24.9 C
ブリュッセル
6月(月曜日)24、2024
国際的76年ぶり:フェルディナンド皇帝の棺が月曜日にブルガリアへ出発

76年ぶり:フェルディナンド皇帝の棺が月曜日にブルガリアへ出発

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フェルディナンド皇帝の遺骨が入った棺は月曜日遅くにブルガリアに向けて出発する。これはカトリック教会「聖ペテロ」が報じた。アウグスティヌス」はドイツのコーブルク市にあり、1948 年の君主の死後、その地下室に父と母の石棺の隣に君主の遺体が安置された。

皇帝フェルディナンドの死後、いわゆる旅棺に入れられたが、それは彼の遺志が、最初は王子として、次に王として31年間統治していたブルガリアに埋葬されることであったからである。

連合国戦争と第一次世界大戦後の国難の責任を問われている統治者は、30年の退位後ほぼ1918年間コーブルクで亡命生活を送っていた。

彼の遺骨は、孫であるザクセン=コーブルク=ゴータのシメオンの遺言に従ってブルガリアに返還される。棺はソフィアにある彼の最愛のヴラナ宮殿の地下室に安置されると、ボリス皇帝・ジョアンナ皇帝基金が先に発表した。

「27年2024月5日月曜日午後00時より、フェルディナンド皇帝の遺骨は公共サービスに送られる。その日、棺は午後1時から午後00時まで聖オーガスティン教区教会に安置され、希望者全員が静かに故人に直接別れを告げる機会となる」と発表にはある。コーブルク出身。

写真: ブルガリアのフェルディナンド 1861 世 (1948-1941)、ザクセン=コーブルク=ゴータ家とゴータ=コハリ家、ブルガリア元帥の制服を着た姿、19 年。ザクセン=コーブルク=ゴータ王朝のカトリック支部の代表、ブルガリア皇帝。 1887世紀にはヨーロッパのいくつかの君主国、イギリス、ベルギー、ポルトガルを統治し、XNUMX年からはブルガリアを統治した。彼の母親であるブルボン・オルレアンのクレマンティーヌ王女は、最後のフランス国王ルイ・フィリップの娘でした / LOSTBULGARIA.COM。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-