21.6 C
ブリュッセル
7月日曜日21、2024
国際的ウクライナ:ロシアがエネルギーインフラに「大規模な」攻撃を開始

ウクライナ:ロシアがエネルギーインフラに「大規模な」攻撃を開始

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウクライナエネルギー省によると、ロシア軍は金曜夜、ウクライナ西部と南部のエネルギーインフラに対して8度目の「大規模な」攻撃を開始した。

ウクライナエネルギー省は「金曜日の夜、ロシア軍はザポリジヤ(南部)とリヴィウ(西部)の地域にあるウクレネルゴの施設に大規模な攻撃を仕掛け、施設を損傷した」と発表し、ザポリジヤでは従業員2人が負傷し入院したと付け加えた。同省によると、これは過去3か月間でウクライナの発電所に対する8回目の「大規模な」攻撃であり、頻繁な停電を余儀なくされた。

ウクライナ当局は木曜日、ロシアによる夜間の大規模攻撃により発電所を含むエネルギーインフラが被害を受け、従業員7人が負傷したと発表した。

キエフは西側諸国にネットワーク再構築の支援を要請

ロシアの攻撃の増加により、 Ukraineウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ウクライナのエネルギー容量が不足していると述べた。木曜日、大統領は「できるだけ早く、すべての学校とすべての病院に」太陽光パネルとエネルギー貯蔵ユニットを設置するよう求めた。

DTEKのマネージングディレクターであるマキシム・ティムチェンコ氏は、 Ukraine 西側諸国が行動を起こさなければ、ウクライナは「この冬に深刻な危機に直面する」恐れがある。キエフは西側諸国に対し、多額の投資を必要とする電力網の再建と、ロシアの爆撃に対抗するための防空装備の増強に協力するよう求めている。

こうした背景から、ワシントンは防空用のミサイル供給において他の同盟国よりもウクライナに優先権を与えるという「困難だが必要な決断を下した」。 

ウクライナ軍は20月21日からXNUMX日の夜、ロシアの石油精製所XNUMXカ所をドローンで攻撃した。

ウクライナ軍によると、金曜早朝の攻撃で、ウクライナの長距離攻撃ドローンがロシアの石油精製所70か所とレーダー基地、その他の軍事目標を攻撃した。「ドローンがアフィプスキー、イルスキー、クラスノダール、アストラハンの石油精製所を攻撃した」と軍はメッセージアプリ「テレグラム」に投稿した声明で述べた。軍はこれに先立ち、金曜には黒海とクリミア半島でドローン43機、ロシアのクラスノダール地方でドローンXNUMX機、ロシアのボルゴグラード地方で航空機XNUMX機を撃墜したと発表していた。キエフの情報筋によると、アフィプスキー、イルスキー、クラスノダールの石油精製所はロシアの黒海艦隊の燃料を生産している。これらの精製所を狙った攻撃はウクライナの治安機関SBUと共同で行われたと、この情報筋はロイター通信に付け加えた。

「これらの製油所が被害を受けると、燃料油の供給のロジスティクスがかなり複雑になり、他の製油所から配送する必要があるため、コストと時間もかかることになる」と情報筋は述べた。ウクライナ軍はまた、ブリャンスク州と占領下のクリミア半島のレーダー基地と電子情報センターを標的にしたと主張している。声明では、これらの施設の正確な性質は明らかにされていない。声明によると、ロシアのクラスノダール地方のドローンの保管・発射施設、および指揮統制センターも攻撃を受け、これらの施設で爆発と火災が確認されたと付け加えた。

情報筋によると、ドローン攻撃はロシアがウクライナへのドローン攻撃に使用しているクラスノダール地方のイェイスク市の訓練センターを標的にしたものだという。ウクライナ軍はまた、ロシアのタンボフ州とアディゲ共和国の燃料貯蔵庫に対する木曜日のドローン攻撃についても犯行声明を出した。

ロシアは、一晩でウクライナの無人機114機を無力化したと発表した。地元当局によると、同無人機は同国南部のクラスノダール地方を標的としており、70人が死亡した。ロシア国防省の声明によると、ロシアの防空システムは、併合されたクリミア上空で無人機43機、クラスノダール地方上空で無人機XNUMX機、ボルゴグラード地方上空で無人機XNUMX機を迎撃し破壊した。

ロシア大統領はウクライナへのさらなる支援を阻止するため核の脅威を主張し続けている

ウラジミール・プーチン大統領は、ウクライナに対する西側諸国のさらなる支援を阻止し、ウクライナの安全保障を弱体化させるための継続的な情報キャンペーンの一環として、核の脅威を主張し続けている。 米国外の世界各国 ロシアのウクライナ侵略戦争を打ち破るための戦略的ビジョンを統一するためのコミュニティの努力。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-