22.1 C
ブリュッセル
7月(月曜日)15、2024
人権女性器切除を終わらせるための世界的な取り組みが「休暇中の切除」によって損なわれている

女性器切除を終わらせるための世界的な取り組みが「休暇中の切除」によって損なわれている

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

多くの国が根絶に向けた取り組みを強化しているものの、国境を越えた国境を越えたFGMの秘密裏な性質もあって、世界中でFGMが続いていると報告書は指摘した。

「女性器切除は ジェンダーに基づく暴力の連続体の一部であり、人権を尊重する世界には存在する余地はない" 国連人権高等弁務官フォルカー・テュルク氏。

「あらゆる形態の差別は根絶されなければならず、差別を固定し永続させているジェンダーの固定観念や家父長制の規範は根絶されなければならない。」 

数百万人が危険にさらされている

4.3年には2023万人の少女がFGMを受ける危険にさらされていると推定されている。 レポートこれは、徹底的な机上調査と、世界中の国々および民間社会組織からの提出資料に基づいています。

欧州連合(EU)では600,000万人以上の女性がFGMの影響を受けて生きていると考えられており、世界保健機関() 定義 「女性の外性器の一部または全部の切除、または非医学的理由による女性性器へのその他の損傷を伴うすべての処置」と定義されます。

これは主に乳児から15歳までの若い女の子に対して行われます。

この習慣は少女や女性にとって健康上の利益がなく、重度の出血や排尿障害を引き起こす。、後に嚢胞、感染症、出産時の合併症、新生児死亡リスクの増加につながる可能性がある」とWHOは付け加えた。 

学校休暇中の「休暇カット」 

報告書によると、いわゆる「バケーション・カッティング」とは、特に欧州や北米で、学校の休暇中に家族が娘を母国や出身コミュニティーに連れて行き、FGMを受けさせることだという。

場合によっては、少女たちは、 「国境を越えたFGMハブ」場合によっては、有害な処置を実行するために国境を越えて移動する「カッター」も存在します。

報告書は、世界中でFGMを目的とした国境を越えた移動を特定した。国境地域には国境を越えた文化的、民族的つながりを持つコミュニティが集まることが多いため、国境地域に住む少女や若い女性は特に脆弱であると報告書は述べている。

根本原因に対処する

「世界中の国々が、FGMを根絶し、男女平等を推進するという人権上の約束を果たしている」とターク氏は述べた。

「各国がこの有害な慣習をあらゆる場所で根絶するという約束を本当に果たすためには、各国の法的枠組みと政策枠組みを調和させ、その実施を確実にするなど、FGMの根本原因と結果に対処する連携した世界的アプローチを確保する必要がある。」 

報告書は地域および国際協力の強化を求めた。 根絶に向けて。

提案された対策には、国境を越えた惨劇に対処し、生存者を支援するための地域政策枠組みと協力協定の確立と実施に向けて十分な資源を割り当てることなどが含まれている。  

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-