11.8 C
ブリュッセル
水曜日、6月12、2024
機関国連ICC、ハマス指導者とイスラエルのネタニヤフ首相の逮捕状を請求

ICC、ハマス指導者とイスラエルのネタニヤフ首相の逮捕状を請求

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

ステートメント, ICCのカリム・カーン検察官は、ハマスのヤヒヤ・シンワル氏、モハメド・ディアブ・イブラヒム・アルマスリ氏(デイフ氏)、イスマイル・ハニヤ氏の発言を信じる合理的な根拠があると述べた。 「刑事責任を負う」 7月XNUMX日のイスラエル南部でのハマス主導の攻撃をきっかけにガザ紛争が勃発して以来、数多くの犯罪の中でも特に殺人、絶滅、人質を取った罪で起訴された。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相とヨアヴ・ガラント・イスラエル国防大臣が次のように信じるべき合理的な根拠もある。 「パレスチナ国家の領土内で犯された」その他の犯罪および人道に対する罪の責任がある.

飢餓戦術の疑い

これらには、「戦争犯罪としての戦争手段としての民間人の飢餓…民間人に対する意図的な攻撃、および絶滅および/または殺人」が含まれる。

しかし ICC は国連機関ではありませんが、国連と協力協定を結んでいます。そして、状況が裁判所の管轄外である場合、国連は 安全保障理事会 状況を ICC に付託し、ICC に管轄権を与えることができる。

エジンバラ生まれの英国人であるカーン検事は、この疑惑を補足するために、同事務所が7月XNUMX日のイスラエルでのハマス主導のテロ攻撃の犠牲者と生存者に聞き取りを行ったと指摘した。 

この中には、「主要な攻撃場所6か所からの元人質と目撃者が含まれていた。クファール・アザ、ホリット、超新星音楽祭の会場、ベーリ、ニル・オズとナハル・オズ」。

「計り知れない痛み」

「これらの人物が7年2023月XNUMX日の犯罪実行を計画し扇動し、誘拐直後の人質への個人的な訪問を含む自らの行動を通じて、これらの犯罪に対する自らの責任を認めたというのが私の事務所の見解である」とカー​​ン検察官は述べた。 。

「生存者たちと話して、家族内の愛、親子間の最も深い絆が、計算された残虐さと極度の冷酷さによって、計り知れない苦痛を与えるためにどのように歪められているかを聞きました。これらの行為には責任が求められます」と彼は付け加えた。

ICC当局者は、依然としてガザに拘束されていると考えられている人質に目を向け、同事務所が被害者と生存者に聞き取り調査を行っており、この情報が他の情報源と併せて非人道的な環境に置かれ、中には強姦を含む性暴力にさらされていたことを示していると述べた。 。

生き残った人々の勇気

カーン検事は「7月XNUMX日の攻撃の生存者と犠牲者の家族が勇気を持って私の事務所に証言を申し出てくれたことに感謝の意を表したい」と述べた。 「私たちは引き続き、これらの攻撃の一環として犯されたすべての犯罪の捜査をさらに深化させることに注力しており、正義が確実に遂行されるよう、今後もすべてのパートナーと協力していきます。」 

イスラエル高官ネタニヤフ氏とギャラント氏の責任問題に関して、ICC検察官はこう主張した。 「戦争手段としての飢餓」。

この犯罪およびその他の人道に対する罪は、「パレスチナ民間人に対する広範かつ組織的な攻撃の一環として」犯されたとされている 国の政策に従って」。

この主張を補強するために、カーン氏は、「イスラエルが ガザ地区全域の民間人から人類の生存に不可欠な物品を意図的かつ組織的に剥奪した"。

包囲援助

8年2023月XNUMX日以降にイスラエルがガザに課した「全面包囲」の影響を詳述したICCの裁判官への要請書は、これにはXNUMXつの国境検問所(ラファ、南部のケレム・シャローム、北部のエレズ)を「完全に閉鎖」することが含まれると説明した。 「長期間にわたって、そして再開後の国境検問所を通じた食料や医薬品を含む必需品の輸送を恣意的に制限することによって」。

他の剥奪の中でも、イスラエルの包囲によりガザへの水道と電気のパイプラインも遮断されたとICC検察官は続け、ガザ人は食料を求めて列に並んでいるときにも身体的攻撃にさらされ、その他の「援助従事者への攻撃と殺害…多くの機関が停止または停止を余儀なくされた」と指摘した。彼らの活動を制限する。」

カーン氏は、この国家政策の影響は「深刻で、目に見えて広く知られている」と述べ、約2か月前に国連事務総長が次のように警告したことに言及した。ガザでは1.1万人が壊滅的な飢餓に直面しており、いつでもどこでも過去最高の人口を記録している。」 「完全に人災」の結果として。 

最も重大な犯罪

イスラエルには国際法に基づいて自衛する権利があるが、カーン氏は、民間人に「意図的に死、飢餓、多大な苦痛を与える」ことは、2002年にローマで署名されたICCの基本憲章に対する明白な違反であると主張した。パレスチナはローマ法規である。

「私は一貫して、国際人道法がイスラエルに対し、ガザでの大規模な人道支援へのアクセスを直ちに許可するための緊急行動をとるよう要求していることを強調してきました。 私は、戦争手段としての飢餓と人道的救援の拒否はローマ法違反に当たることを特に強調した。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

法を超越する者は誰もいない

ICCの声明では、裁判官に対する令状発行の要請に加えて、次のように述べている。 「複数の相互接続された追加の調査ライン」を追求する 7月XNUMX日以降に犯された犯罪に関与する。

これらには、ハマス主導のテロ攻撃やガザでの広範な砲撃での性暴力のさらなる疑惑が含まれており、「これにより非常に多くの民間人が死亡、負傷し、苦しみをもたらし、そして今もなお引き起こされ続けている」。

「今日、私たちは国際法と武力紛争法がすべての人に適用されることを改めて強調します。歩兵も指揮官も文民指導者も、誰も罰を受けずに行動することはできない」とカーン氏は述べ、ヨルダン川西岸で激化する暴力に対する懸念も強調した。

「非常に多くの女性や子供を含む人類から、生活に必要な基本的必需品を意図的に奪うことを正当化できるものは何もありません。人質を取ったり、民間人を標的にしたりすることを正当化できるものは何もありません。」

ガザ紛争のすべての当事者に対し「今すぐ法律を遵守する」よう呼びかける中で、ICC検察官は次のように述べた。逮捕状のさらなる申請を躊躇なく提出する 有罪判決の現実的な見込みの基準が満たされたと考える場合とそのとき。」

異なり、 国際司法裁判所 (ICJ) – 国家間の紛争を解決するための国連の主要な司法機関 – ICC は個人を裁判します。 ICCは、旧ユーゴスラビアやルワンダで犯された重大犯罪を裁くために設立された臨時法廷とは異なり、ハーグに本拠を置く常設裁判所である。

ICCの文書によると、裁判所の方針は、犯された「犯罪に対して最大の責任を負う」人々に焦点を当てることである。訴追を免除される人は誰もおらず、国家元首も免除されません。

逮捕状を発行するかどうかの決定は予審法廷によって行われ、予審法廷は容疑も確認する必要がある。

まず逮捕状が発行され、検察官が求めた容疑で加害者とされる人物が逮捕されると、3人の裁判官が長を務める公判廷が設置される。

裁判が終了すると、裁判官は「最長30年を超えない一定の年数の懲役または終身刑を言い渡す可能性がある」とICCは述べた。

 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-