立考古学博物館に保存されています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-