20.3 C
ブリュッセル
7月日曜日21、2024
防衛ドンバスで負傷したロシア人ジャーナリストは片腕を失い、もう片方の腕も失った。

ドンバスで負傷したロシア人ジャーナリストは片腕を失い、もう片方は死亡した。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

13月XNUMX日、ロシア占領下のドネツィク州ゴロフカでNTV{НТВ}のカメラクルーが銃撃を受けた。イヴリエフとともに負傷したカメラマンのヴァレリー・コジンは死亡した。

ゴロフカで負傷したNTV特派員のアレクセイ・イヴリエフ氏は、片腕を失ったと伝えた。病院が公開したビデオの中で、イヴリエフ氏は「片腕がないが、それは普通のことだ。私たちは生きている。大丈夫だ」と語ったとBBCは伝えた。

アレクセイ・イヴリエフは1993年からNTVで働いており、紛争地帯での出来事を頻繁に取材しており、 Ukraine ロシアのプロパガンダの観点から。

NTVはコジンさんの死亡を確認し、医師らが数時間にわたり救命を試みたが、負傷が生命に危険を及ぼすことが判明したと述べた。

2人のジャーナリストはゴルモフスキー村(ゴルロフカのニキトフスキー地区)で重傷を負った。負傷者はドネツク地域のロシア占領地域にあるゴルロフカの病院に搬送された。

ロシアが任命した、違法に併合された自称ドネツク人民共和国のトップ、デニス・プシリン氏によれば、2人のジャーナリストは地雷と爆発により負傷したという。

情報からは、彼らが砲撃を受けたのか、地雷や不発弾に遭遇したのかは明らかではない。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-