18.3 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
文化2024 年のオリンピック開催を目前に控えたルーブル美術館

2024 年のオリンピック開催を目前に控えたルーブル美術館

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

ビセルカ・グラマティコワ

今年26月11日から6月XNUMX日まで開催される予定のパリオリンピックを全世界が待ち望んでいます。フランスの首都は、スポーツ愛好家と文化愛好家が混在するこれまで以上に多くの観光客を迎える準備を進めています。同時にルーブル美術館はXNUMX年ぶりに入場券の値上げを行った。

同美術館の年次財務報告書によると、過去76.5年間のルーブル美術館のチケット販売による収益はXNUMX万ユーロに達した。これで賄えるのは運営費のXNUMX分のXNUMXのみで、残りは文化省やスポンサーを含むその他の資金源から賄われている。

博物館チームは、25歳未満、失業者、社会的弱者、障害者とその保護者、教師、文化専門家、ジャーナリストは入場が無料であるため、フランスの訪問者の半数以上が無料で入場できることを強調した。

ルーヴル美術館の館長、ローランス・ド・カレ氏は、美術館の来館者の80%が「モナ・リザ」を見に来て、一緒に写真を撮るために来ていると語った。だからこそ、ルーヴル美術館はさらなる変化を予見している――現在、美術館の最も広いホールにあるレオナルド・ダ・ヴィンチの傑作は、別の部屋に展示されることになる。

来るべき世界オリンピックに関して、ローヴル・ド・カレ氏は、ルーヴル美術館が2024年パリオリンピックに関わることを誇りに思うと述べ、この機会に、美術館は特別なイベントを通じてスポーツと芸術の対話を奨励する予定であると述べた。

テーマ別展示では、ギリシャの古代から現代に至るオリンピック運動の発展を紹介します。

訪問者は、19 世紀後半に最初の近代オリンピックがどのように、どのような政治的背景の中で誕生したのか、オリンピックの元になった図像の情報源、そして主催者が古代ギリシャのスポーツ競技会をどのように再現しようとしたのかを知ることができます。

博物館では、ギャラリースペースでのスポーツトレーニング、ダンス、ヨガのセッションなど、驚くべきことも計画しています。これらのイベントはオリンピックに伴う都市プログラムの一環として行われます。美術品や彫刻の傑作に囲まれてエクササイズをする素晴らしいチャンスです。

特別セッションと博物館の新しいオリンピックをテーマにした展示の詳細は、ウェブサイトでご覧いただけます。

Silvia Trigo によるイラスト写真: https://www.pexels.com/photo/photo-of-the-louvre-museum-in-paris-france-2675266/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-